安保法案反対がデモ国会を埋め尽くした
都内の大学生らがつくる「SEALDs(シールズ)」
大学教授や研究者らの「学者の会」
子育て世代の「安保関連法案に反対するママの会」など
自発的に集まった人たち

これに対して菅官房長官は
「国民の生命と平和な暮らしを守るのは政府の責任だ」
果たして安倍政権は、国民の命を、平和な暮らしを守ろうとしているか?
NO である。
 復興庁によると、避難生活による体調の悪化などで亡くなったいわゆる「震災関連死」は、H14.9月現在で、
▽福島県で1793人、▽宮城県で900人、▽岩手県で446人、・・・合わせて3194人。
福島県が56%を占めている。
「小児甲状腺がん」患者数は、たった4年間で福島だけで「137人」に達し、チェルノブイリの例から、今後数十年に渡って急増していくだろう。
このように被曝による健康影響が顕在化するなかで、事故との因果関係なし、風評被害を主張し、年間20ミリシーベルトという放射線管理区域に住民を帰そうとしてる安部政権は国民の命をないがしろにして、平和な暮らしを破壊したまま放置しているではないか。

「わが国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している」
万が一に備える必要があることも訴え、誤った認識を解く努力をしたい」
安全保障環境を悪化させたのは自民党政権である。
日中韓首脳、2011/5/18日に福島訪問
菅直人首相は21日に中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領と
福島第1原子力発電所事故が起きた福島県内の避難所を訪問した
を思い出してほしい。
石原元都知事の尖閣都有化に発した野田民主党政権の国有化、
自民党政権でなされたいろいろ・・・

万が一に備える必要は、
福島の被曝被害を最小化すべく国民の健康調査と管理
事故再発の危険をはらむ原発再稼動の見直しに向けるべき。

「わが国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している」
万が一に備える必要があることも訴え、誤った認識を解く努力をしたい」

安全保障環境を悪化させたのは自民党政権である。
日中韓首脳、2011/5/18日に福島訪問
菅直人首相は21日に中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領と
福島第1原子力発電所事故が起きた福島県内の避難所を訪問した
を思い出してほしい。
石原元都知事の尖閣都有化に発した野田民主党政権の国有化、
自民党政権でなされたいろいろ・・・

万が一に備える必要は、
福島の被曝被害を最小化すべく国民の健康調査と管理
事故再発の危険をはらむ原発再稼動の見直しに向けるべき。
2015.09.02 Wed l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/406-975b9f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)