県民健康調査「甲状腺検査(本格検査)」実施状況 が発表された。 2015.8.31
小児甲状腺がん及び疑いの子供達は、3か月前…前回の126人から11人増えて合計137人になった。

 本格検査の癌・癌疑いの率は 1万人当たり3.6人
これは2011~13年の先行検査の 1万人当たり3.7人と同程度 
チェルノブイリ原発事故後5-9年の最盛期に匹敵する甲状腺がん発生状況は、人口密集地域へのチェルノブイリ並みの放射能汚染があったのではないかと疑われる。事故後4年にして、放射性ヨウ素による本格的な甲状腺がんの多発が始まったのではないか。

福島の甲状腺がん急増→子供達の身にいったい何が起きた?より
甲状腺がんと考えられる136人の福島県の子供達を市町村別で比較、何人に1人が発病したか?を色分けした地図。
避難の対象とならなかった人口の多い福島市20人、郡山市26人を見ると、福島県全域が非常に汚染され、放射性ヨウ素による甲状腺がんが、事故後4年にしてチェルノブイリの最盛期を上回る勢いで増えつつあることをしめしている。

福島甲状腺がん地域別人数

本ブログ、小児甲状腺がん関係リンク その他、カテゴリ福島甲状腺がんをクリックしてください
本ブログ、小児甲状腺がん関係リンク
千葉県柏市甲状腺検査B・C判定以上17人でおよそ10%、福島の~10倍
リンパ節転移が多数・肺に転移も ②~福島県の甲状腺がん
福島小児甲状腺がん多発 本格調査結果
関東地区でも福島~チェルノブイリ並みの甲状腺異常?
北茨城市に甲状腺がん3人 1000人に1人の割合
福島とチェルノブイリ小児甲状腺がん比較2 チェルノブイリを越える
関東子ども甲状腺検査 半数以上からしこりなど発見

 子どもたちの健康を長期に見守るために、1 回目の検査(先行検査)に引き続き、甲状腺の状態を継続して確認するための検査(本格検査)を実施、先行調査、本格調査の報告がされた。
1.本格調査と先行調査比較
2014年度〜2015年度にかけて実施されている「本格検査」では、検査結果が確定した15万3667人のうち、2次検査を必要とされたのが1,223人。このうち細胞診断を受診した88人のうち、癌または癌疑いの判定となったのは、25人(手術実施 6 人:乳頭癌 6 人)であった。このうち、1巡目の検査では「問題なし」のA1判定は10人、A2が13人であった。先行検査から本格検査までの2年間に癌となったと考えられる。
福島本格先行検査比較15.8.31
 二次検査対象者1,233人のうち669人が検査終了し479人が要観察となった。479人のうち88人が細胞診を受けたが、25人が癌あるいは癌疑いとなった。
**1233人全員の二次検査・細胞診断の結果が確定した場合の癌・癌疑いの推定人数は66人となる。

本格検査の癌・癌疑いの率は 217人/153667人 で、1万人当たり3.6人
これは2011~13年の先行検査における 1万人当たり3.7人とほぼ同じ である。
事故後4年にして、放出された放射性ヨウ素による本格的な甲状腺がんの多発が始まったのではないか。

もともと子どもの甲状腺がんは100万人に1~3人といわれていた。3人としても
2011~2013年の先行検査、2014~2015の本格検査とも通常値の120倍
と、甲状腺がんが多発している。

参考リンク
県民健康調査「甲状腺検査(本格検査)」実施状況2015.8.31
県民健康調査「甲状腺検査(先行検査)」結果概要2015.8.31
福島の小児甲状腺がん疑い例含め126人に〜鈴木眞一氏は退任
福島の小児甲状腺がん増加はスクリーニング効果でなく、放射線被曝が原因。1mSvあたり70%増加
甲状腺がん疑い含め137人へ、2巡目は25人〜福島健康調査
福島の甲状腺がん急増→子供達の身にいったい何が起きた?
2015.09.03 Thu l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/407-63f24a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)