■原発事故の影響、否定できぬ 津田敏秀さん 岡山大大学院教授(環境疫学)
科学の役割は、データに基づいて未来を予測し、
住民に必要な施策を、手遅れにならないように提案していくことにある。


福島県甲状腺検査データから分かったこと
①がんと診断された人の割合は、県央部の「中通り」で約50倍、県全体でも約30倍の「多発」
②同病院で手術を受け、がんと確定した96人のうち4割はがんが甲状腺の外に広がり、
  7割以上がリンパ節に転移していた。したがって過剰新診断とは言えない。

③多発と原発事故との関連を否定するデータはない。
④被曝(ひばく)量と病気の相関関係、つまり「量―反応関係」がある。
⑤チェルノブイリ事故の翌年から数年間は10代で増えているなど、福島と驚くほど似ている。
⑥福島や北関東の人口密度はチェルノブイリ周辺の何倍もあり、多発の説明もつく。

津田敏秀さんの提案は

1.予想される甲状腺がんの大発生に備えた医療体制の充実が必要

2.妊婦や乳幼児には保養や移住も有意義

3.放射線量が高い「避難指示区域」への帰還を進める政策は延期すべき

4.症例把握を北関東にも成人にも広げる必要がある。



福島の子どもの甲状腺異常・がん多発については、主要メディアにほとんど取り上げられていない。朝日新聞が真正面からとりあげたのは遅ればせながらタイムリー。
福島の子ども、甲状腺がん「多発」どう考える 津田敏秀さんに聞く
2015年11月19日朝日新聞朝刊 よりまとめる。 

 東京電力福島第一原発事故を受けて、福島県が子どもたちを対象に実施している甲状腺検査で、これまでに104人が甲状腺がんと確定した。この「多発」をどうみたらよいのか。放射線の影響なのか、そうではないのか。見解の異なる2人の疫学専門家に聞いた。原発事故の影響、否定できぬ 津田敏秀氏の話は極めて分かりやすい。そのまま転載し番号付けをする。

重要点を下線で青字で記入
■原発事故の影響、否定できぬ 津田敏秀さん 岡山大大学院教授(環境疫学)
 福島県の甲状腺検査は1巡目のデータ解析でも、国立がん研究センターの統計による全国の19歳以下の甲状腺がんの年間発生率と比べ、検査時点でがんと診断された人の割合は①県央部の「中通り」で約50倍、県全体でも約30倍の「多発」となる。

 高感度の機器で一斉に調べれば自覚症状のない隠れたがんも見つかるため、それを補正して比較した数値だ。一斉検査での「増加」は過去の報告の分析でも数倍程度。福島は桁が違う。多発は県の検討委員も認めざるを得なくなってきた。

 「生涯発症しないような成長の遅いがんを見つけている」という「過剰診断」説もある。だが、これほどの多発は説明できない。過剰診断説を採ると、100人以上の手術が不適切だったことになってしまう。県立医大の報告では、
②同病院で手術を受け、がんと確定した96人のうち4割はがんが甲状腺の外に広がり、
7割以上がリンパ節に転移していた。したがって過剰新診断とは言えない。

参考 手術の適応症例について 福島県立医大附属病院 甲状腺部長 鈴木眞一

 逆に、③多発と原発事故との関連を否定するデータはない。事故直後に放射線量が高かったと見られる県央部や原発周辺自治体ごとのがんの人の割合、事故から検査までの期間をふまえて解析してみると、
④被曝(ひばく)量と病気の相関関係、つまり「量―反応関係」も見えてくる。

 県は、チェルノブイリ原発事故では4~5年後から乳幼児で増えたのに対し、福島では10歳以上に多いなど、違いを強調する。しかし、ベラルーシやウクライナの症例報告書を見ると、
⑤チェルノブイリ事故の翌年から数年間は10代で増えているなど、福島と驚くほど似ている。
 福島で放出された放射性ヨウ素はチェルノブイリの10分の1とも言われるが、いかに低線量でも人体に影響があるとの考え方は国際機関に認められている。人口密度が高ければ影響を受ける人は増える。
⑥福島や北関東の人口密度はチェルノブイリ周辺の何倍もあり、多発の説明もつく。


 県の検討委は、甲状腺がんは成長が遅いというが、子どもの場合の実際のデータは違う。県の検査でも、1巡目で見つからなかったがんやがんの疑いが、2巡目で25人も見つかった。すべてが1巡目での見落としではないだろう。「放射線影響は考えにくい」とは言えない。甲状腺がんは初期の放射性ヨウ素による内部被曝だけが原因ではなく、他の放射性物質からの外部被曝の影響を示す研究もある。甲状腺がんだけでなく、すべてのがんへの影響を考えるべき。

Thyroid Cancer Detection by Ultrasound among Residents Aged 18 Years and Younger
in Fukushima: 2011 to 2014: T. Tsuda et al.

被曝による甲状腺がん多発  2016.2.15 

2016.02.11 Thu l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/417-2d54695d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)