日本人の学力が低下したといわれるようになったのはいつからだろう。
それは国際的な学習到達度についてのPISAテストの結果が下がったということがきっかけだったと思う。順位の変遷を見てみると

2000年、2003年、2006年、2009年で
読解力は        8位 → 14位 → 15位 →8位
数学的リテラシーは 1位 → 6位 → 10位 → 9位
科学的リテラシーは 2位 → 2位 →  6位 → 5位

 数学的リテラシーが1位から10位は順位を気にする日本人にとってショックかもしれないが、別に騒ぎ立てるほど学力が低下したわけではない。PISAテストは2000年にスタートしているので、それ以前の学力と比較できるデータもない。

 にも関わらず、子ども・中学・高校生・大学生の学力低下議論がにぎやかになり、ゆとりの中で基礎基本と自ら学ぶ力を育成するという教育が転換した。2008年の学習指導要領の改訂において、小・中学校の教育内容が強化され、国語・社会・算数・理科・体育・外国語の授業時数を10%程度増加、週当たりのコマ数も増加した。

 学力論議の契機になったPISAとは? OECD(経済協力開発機構)は、15歳生徒を対象に学力(学習到達度)に関するPISA調査を3年ごとに行っている。「知識、技能」の習得を問う一般的な「学力テスト」ではない国際的な学力評価として、日本では「新しい学力」の方向として近年注目されてきた。

 PISA調査は、学校のカリキュラムをどの程度習得しているかを評価するものではなく、「知識や経験をもとに、自らの将来の生活に関する課題を積極的に考え、知識や技能を活用する能力があるか」をみるもので、「学校の教科で扱われる知識の習得を超えた部分まで評価しようとする」ものである。つまり、各国のカリキュラムに依存せずに、それを超えて出題される。

OECDのPISA調査(The OECD Programme for International Student Assessment)の公式HPによると
Are students well prepared for future challenges? Can they analyse, reason and communicate effectively? Do they have the capacity to continue learning throughout life? (PISA) answers these questions and more, through its surveys of 15-year-olds in the principal industrialised countries. Every three years, it assesses how far students near the end of compulsory education have acquired some of the knowledge and skills essential for full participation in society.

1.生徒たちは将来へのチャレンジの準備はできているであろうか?
2.物事をを解析したり、因果関係を見つけたり、効果的なコミュニケーションをすることができるだろうか?
3.生涯を通して学び続ける人間として育っているであろうか?
この疑問に答えようとするのがPISAテストである。義務教育終了時点で、社会で役割を果たすために必要な知識とスキルをどの程度身に着けたを測ろうとするものである。

 一般的に学力テストが”単なる知識・技能の習得”を調べようとするのに対して、PISA調査では、習得した知識・技能を、自分のあるいは社会のいろいろな局面で生かして行こうとする姿勢とスキルを調べようとしている。

 選択式・答えを書く・自由記述式問題からなるペーパー調査によって、このような到達度を十分に測れるかどうかは別として、人が学ぶことの目的と方法を踏まえ、学習がいかに人生のチャレンジを助けるかをテストする試みといえよう。

 ”何のために勉強するの?””こんなことを学んで何の役に立つの?”というような児童、生徒の疑問に大人が答えることなく、”学習するのは当然の義務””よい大学に入るため”など、果ては”競争に勝ち抜いてリーダーとして立つ”・・・なで学習を義務付けようとするのみでは、将来をリードする大きい視野を持ったリーダーは育たないだろう。

 日本人生徒の学力は低下したのかどうか、そんなことはわからない。でもPISA調査の相対順位が下がったことについての大人たちの議論は、「自分たちの時代はよく勉強して学力も優れていた。この頃の教育は、ゆとりとか何とか言って、カリキュラムを減らし、そのせいで学力低下を招いた」などなどと・・・・

こんな議論がされるのは、PISA調査の意味目的についての正確な情報を得ようとせず、勝手な判断をする大人たちの学力が低下しているからではないかしら?

 全国一斉学力テストを義務化するか、任意にするか、テスト結果を学校ごとに公表するかどうか、基礎学力だ、百ます計算だ、結果を学校評価、教員評価と連動させる・・・などなど
 
 偏差値万能で個性を摘み取る教育の弊害を忘れたように、多様な児童生徒を学力テスト成績という1つの尺度で評価し、PISA→学力→競争→評価のスパイラルで子どもを疲弊させていく

 さまざまな事情を抱えた一人ひとりの状況を理解し、助け合う力をもったクラスを作っていく本来の教育がお留守になり、数字に右往左往するようになると、PISA調査の意図と正反対の事態に進む危険がある。そんなことをしていると学力テストもPISAテストも落ちていきそう。
 

2011.10.29 Sat l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/42-77d0c35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)