なんでも世界の上位になりたがり屋の安倍首相と思ったけれど、最下位も好きらしい。
日本は公的教育への支出を惜しみ、子どもを大切にせず、教員も大切にしない最下位国、これが人間の資質に反映して、考えずに命令されることを受け入れる安倍支持者を増やしているのかもしれない。
公的教育投資を減らし、教育を製品に対するコストを下げれば国際競争力が増すという工業製品と考える国に未来はない。

日本の公的教育費、6年連続で最下位…OECD 読売新聞2015年11月25日
教育機関への支出、日本が最下位 GDP比で34カ国中 朝日新聞2015年11月24日
教育への公的支出、日本また最下位 12年OECD調査   日経2015/11/24
日経より 転載------
 経済協力開発機構(OECD)は24日、2012年の加盟各国の国内総生産(GDP)に占める学校など教育機関への公的支出の割合を公表した。日本は3.5%で比較可能な32カ国中、スロバキアと並び最下位だった。OECD平均は4.7%。

 OECDによると前年までは幼稚園など就学前教育への支出を含めた統計で、日本は5年連続で最下位だった。今回から就学前教育を除き、小学校から大学までの支出で統計を取ったため、単純比較はできないが、日本の公的支出が依然低い実態が浮き彫りとなった。
 1位はノルウェーの6.5%。ベルギーとアイスランドの5.9%、フィンランドの5.7%と続いた。
 日本の国公立小の1学級当たり児童数は27人(OECD平均21人)で加盟国中3番目に多く、国公立中の1学級当たり生徒数は32人(同24人)で2番目に多かった。
公的教育費OECD
 また、物価の上昇率を勘案した国公立小中学校の勤続15年の教員給与は、OECD平均が増加傾向なのに、日本は05年から13年の間に6%減ったと指摘した。
 アンドレアス・シュライヒャーOECD教育・スキル局長は
「給与、勤務条件を見ると、日本の場合は悪化しており、問題があるように思われる。
優秀な人材を教職に引き付けることが重要だ」

と述べた。〔共同〕

参考 国力の基礎は「脳に対する投資」フィンランド首相語る
朝日新聞より転載-----
 経済協力開発機構(OECD)は24日、教育に関する調査結果を発表した。2012年の国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出の割合は、日本は3・5%で、スロバキアと並んで加盟国34カ国中、最下位だった。
 OECDによると、公的支出のGDP比は加盟国平均が4・7%。最も高かったのはノルウェー(6・5%)で、ベルギー、アイスランド(いずれも5・9%)、フィンランド(5・7%)が続いた。英国は5・2%、米国と韓国はともに4・7%だった。

 教育機関への公的支出のGDP比は、前年までは幼児教育を含む支出を基に算出しており、日本は5年連続で最下位だった。今回は幼児教育を除いたため、前回までとの単純比較はできないという。
 また、小中高校教育にかかった費用のうち公的支出の割合をみると、日本は92・9%でOECD平均(90・6%)を上回ったが、大学など高等教育では34・3%でOECD平均(69・7%)を大きく下回り、加盟国で最低の韓国(29・3%)の次に低かった。

 OECDのアンドレアス・シュライヒャー教育・スキル局長は
「日本では大学教育への家庭の負担が大きい。
米、英などのように奨学金を活用するなど負担の軽減が課題だ」

と述べた。

読売新聞より一部転載-----
 日本の公立小学校の学級規模(13年)は、29か国中3番目に多い平均27人で、OECD平均を6人上回った。中学校は26か国中2番目の32人で、OECD平均より8人多かった。OECDは
「日本の教員は大きな学級で教えているが、問題行動のある子が少なく、授業や学習の時間を確保できている」と評価している。

ほんまかいな?
2015.11.26 Thu l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/420-28f11082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)