福島原発事故により、原発安全神話は崩壊し、事故は起こるが常識になった。
再稼動を後押しするのは、原発は安全になったという原子力工学ではなく
”放射能安全神話” ”放射能は安全であるという教育” になってきている。

生物・医学を物理する:放射線と物理、医療を物理する、生命システムのモデリング の国際ワークショップでは、そんな原子力村の動向を感じた。

 国際ワークショップには東大病院などの医師の参加が多く、福島の南相馬総合病院からの発表が2件あった。
東大病院の若きドクター、南相馬総合病院医師の坪倉正治先生の発表
"The current situation of the radiation exposure screening program in Hama-dori and the future tasks"
内部被曝のスクリーニング調査が行われ、福島住民の内部被曝は非常に低いレベルであると分かっている
食品は検査されていて安全といっても、お母さんたちは福島生産の食物を避ける傾向が強い。
避難でどれほど多くの%の高齢者が亡くなっていったか、医師が居なくなったか、そんなことを見ていると、地元の人たちにとってミリシーベルトはたいした問題ではない、 など現状の切実な報告があった。
帰って調べると、NHKでも取り上げられ、福島県医師会奨励賞を受賞
南相馬発、「坪倉先生のよくわかる放射線教室」-早野龍吾東大理学研究科教授監修
をベテランママの会と協力して出版し、引っ張りだこの先生でした。
よくわかる放射線

この冊子の最終ページ(添付tubokura.jpg)のグラフが、まるで放射能の害があるように見えると坪倉氏講演後、聴講者が詰め寄る場面があった。また坪倉氏のデータとマイナンバーを結びつけて研究できないのかなどと、驚くようなやり取りがあった。

冊子の英語版には、最終ページに、
放射線の話英語版

Today, we know that the level of radiation exposure in Fukushima is
low enough to permit people to live without any threat to their health.

 帰宅困難地域年間50mSv以上、居住制限区域年間20~50mSvの地域が福島県に広がっている現状で、福島の放射能レベルは十分低く健康影響はないと一般向け放射線教室で広報する。これでは放射能の健康影響を、顧慮していないことが決定的と思われる。早野龍吾氏は東京大学大学院理学系研究科教授、素粒子物理学者、東京大学広報室を担当するなど東大を代表する立場。2015年6月から放射線影響研究所 評議員である。早野氏は福島エートス安東量子氏とも協力関係にあることが、東京大学のHP のツイート欄から垣間見えた。

参考リンク
南相馬発、「坪倉先生のよくわかる放射線教室」-早野龍吾東大理学研究科教授監修
【 放射線教育(7) 】 差別はねのける知識
「よくわかる放射線教室」を正しく理解する
この冊子の最終ページ(添付tubokura.jpg)のグラフが、まるで放射能の害があるように見えると坪倉氏講演後、詰め寄る場面があった。また、坪倉氏のデータとマイナンバーを結びつけて研究できないのかなどと、驚くようなやり取りがあった。

南相馬と聞いて思い出だしたのが、福島で低線量被曝実証研究が行われているということ
福島で”低線量被爆の健康影響”の実証実験が始まっている
南相馬経済復興研究チーム作成文書から
研究チーム作成文書は今はリンク切れになっているので、1.より引用
南相馬環境放射能研究1

南相馬環境放射能研究2

福島県放射線医療南相馬 、飯舘、浪江を結ぶ研究トライアングルの拠点施設整備 総合病院の機能充実
・低レベル放射線を継続的に被曝し続けている家畜を包含する生息環境を研究
・低レベル環境放射線が健康に及ぼす影響を研究
今回の事故を踏まえ、徹底した健康診断とデータの蓄積、そして被曝医療の提供により、地域住民の安心を取り戻す。このため、事故現場に近接する自治体として、南相馬市立総合病院に健康診断とデータの蓄積、高度な放射線医療を行う放射線病院としての機能を整え・・・・・

放射能による生態への影響を調査及び研究する意義が大きいフィールド
となっており、市民のみならず世界中の人々の健康の確保、環境の保全等の観点から、徹底した環境放射能に関する研究が必要となってきています。このため、環境における放射能の挙動と放射線レベルの解明及びそれらによる被ばく線量の評価法の開発並びに
低レベル放射線の人体に及ぼす身体的・遺伝的影響の機構の解明
及びそのリスクの評価に関する研究を強力に推進していく環境を整えます。

これらの地域、年間20ミリシーベルト以下の地域で
当然、低レベル放射線の人体に及ぼす身体的・遺伝的影響の可能性がある
ので、その機構の解明し、原爆被爆と同様、遺伝的影響なしの結論を出そうとしている。!!

低レベル放射線の人体に及ぼす身体的・遺伝的影響の機構の解明 を南相馬でやろうという記事です。
20ミリシーベルト帰還政策を支えているのは東大だろうか。京都大学の基礎物理学研究所をベースにした知的人材ネットワークあいんしゅたいんも参画し、日本版MELODI( 仮称JMELODI: Japan Multidisciplinary Effects-of-Low-Doses Initiative)が立ち上げられて、この国際ワークショップが開かれたように見えた。

原爆被爆者疫学研究の次に福島原発事故被曝者疫学研究が始まっている。事故時18歳までの子どもの甲状腺がんが多発しているにもかかわらず、原発事故との関係を否定する福島県・IAEA・国の方針から見て、今後起こりうるすべての被曝起因の疾病の因果関係を認めず、20ミリシーベルト/年の被曝の健康影響はなかったという結論に向かって、福島被曝者の実証研究が進行中と見えた。

2016.01.07 Thu l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/430-8da27b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)