低線量被ばく健康影響関係
委員長が、国際的には生涯1,000ミリシーベルトという基準がある2015年10月28日:
田中委員長:「現存被ばく状況という考え方ですよね。(中略)年間20ミリシーベルトだから影響があるかどうかということについては、あまり定量的な実証データはないとは思いますけれども、国際的な専門家は、20ミリシーベルト以下であれば、ということです。(中略)生涯1,000ミリシーベルトというのは、前のICRPの勧告で出ているのですけれども、日本はまだ取り入れていません。そういうことで、50年の生涯線量として年間20ミリというものも出てきているのかなと思いますけれども、それは事実としてそういうことがあるということです」。「この事故の後に、厚労省も内部被ばくの線量はそう決めたのではなかったかね。生涯線量としてね。違いますか」。
公衆被ばくは生涯1,000mSvが世界共通だと示唆する田中委員長の発言は正しいのか?
南相馬市からの情報開示依頼に原子力規制庁が回答拒否
2014年12月25日:
 南相馬市除染推進委員長・児玉達彦氏(東京大学アイソトープ総合センター長、東大病院内科医師を経て、東京大学先端科学技術研究センター教授)が南相馬市・桜井勝延市長宛に「南相馬市のコメ汚染と『平成25年福島第一原発建屋カバー解体・がれき処理により放射性セシウムなど規制された放射性物質を漏出した問題に関連する資料等について』(依頼 注38))を提出した。南相馬市から原子力規制委員会に対し、資料データの提供を依頼してほしいという内容である。
4-4 日本の疫学調査が低線量被ばくの影響を証明
1ミリシーベルトの被曝リスク 今中哲二
 ガン・遺伝的影響について
◆LNT(直線・しきい値なし)モデルは世界の常識
◆“100ミリシーベルト以下は影響ない”は世界の非常識
“100 ミリシーベルト以下 影響ない” は原子力村の新たな神話か? 今中哲二
原発被害と水俣病の関係
■水俣と福島に共通する10の手口■
 1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する
 2、被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む
 3、被害者同士を対立させる
 4、データを取らない/証拠を残さない
 5、ひたすら時間稼ぎをする
 6、被害を過小評価するような調査をする
 7、被害者を疲弊させ、あきらめさせる
 8、認定制度を作り、被害者数を絞り込む
 9、海外に情報を発信しない
10、御用学者を呼び、国際会議を開く
「福島に被ばく者手帳を作る会」の紹介です 
なぜ福島だけが20ミリシーベルトなのか!~南相馬住民の基準撤回訴訟第2回
福島原発事故の避難慰謝料、2018年に一律終了検討へ!政府が東電に早期終了を要請!自民が避難指示解除に動く!
原発避難慰謝料、18年終了検討 政府、東電に要請へ 共同通信

2015年5月19日
除染関係・東京大学基金関係
除染実施計画に基づく除染の結果 > 楢葉町
除染特別区域の概要・進捗 > 福島県 楢葉町
東日本大震災救援復興支援プロジェクト
「福島県双葉郡楢葉町復興支援プロジェクト」活動報告 児玉
楢葉町の避難指示解除―未来は暗い―
早野龍五教授からの活動報告4 
  3. 福島の高校生の外部被ばくは他の地域と比べて決して高くない、2015年11月27日に、“Measurement and comparison of individual external doses of high-school students living in Japan, France, Poland and Belarus - the ‘D-shuttle’ project -”というタイトル(和訳:日本、フランス、ポーランド、ベラルーシの高校生による外部被ばく個人線量の測定と比較– D-シャトル プロジェクト –)で、英国の放射線防護の専門誌 Journal of Radiological Protectionに、掲載されました。
Measurement and comparison of individual external doses of high-school students living in Japan, France, Poland and Belarus—the 'D-shuttle' project—
東大WBC研究の矛盾点Controversies on WBC Study by Tokyo University
Internal Radiation Exposure After the Fukushima Nuclear Power Plant Disaster Masaharu Tsubokura, MD
福島県南相馬発-坪倉正治先生のよくわかる放射線教室-発行-ベテランママの会 監修-早野龍五東大教授
「よくわかる放射線教室」を正しく理解する
日本メディアが報じない福島の除染問題!海外ジャーナリストが今の避難区域を大公開!山積みの除染袋に並ぶ廃墟・・・
原発事故で全国各地に降ったセシウムの量(文部科学省)

福島小児甲状腺がん関係
福島の癌は異常発生、岡山大学の津田敏秀教授らが記者会見!小児甲状腺がんが50倍に激増と指摘!「被ばく対策を」
東京大学病院、南相馬総合病院坪倉正治医師の”放射能安全情報” 甲状腺がん原発事故影響否定
福島県の甲状腺がんは「原発事故の影響とは考えにくい」と専門家が話す理由
  福島県の甲状腺がんは「原発事故の影響とは考えにくい」と専門家が話す理由
2016.01.18 Mon l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/432-cce4e9bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)