★ドイツ
ドイツZDF 福島のうそ
私たちは東京で菅直人と独占インタビューした。
彼は事故当時首相で、第二次世界大戦以来
初の危機に遭遇した日本をリードしなければならなかった。
彼は唖然とするような内容を次々に語った、たとえば
首相の彼にさえ事実を知らせなかったネットワークが存在することを。
マスメディアでは彼に対する嘘がばらまかれ
彼は辞任に追い込まれた。
彼が原子力ムラに対抗しようとしたからである。
参考 2015 11 01 菅元首相&広瀬隆氏 対談
フクシマの嘘 其の2(隠ぺい・詭弁・脅迫)
ドイツZDF 福島のうそ 3
東京オリンピックは開催できない!ドイツ首相、日本は放射能が強すぎ、危険すぎる!

★米国
①4号機では使用済み燃料の 100 %が大気中に放出された。
Declassified U.S. Government Report Prepared a Week After Fukushima Accident: “100% of The Total Spent Fuel Was Released to the Atmosphere from Unit 4”
 NRC[米・原子力規制委員会]によって 2011/ 3/18 に書かれた報告書が機密解除された。
津波が福島を襲った一週間後 … 状態 …NARAC に提供されたソース項目によれば、
(1)2号機では全燃料の25%が大気中に放出された。
(2)3号機では使用済み燃料の50%が大気中に放出された。
(3)4号機では使用済み燃料の 100 %が大気中に放出された。

Gov’t Report: Fukushima released up to 181 Quadrillion Bq of cesium, Chernobyl was 105 Quadrillion
福島原発事故、公式にチェルノブイリ超え認定!米政府当局が発表!福島18.1京ベクレル、チェルノブイリ10.5京ベクレル でチェルノブイリの1.8倍。
福島原発事故で排出したセシウム量、チェルノブイリ超え 米政府当局が発表 福島18.1京ベクレル、チェルノブイリ10.5京ベクレル

2014-05-22 00:59:17
人口密集地域に起こった史上最大の原発事故。福島避難指示解除で全員帰還、とんでもない!!

③アメリカ人とカナダ人は、日本の福島原子力災害からの太平洋における放射線による汚染の結果として、血液癌性腫瘍にかかった放射性魚を食べてきた。
がん性腫瘍の鮭サメ
がん性腫瘍のサメ
SURPRISE! You're Eating Fukushima Radiation; Bloody Cancerous Tumors in Fish & Seafood
Yet government did take -some- action with respect to radiation; they raised the definition of "safe" exposure! Yes, you read that correctly.
≪US GOVERNMENT HAS DONE -- NOTHING≫
A nearly 1000-fold increase for exposure to strontium-90;
A 3000 to 100,000-fold hike for exposure to iodine-131; and
An almost 25,000 rise for exposure to radioactive nickel-63.
The new radiation guidelines would also allow long-term cleanup thresholds thousands of times more lax than anything EPA has ever judged safe in the past.

関連 ★日本NHK国際ニュース」
①2015年9月25日のNHK国際放送は、2号機の核燃料のほとんどは格納容器の中に残されていないことを、名古屋大学の森島邦弘教授が結論付けたと報じた。
Experts conclude no nuclear fuel left inside Fukushima reactor — Total meltdown “highly likely” — Conducting more tests to determine how far down corium has penetrated
 NHK, Sep 25, 2015: Up to 100% of No. 2 reactor fuel may have melted — A group of researchers says it is highly likely that 70 to 100 percent of fuel has melted at one of the damaged reactors at the Fukushima Daiichi nuclear power plant.
安倍傘下の国営放送となったNHKは、国際放送では、2015年9月25日、2号機の核燃料のほとんどは格納容器の中に残されていないことを報じた。完全メルトダウン。放出された放射線物質は、広島原爆の168倍とか言ったけれど、その時は全燃料の1%放出と言っていた。ということは、広島原爆の16800倍になる。チェルノブイリをはるかに越えているのではないか?
参考原爆168個分の放射性Cs

★カナダ
カナダ医師会ジャーナル:日本の「隠蔽文化」と国民を被曝させる日本政府の対応を痛烈批判

★フランス
フランスFR3放送「フクシマ・地球規模の汚染へ」
: http://youtu.be/6JdXl7Ol5_U @YouTube
原発事故による汚染、国内では報道されず、外国では質の高い正確な報道がされている。
フランスFR3「フクシマ・地球規模の汚染へ」 和訳全文

★イギリス
汚染水漏れ 「Nature(ネイチャー)」が日本政府の福島第一原発の対応を批判
<< 4号機では使用済み燃料の 100 %が大気中に放出された >>
 このアメリカ政府の報告内容が事実ならば、国・東京電力は3号機以上の使用済み燃料の飛散を隠して、燃料取り出しのサル芝居をやったことになる。こちらは4号機の使用済み燃料プールの水面下に燃料ラックがそのまま維持されているのを確認したという人を知らない。ガレキを除いた後では幾らでも偽装できるので、今からでは内部映像も意味がない。
 4号機が3号機よりも破壊度が大きい爆発を起こしたのは3号機からベント用の配管を伝って水素が建屋に流れ込んだため? 水素爆発で1号機よりも頑丈な建屋が基礎からガタガタになる? 3号機も、35tの燃料交換機がプール内部に落下して燃料は無事?
 4号機には、泊原発・大飯原発で発覚して問題になったのと同様、定期検査中に検査を早く済ませて無税発電をしていた、との話も当時はあった。業界では習慣化していると言われ、であれば東京電力としては当然 隠したい。
 東電は、数字の訂正を重ねた末、4号機では、震災時には燃料は全てプール内にあったことにしている(783 体 → 1,535 体)。最初は素直に 783 体と言っていたものが・・・差し引き 752 体が炉内にあったか。
 いずれにしても、4号機は炉内かプール内が爆発元だろう。実際、浜通りの野外にあった金属やサビの表面はα線が20〜85 cpm もあって、原子力規制庁の監視情報課では「警戒区域並みですね」とこちらに言っている。

 以下、記事。

            *    *    *

 福島原発事故の一週間後にまとめられたアメリカ政府の報告書が機密解除された:4号機では使用済み燃料の 100 %が大気中に放出された。
Declassified U.S. Government Report Prepared a Week After Fukushima Accident: “100% of The Total Spent Fuel Was Released to the Atmosphere from Unit 4”

We reported in 2011 that the International Atomic Energy Agency knew within weeks that Fukushima had melted down … but failed and refused to tell the public.

The same year, we reported in 2011 that the U.S. knew within days of the Fukushima accident that Fukushima had melted down … but failed to tell the public.

We noted in 2012:
 The fuel pools and rods at Fukushima appear to have “boiled”, caught fire and/or exploded soon after the earthquake knocked out power systems. See this, this, this, this and this.

Now, a declassified report written by the U.S. Nuclear Regulatory Commission on March 18, 2011 – one week after the tidal wave hit Fukushima – states:
 The source term provided to NARAC was: (1) 25% of the total fuel in unit 2 released to the atmosphere, (2) 50% of the total spent fuel from unit 3 was released to the atmosphere, and (3) 100% of the total spent fuel was released to the atmosphere from unit 4.
 さて、NRC[米・原子力規制委員会]によって 2011/ 3/18 に書かれた報告書が機密解除された。津波が福島を襲った一週間後 … 状態 …
 NARAC に提供されたソース項目によれば、
(1)2号機では全燃料の25%が大気中に放出された。
(2)3号機では使用済み燃料の50%が大気中に放出された。
(3)4号機では使用済み燃料の 100 %が大気中に放出された。
Global Research 2015/12/11

2016.01.28 Thu l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/436-3f21962f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)