この記事は福島甲状腺がんの今 2016.2.1 から、関係部分を取り出したものである。
県民健康調査「甲状腺検査(本格検査)」実施状況 が発表されている。 2015.11.30
小児甲状腺がん及び疑いの子供達は、3か月前…前回の137人から15人増えて合計152人になった。福島の事故後1-5年の甲状腺がん発生、1万人当たり7.8人は、チェルノブイリ原発事故後5-9年の最盛期の平均5.3人を越えている。
福島健康調査先行本格2015

<< 癌確定者の数をわざと抑えている疑い >>
表2.二次検査の要観察者のうち、細胞診(癌であるか良性か判定できる)受診者の%
 細胞診受診者中の癌・癌疑い判明者の%
細胞診受診率、癌・癌疑い%
二次検査の要観察者のうち、細胞診受診者の%は、
2011年64.5%から2014-2015年の19.5%まで、3分の1以下に減少。
先行検査(2011~2013)39.6% 、本格検査(2014~2015)19.5% と半分に減少。 
細胞診受診をがん疑い濃厚なケースに制限した結果、 
細胞診受診者中の癌・癌疑い判明者の%は5分の1(16.3%)から3分の1(31.5%)に増えている。

さらに要観察者については 
● 通常診療等は概ね6か月後または1年後に経過観察(保険診療)する方
及びA2基準値を超える等の方として、勝手に保険診療を受けなさいと突き放している。

県民健康調査報告には細胞診受診の基準は記載されていない。 
甲状腺がんが多いのは過剰診断という原発事故との因果関係を否定する側からの批判で、細胞診を控えて甲状腺がんの発見を抑えているのではないか。最初の年度の65%まで増やせば、甲状腺がんの人数が2~3倍に増える可能性もある。
2016.01.30 Sat l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/437-6f0f767e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)