被ばく地フクシマからの声 3
もうふるさとは100%もとに戻らない 小高町元町長が語る 故郷が放射能で汚染されるという現実 より転載

 福島県南相馬市小高(おだか)地区の自宅に、江井績(えねい・いさお)さん(74)を訪ねて話を聞いた。江井さんは、2006年に市町村合併するまで、小高町の町長を2期6年勤めた同町最後の町長である。地元高校を卒業後、18歳で町役場に就職し、54歳で助役になり、そのあと町長に当選した。江井さんの自宅は福島第一原発から北17キロの地点にあった。

小高地区元町長

 私が江井さんに話を聞こうと思った理由はいくつかある。

⑴江井さんのふるさとである「小高地区」は、南相馬市の中でも福島第一原発に最も近い南端部であり、全域が20キロ圏内の「警戒区域」に入った。住民約一万二千八百人が強制避難させられた。沿岸部は津波で破壊され、津波を免れた地区も屋内は家具や食器が散乱して大変な状態になったのに、その片付けもできないまま、3月12〜14日ごろには脱出を余儀なくされた。そのまま「立ち入り禁止」が一年間続いた。現在も「家に立ち入りしてもいいが、泊まってはいけない」という「居住制限」あるいは「避難指示解除準備」が続いている。しかし国は2016年春でこの制限を撤回しようとしている。

⑵江井さんは東京電力を相手どって住民344人が2014年12月に起こした集団訴訟の「呼びかけ人」である。その訴訟の内容は少し変わっている。仕事を失ったことへの損害賠償ではなく
「ふるさとを失ったことに対する慰謝料一千万円」
「将来避難指示が解除されて三年が経過するまでの月額二十万円」
を原告一人ずつに求めている。総額は約60億円である。

 江井さんは、その人生を故郷・小高に捧げた人といえるだろう。また行政を職業として熟知する人ともいえる。その人が、どうして訴訟を提起するまでに決断したのか。「ふるさとを失ったことに対する慰謝料」の「ふるさとを失う」とは具体的にどういうことを指すのだろうか。除染が進んでもふるさとは戻らないのだろうか。元町長という立場も、原発事故の放射能汚染がどういうふうに地域を破壊するのか、住民がどんな気持ちでいるのか、話を聞く相手として信頼に足るのではないか。そんな風に思った(インタビューは2015年11月)。



 私がレンタカーを運転して田園地帯にある江井さん宅を訪ねた日、ちょうど御宅の除染作業の最中だった。ヘルメットにゴーグル姿の作業員が、公道から敷地に続く道を、高圧水で洗っていた。前月から始まったばかりだという。原発事故から5年近くがたって、ようやく住宅の除染作業が始まったばかりという現実に、まず驚かされた。



 家は真新しかった。家族が独立したあとの高齢者夫妻が住むには広くて新しい家だと思ったら、原発事故前、長男夫婦と孫が3世代で同居する予定で改築したばかりだったのだという。その夢も原発事故で立ち消えになった。江井さん夫婦もふだんは宮城県仙台市の避難先の住宅にいる。そのせいか、家ががらんとして感じられる。客間の窓からは庭に積み上げられた放射性廃棄物の黒いバッグが見える。江井さんは自分で台所に立ち、梅昆布茶とヨーグルトを用意して客間に運んでくれた。



ーー小高地区の現状をどう見ておられますか。



「もう前のようなふるさとに戻ることは100%無理でしょう」







 江井さんはきっぱりと言った。しょっぱなからの「100%無理」という表現に私は驚いた。強制避難という状況が似た自治体の首長でも、例えば飯舘村の菅野典雄村長は「帰村を目指す」とずっと主張しているのを知っているからだ。



ーーどうしてそうおっしゃるのか、具体的に教えてください。



「私には娘(50)と息子(47)がいます。長男には息子が二人いる。もうすぐ三人目ができそうだから、生まれたら、息子は仙台市に単身赴任して、奥さんと子供はここで暮らす予定だった。だから広く改築したんです(長男は東北電力に勤めている。震災の3ヶ月後に三人目の子供が生まれた)。だが原発事故でその話はなくなった。息子家族は『小高には帰らない』ことにしたんです」



「小高の住民は、みんな誰に聞いても『子供は帰らない』という人ばかりです。2015年3月にアンケート調査をやったんです。無記名式では返却率悪いから、わざわざ記名式にした。すると「小高に戻る予定だ」と言ったのは一万千人のうち千百四十一人しかいなかった。そのうち『すぐもどる』はさらに半分の六百人弱でしかない。その中に10〜19歳は十七人です。これで自治体を維持できますか?」



 私は暗い気持ちになった。政府や南相馬市の説明では、原発事故5年目の2016年4月を目標に、小高地区の「居住制限区域」指定は解除される予定になっているからだ。



「その通りです。南相馬市長が市議会に説明して了解もらったはずです。それは『憲法』と一緒で、違えたら市長の責任を追及される問題のはずだ(資料を指す。2013年12月18日の日付があった)。そこには『解除時期の目標』として『宅地周りの除染が完了し、幼稚園、保育所、小中学校、高校が再開できる時期』とある。今の現況ではできません。無理だ」



 江井さんは窓の外を見遣った。除染作業員が出入りしている。「目標」まで半年を切っているのに、まだ自宅の除染が終わっていない。



「一番難しいのは幼稚園と保育所ですね。保護者に意向調査したことがあるんです。『解除になったら小高にもどりますか?』と尋ねて『戻る』と答えた保護者はゼロだった。震災当時、園児は百六十人くらいいました。百三十人くらい毎年入学する。それが誰も戻らないのでは、子供がいなくては税金の無駄遣いだから幼稚園はオープンできない。そうなるとふるさとが元に戻るのは『難しい』ではなく、そんなことは通り越して『できない』ですよ」



「『小高商業高校と工業高校の県立高ふたつを統合して2017年4月に開校しよう』と言ってますが『これ本当にできるんか?』と思います。こんなことはできないでしょう」



 幼稚園から高校生の、放射線被曝にもっとも敏感な年代の子供がいる家庭にすれば、万に一つの可能性があっても、子供の健康への影響は避けたい。そうなれば大事をとるのが親の心理だろう。



「なんでそんな約束したんだろうなあ。議会もわからないんだろうけど。これはどんなことやってもできない」



 江井さんはきっぱりと言った。



 会話をしていると、チャイムが鳴った。制服の警官が玄関に立っていた。「怪しい人がうろついているという通報があったので、巡回しています」と若い眼鏡の警官が言った。「そんな人はこの辺にはいませんよ。おつかれさまです」。江井さんはそう言って笑顔で対応した。警官はそうした空き巣の警戒をしているだけではない。夜間、自宅に泊まっている住民がいないか、いれば退去を求めることも彼らの仕事なのだ。





「我々は原発事故によって故郷が廃墟になったんです。家族の団欒もなくなった。生業もなくなった。企業も撤退したし、農業もできない。人生を棒に振ったんです。どうしてくれるんですか? そう簡単な話じゃないですよ。当事者にすれば」



「ご覧の通り、自分の家でも南相馬市の許可がないと立ち入りできても寝泊まりできないのです。『居住制限区域』なんですから。自分の財産を自由にできない。暮らしちゃだめだといわれる。自宅にいると警官が来る」



江井さんの口調が厳しくなった。問わず語りに、話は「なぜ裁判を起こしたのか」という説明になっていった。



「強制的に出されたことによって損害も損失もあります。まる一年間、平成23年4月から一年間、ここは人っ子一人いない無人の街になったんです。再生する・復旧するなんて、そう簡単にはできない。原子力災害なんて、そんな事例は日本にない。みんな手探りなんです。被害者は路頭に迷っている。答えが出ないから」



ーーいまはご自宅に戻れても泊まれないのですね。



「今年11月いっぱいは長期宿泊=解除の準備宿泊ができます。しかし夜は誰もいないですね」



ーー生活インフラはどうなっていますか。



「私あての通知は仙台の避難先に郵送されてきます。小高の自宅には新聞も郵便物も来ません。生活できるような環境じゃありません。まず、生鮮食料がない。駅前の商店がひとつ開いてますが、生鮮食料品は売っていない。乾物ばかりです。ですから、南相馬市の原町区まで車で買い出しに行かなくてはいけない。年配者は面倒くさいから仮設住宅に戻るんです」



ーー病院はどうですか。



「午前中だけ、病院に一人だけ医師がいます。が専門医はいない。病院は機能してません。医者はいるが、まああれはパフォーマンスですな(笑)」



「『病院開設しました』『商店できました』というが、住民の要望に応える形になっていないのです。仕方がないので、仮設住宅から南相馬市の鹿島・原町の病院までいくのです。小高地区に満足できる環境がないと、住民は帰ってこないですよ」



ーー「生業を失った」と先ほどおっしゃいました。農業のほかには、どんな事情があるのですか。



「原発事故前、小高地区周辺にはけっこう大きな企業がありました。『エプソン』『東通』『藤倉ゴム工業』『日立工機』『東京バイディング』『ミヤコ電気』『オオヤマ』‥。どこも戻ってこない。企業が退去したから従業員もついていった。このへんは農業だけでは生活しにくいから兼業が多いのです。息子や娘が企業に勤めて家計を助けていた。それが、原発事故後、息子や娘が80歳くらいのお父さんお母さんに『もう帰れない』『小高の家は父ちゃん母ちゃん頼む』と言い出した。親は頭の中真っ白、目の前真っ暗です。だって、国民年金二人で8〜9万円くらしいかもらえないのです。もうトシだし農業もできない」



「おまけに農地の除染は進んでいない。セシウムなど放射性物質は田んぼの底の泥に沈んでいる。そんな田のコメ、誰も買わないよ」



「それで居住制限地区解除になったら、税金が払えない。固定資産税に住民税、介護保険料、健康保険料だってある。みんな現金がないから『物納するしかない』と話している。『田畑を物納するしかない』というんです」



「もう原発事故から5年経ったんです。老人は80〜85歳くらいになり、みんな足腰がきかなくなってきている。買い出しの運転ができない。85、6歳で自殺した人もいる。そんな人が多数いるのです。早く元の生活に戻れるよう、賠償を早めるしかないでしょう」



 居住制限区域の指定が解除されると、行政上の扱いは「平時」に戻されてしまう。仮設住宅の入居や、避難先住宅の家賃補助も打ち切られる。固定資産税や介護保険料、健康保険料の免除もなくなる。収入源や生活インフラを失ったままの故郷に強制的に戻れということだ。それはあまりに酷な仕打ちに思える。



 もうひとつ江井さんが語った「被害」は、地域の人たちが大切にしてきた「コミュニティ」がすっかりズタズタにされてしまったことだ。



「合併まで本来ここは、小高町というひとつの自治体だったんです。それが原発事故で『警戒区域』に設定され、強制的に退去された。退去しないと、10万円以下の罰金を取る、勾留に処するとまで言われました。言葉を変えれば牢屋に入れるということです。それを南相馬市長が執行したのですよ。そして、避難して住民はみんなばらばらになってしまった。北は北海道から沖縄までばらばらに避難したからです」



「『親戚』といっても、同居して1ヶ月も一緒にはいられません。お客さんは長くて1週間しかいられない。親戚宅とはいえ、血のつながりのない他人だって中にはいるもの。気まずくなっちゃう。そして転々とする。5〜10回も移動していると、みんな人間不信というか、人を信用しなくなっちゃった。どういうわけか、そうなった。『もうだめだ』と思ったんだね。そして、みんな鬱になっちゃった。お客さんってのは3〜4日いるのが限界なんだって。『やってみてみ。みんな、だめになっから』。みんなそう言いますよ」



「『絆』とかいうんだけど、当事者からすれば、そんなものは現実には存在しない。結局は、自分の力でなんとかしないといけない。これは体験した当事者しかわからねえんだ。十人十色でみんな違うんだ。十羽一絡げにはできない。組織には一定の基準がないといけないのはわかるんだが、してはならない。過酷すぎます」







「最初は公的施設とか旅館とか『仮住居』に行きなさいと言われて、お世話になった。仮設住宅への入居が始まったのは震災から1年後だな。仮設に入ったのは2012年秋です。ところが、仮設住宅に入って人間不信になった人が多いのです。『小高地区』がまとめてひとつの仮設団地に入っても、知り合いがいない。『小高』といっても広いのです。自分のコミュニティない。じゃあ、仮設で人間関係を作ろうと交流会をやっても、女は交流するんだが、男はこたつでテレビばかり見ている。しばらくすると、決まってうつになる。眠れない、と睡眠薬を飲むようになる。年のわりにどっと老け込む。眠れないと酒が増える」


「元の家にいたころは、庭の手入れするとか家庭菜園するとか、体つかって時間を有効に使えるんです。でも、仮設住宅にはプレハブの4畳半の部屋以外なにもない。まったく別世界に放り込まれるんです」



「そうやって仮設住宅に3〜4年いると、おかしくなります。逃げたときは2〜3日で戻れると思っていたのです。ほとんど着替えも持たず着の身着のままだった。それがもう5年ですよ。そこで悲観するんです。『いつになったら戻れるんだろう?』って」


ーー「故郷を失うことの精神的な打撃」とは、そういうことなんですね。


「私だって、原発事故から1年後、避難解除で帰ってきたら家が全部1mくらいの雑草で埋まっていた。『あれ?これがおれの家か?』って思ったもの。野生化するのは本当に早いんだ。草刈りだけで1ヶ月くらいかかった。商店街だって(JR常磐線)駅前だって、町の中心地が草ぼうぼうでしょう?」

「田畑も草ぼうぼうで、このままだと耕作放棄になっちゃう。でも、かといってだれが草を刈るの?帰ってくるのはじいちゃんばあちゃんばかりだよ。 地元に仕事があっても、帰ってくるのは父のみで、お嫁さんと子供はよそに避難するのよ」



「住民が帰ってきても、上水道を開けないといけないでしょう?だれが経費払うの?少数しか帰ってこないなら、負担が大変だ。国が財政支援しないとだめです。そう言ってくれ、と市長に言ってるんだが」



「本当に、当事者しかわからないことがいっぱいあるんです。新聞テレビの報道なんか見たって『いやいや、こんなもんじゃない』って思うもの」





ーー除染の効果はどうなのでしょうか。



「ここらへんは、2012年の夏ごろは0.7から0.8マイクロSVあった。3年後には0.3〜0.5になった。除染はしてないから、自然減だ。だが、そのあと下がらないんだ。後ろが山だから(山林は除染が進んでいないので、雨で放射性物質を帯びたチリが流れてくる)。原発事故前の0.04にまで戻るには何十年もかかる」


「でもね、線量が高い低いは問題じゃないんですよ。もう、そういう問題ではなくなっています。現実に住民が戻らないんだから。戻すにはどうすんだっていうんです。原発事故前のこのへんの空間線量は1時間0.04マイクロSVでした。いまは屋外で0.5です。つまり10倍汚い空気吸っているって話なのです。子供もみな同じ空気を吸うのです」

「学者も教授もいっぱいきます。東大の教授が来て話する。『高齢者はともかく、若者はここにきてはいけない』と言いますね。低線量被曝で将来どうなるかは、科学的にはわからないのですよ。だから私たちも、無理に孫に『帰ってこい』とは言えません。10、20年先に孫の身に大変なことが起きたとき、自分たちはもういないでしょう。それなのに、無責任に呼び戻せない。後の祭りになるだけでしょう。どの親さ聞いてもそういいます」



ーー同じ南相馬市でも、原町地区(市役所などがある中心部。30キロ内の屋内退避にはなったが、解除後は立ち入り禁止にはならなかった)とではずいぶん感覚が違いますね。


「小高は原町より原発に近いから温度が違うんだ。原町とはちがって、小高は全部ダメになったんだから」


ーー原発事故当時、みなさんが避難したときの様子を教えてください。



「地震が起きたとき、私はテレビで国会の予算委員会見ていました。グラグラ揺れて、神棚が落ちそうになった。水や榊が落ちてきた。あの食堂のテーブルの上のランプが揺らいで天井にぶつかった。揺れが収まって、落ちてきた皿や茶碗の破片を掃除機で吸っていたら電気消えた。3時半ごろかなあ、二階に上がったら、海がキラキラ光っているのが見えたあと、陸地がざーっと真っ白になった。津波が陸地にあがってきたんです」


ーーなるほど。小高は原発災害の被災地であると同時に、津波の被災地でもある。



「そう。津波の犠牲者が夜8〜9時から運び込まれてきた。お坊さんをしている区役所職員の寺に運んだら、警察が来て、原町の体育館に安置するってんで、水を吸ってぱんぱんに膨れた遺体を運んだ」


「白砂青松の防潮林が国道6号線(海岸線から約3キロ)まで流されてきたんだよ。家ごと国道まで流されてきた人もいるよ。奥さんは行方不明のままだ。そんな人がいっぱいいる。400戸流されたんだから。その次の日のうちに避難が始まったんだから、もうドタバタ、てんやわんやだった」

「原発事故が進行していた3月11から14日、私は区役所(南相馬市役所・小高支所)に行っていた。そのつもりはなかったけど、みんなどうしていいかわからず、右往左往していた。私はやっぱり元町長なんで、みんな聞きに来る。自然と指示を出すようなかっこうになった。寒くて雪が降っていました。12日の夜6時半か7時ごろ、枝野官房長官が「20キロ圏内は避難しなさい」と言った。でもどこに行けばいいのか、指示がない。で、とりあえず同じ南相馬市内の小学校の体育館に行ったんだが、当時の小高地区の人口は一万二千八百人いた。体育館には当然入りきらない。行ったけど入らないから、みんな親戚や知り合いを頼ってめいめい逃げたのです。そのあとは、十人十色行動が違う。ちりじりバラバラになった」



ーー最終的に小高を離れたのは何がきっかけだったのですか。


「この自宅には2011年3月14日までいました。午前11時ごろ『バーン』と音が聞こえて、原発の方向から煙が立ち上るのが見えた。水素爆発の煙だった。停電してたからテレビは見えないけど『あ、これではもうダメだ』と思った。軽トラに乗って、ノーマルタイヤのまま新潟まで雪の中を走った。5カ所避難先を転々としました。15回変わった人もいるから、少ない方だよ(笑)。ガソリンがなくて、朝2時から並んで20リットルしかもらえないんだ。何回も並んで満タンにしてもらった。霜が降りるくらい寒かった」


「ばあちゃん(江井さんの母)は90歳でした。私の妻の実家が20キロ圏外でしたので、そこに避難した。ところが、続いてすぐにその実家も30キロ圏内、屋内退避地区になった。また退去しなくちゃならない。仕方なく、17日に息子が住んでいる仙台にいった。おばあちゃんは、神奈川県の厚木市に私の姉がいるので、そちらで世話になった。翌年秋ごろ、おばあちゃんが小高を恋しがるようになった。南相馬市原町の仮設住宅で三人で住んだんだが、じきに介護が必要になった」


ーー江井さんご自身の健康は大丈夫ですか。


「目の前がクラクラしたりぼんやりするから、医者に行ったら、高血圧なんかなったのことないのに、血圧が安定しない。原発災害のストレスだよなあ。奥さんは胃のポリープできて。内視鏡で切除したんだが、今年検査したらまたできた。今度は手術することになった」


ーー除染が進み、線量が下がったから住民は戻ってきている。被被災地の外からマスコミ報道だけに見ていると、そんな錯覚を持ってしまいます。



「線量が下がったから、とかってのはよそから見た人の発想だなあ。よそから見ているだけの人になんぼ説明しても、わかってもらえないのよ。当事者の気持ちは」



「悲観的なことばかり言うようで申し訳ないけど、若い人が戻ってこないと、まちづくりの将来に継続性がない。5年から10年すれば我々(高齢者)はいなくなる。そのとき小高を経営していくことができるのか?復興はかなり厳しいと思うよ。国策として企業なり研究施設でも誘致して雇用を作らないと、機能しないと思う。20キロ圏内はどこも同じだと思うけど、若い人が戻りたがらないから、いずれはどこも限界集落化するだろうなあ」

「テレビも新聞も、東京からいっぱいきて、何時間も話聞いていくだが、載らないんだ。俺が厳しいこと言うから(笑)。今言ったようなことを話すと『まったくその通りですね』と言って帰ってくんだが、テレビも新聞も載らない。あとから『デスクがダメだと言ってます。申し訳ありません』と言ってくる。それって情報操作じゃないの?」


ーー人が戻ってこない事情は他にもあるのでしょうか。


「仙台にしろ福島市にしろ、不便なところから便利なところに避難すると、学校にせよ医療にせよ買い物にせよ、便利なんだわ。何年か便利なところで暮らすと、不便なところには戻らないって」


ーーなるほど。それは現実的にわかります。


「もうひとつは、円満な家ばかりじゃないってこと。嫁・姑関係とか円満とは限らない。すると、避難を機会に別れてしまうんだ。また戻って夫の親を介護したりしない。息子は『小高に戻る』というのに、嫁さんは『もう戻りません』という。子供を連れて去ってしまうんだ。そうして離婚したケースも相当いるよ」。42歳とか43歳の旦那が『この年で一人で暮らさにゃならん』と取材のカメラを前に泣いたこともあるよ」

「いつか子供の世話になるんだからと、親は一生懸命子供にいい教育を受けさせて育てるんだ。そんな子供が去ってしまうと、年老いた親は『今まで何をしてたんだろう?』と呆然とするんだ。私は相談をよく聞く立場だから、いろんな話を聞く。みんな目を真っ赤にしてほろほろ泣くんだ。当事者しか知らない話だし、誰もそんな話はしたがらない」

 子供が戻ってこないのは、一番厳しいな。江井さんはそう言ってため息をついた。「もうふるさとは元には戻らない。オラが生きているうちにには元に戻らない」ともいう。江井さんの頭にあるのは、帰ってきた高齢者ですら、このままでは追い詰められていくだけだという危惧だ。

「ふるさとをそんなふうにして、許せないと思う。法外なことはしなくていい。だが、時間をかけてないで、すぐ賠償しないと、年寄りは死んでいなくなってしまう」

 住民訴訟が「居住制限地区の解除後三年間の月20万円の賠償」を求めているのは、原発事故まで2世代同居で家計を支えてきた家庭が避難で老人だけになり、生活できなくなることを救済してほしい、と言っているのだ。

「帰るたびに、小高はさびれてみすぼらしくなっていく。『もう限界だ」と出て行く人も多い。ここと『帰還困難区域』(現在も立ち入り禁止の区域)と「帰れない」という点は同じなのに、なぜ賠償や補償に差があるんだろう。老人はいつまでも生きていない。財政支援をしないと、このままでは死ぬためだけにふるさとに帰ってきたようなものだ。将来に数%でもいいから可能性があれば、希望が持てるからいい。今はそれすらない。10年、20年後には我々年寄りはもういないんだ。待ってられない」

 インタビュー後の2016年2月8日、江井さんら「小高区民を守る会」は南相馬市市役所を訪れた。桜井勝延市長に「解除目標時期の延期」を要請するためだ。20日からは、市の住民説明会が始まる。
(2016.2.16記。写真:烏賀陽弘道撮影)
2016.02.25 Thu l 被ばく地フクシマからの声 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/445-3c289f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)