特集報道ステーション3.11は甲状腺がん特集 20160311
初めて甲状腺ガンの手術をした子どもや親の証言が放送された。
文字起こし完成!! 

古館キャスター降板前の渾身の報道。甲状腺がんの手術を受けた子ども、親御さんのインタビューがあります。福島県の甲状腺がん検査委員会の様々な見解紹介、チェルノブイリの専門家の意見など、現状についての正確で見事なレポートです。
◆東日本大震災から5年。福島第一原発事故後、福島県が実施している健康調査で甲状腺がんが見つかる子どもが増加。「なぜ自分が…」甲状腺摘出手術を受けた子どもと家族が語る苦悩
◆甲状腺がんと原発事故との因果関係はあるのか?チェルノブイリ取材から見えてきたものとは…
この特集の重要点、福島県検討委の問題点などは、後でまとめます。
natureflowによるコメントは茶色で区別しました。
まずは耳を傾けてください。
この中で光るのは、甲状腺がん手術を受けられた仮名(直美さん)の言葉で示します。

よく著作権法で削除されます。

(古館キャスター)3・11 5年目の今日です。一点に絞ってお届けしたいと思っているテーマに関して
厚労大臣塩崎氏の発言がありました。

福島県の調査で甲状腺がんが116人見つかっていることについて
震災前には100万人に1~3人であったがこれについての見解を?
 ご指摘のデータは福島県民調査の結果によるもので、
福島県における放射線による健康被害、健康影響の問題については
環境省の所管ですので、厚労省としてはコメントする立場にはない。

国民の健康という側面から厚労省としての見解はどうか?
 放射線による健康影響への対応については環境省が担当ということです。

福島で実際に甲状腺がんになられた若い方、
自分のお子さんが癌になったという苦悩を抱えた親御さんにお話を聞くことができた。
これらの取材を通じて問題提起をさせていただきたい。

甲状腺検査で発見された がんまたは癌疑い 
1巡目(2011.11-2014.3)  115人
2巡目(2014.4 -2015.12)   51人  計166人
100万人に1-2人と言われていた。5年経って10人ということになる。

甲状腺がん手術を↓直美さん(仮名)
なんで私だけなんだろう?
手術の後の1週間がつらかった。何度もはいてご飯も喉が痛くて全然食べられなかった。
福島県中通に住む女性、高校生の時甲状腺がんと診断、摘出手術を受ける。
手術で治るなら手術を受けようと思いました。
傷があるので傷を隠す服ばかり選ぶ、洋服が選べないのがつらいです。
どうしたのと聞かれたくないので、できるだけ隠すようにしている。
周りのリンパ節もとって、3か月は声がかすれちゃって、声が出ないのがつらいと思います。

福島県が行う甲状腺検査 
A判定 異常なし BC判定 甲状腺がんの可能性で二次検査
甲状腺はヨウ素を取り込んで甲状腺ホルモンを全身に送る。
  :子どもの発育や成長を促し、新陳代謝を高める体に欠かせないホルモン
甲状腺を摘出すると甲状腺ホルモンを一生飲み続けなければならない。

問題は甲状腺が、原発事故による放射性ヨウ素を取り込んでしまうと
甲状腺がんリスクが高まること。
子どもな場合、首のリンパ節転移が激しいという特徴がある
治療後の再発も多く、肺に転移する頻度が高いといわれている。
福島県による検査では手術した子どものうちリンパ節転移は74%(2015.3月)

3人の親御さんの声
10代の息子のお父さん Aさん
「まさかそういった検査で引っかかるなんてことを、夢にも思っていなかったですから
当時10代の息子が甲状腺がんと宣告されるとは思っていなかった。
私と息子の前で「息子さんはがんです」とストレートに言われました。
息子は顔面蒼白といいますか、血の気がひいちゃって
私もびっくりしましたが息子も相当のショックを受けてました。
親としては悪いものはとっていただきたい、それは当たり前の話なんですが
とったから癌はなくなったかというと、それは別の話じゃないかと・・・


事故当時10代の娘をもつ母親のBさん
娘が甲状腺がんだときいた瞬間、顔色は青ざめてぼろぼろ涙を流しました。
私はそれを見てこらえなければいけないのですが、ぽろっと涙を流しました。

やっぱり女の子なので、結婚して出産も考えているとは思いますけれど
自分は癌になってしまったんだからっていうそういう負い目はあると思うんですね
それを考えたとき、親としてつらい面があります。


やはり一番心配なのは子どもの今後のこと、
娘ががんの親Cさん
娘のがんが将来再発しないか心配。
今後ちょっと具合が悪くなって働けないとかそういった場合
まだ親が元気なうちはいいんですけれど
再発することはないと祈るばかりです。


県の甲状腺検査取りまとめによると
甲状腺がんは発見時点で、病態が必ずしも命に影響を与えるものでない
(生命予後のよい)癌であることを県民に分かりやすく説明し、・・・・

「死なないなら、大したことない」 と思ってほしくない

(直美さん)
手術を受けた後体調が悪くなり、
治療に専念するため進学した学校を辞めざるを得なかった
進学していたとき夢があったので、
本当は夢を追いかけてそれを仕事にしたかったのですが
それをあきらめてしまったことが一番つらいです。
治療に専念しなければならないのかなとうすうすは思っていて
人生が大きく変わっちゃうのかなと思いました。


甲状腺がんと原発事故との因果関係はあるのか?
枝野官房長官 直ちに人体に影響を及ぼすような数値ではない
2011.4.1 地表にたまった放射性ヨウ素推計値 

(直美さん)
買い物・体育など屋外にいることが多く、皆と一緒にマスクは気兼ねでつけなかった
がんの再発や転移におびえる日々が続く
なんで私なんだろう と思いつつ
もしかしたら誰かがなんなきゃいけないのかなと思ったり
癌になったからにはがんと闘っていくしかない
多分これからずっと向き合っていかなきゃいかないのかなと思っています


(父親Aさん)なぜ甲状腺がんになったのか?被曝の影響はあったのか?
原発事故との関連性はあるのか?
医師「原発との関係はない」何度聞いても同じ答え
「あるかどうかわからない」ではなく「ない」と断定された


家族たちの悩み
「医師とのコミュニケーションがうまくいかない」
「いわれなき差別を受けた」
「セカンドオピニオンの受け方が分からない」
「周りに相談する相手がいない」
「周りに自分から「うちの子はがんだよ」というものでもない
「本当にごく身内の人にしかいわない」
「人に話してみたところで、それが発端で話が広がっていくのも嫌だし」


孤立していた家族が、3・11甲状腺がん家族会発足「311甲状腺がん家族の会」
地元の方らが世話人になり、甲状腺がん家族に参加呼びかけ
世話人武本さん
「甲状腺調査を見ているとどんどん患者数が増えてくるわけで
その中で患者や保護者同士がつながらなければいけないのではないか

福島県中通4家族と浜通りの1家族合わせて5家族
問題解決のため県や国などに働きかける
3.12に記者会見を行う
Cさん
「自分が思っていたことと同じで、涙を流されて話したお母さんがいたりして
ためていたことを人に言えたことが一番大きいのかなと思います」


古館キャスター
原発事故と関係がないという考え方
☆チェルノブイリと比べて放射線量がずっと低いから因果関係がないという考え方に疑問あり
☆チェルノブイリ事故当時0-5歳の子どもに多発、福島では1-5歳に癌は1例も発症していないから因果関係はない にもはなはだ疑問
  チェルノブイリ0-5歳成長して思春期になって甲状腺がんが多発していることがはっきりわかっているから

原子放射線影響に関するUNSCEARの住民説明会
国連科学委員会(UNSCAER)専門家 バロノフ氏
甲状腺がんリスクに影響する3つの重要な要素 線量・年齢・時間
質問 浪江町苅野小学校元校長 
 「苅野小学校の子どもたちは公表されていなかった”SPEEDY"の中の

報道甲状腺がん5

 真っ赤な放射性物質が降り注ぐところを避難してきたんだと全員が心配している。

 本当にだいじょうぶなんでしょうか?
 子どもたちは津島地区から川俣町へ避難した
 後にこのルートは放射性物質が大量に流れたルートであることを知った」

Ans. 確かにそれは最も線量の高いルートです。

元校長「今のところ当時の子どもたちから甲状腺がんは見つかっていない。
 でも放射性物質の中を逃げたという不安は消えない。
 今後もっともっと甲状腺がんは増えてきそうな雰囲気はあるなと思う。
 どうしても説明会に出たりすると
 『さほど心配することないですよ』ということの方が多く広まっていて
 果たしてそうなのかという疑問は持っていますね」

甲状腺検査で発見された がんまたは癌疑い 
1巡目(2011.11-2014.3)  115人
2巡目(2014.4 -2015.12)   51人  計166人

岡山大学環境疫学教授 津田氏
日本全国と比べて約20-50倍の甲状腺がんの多発が起こっている
ことが推定された。
”福島県内において放射線による甲状腺がんの著しい多発が起こっている”

福島の住民 県は放射線の影響は考えにくいと・・・・?
「素直にはそうとは受け取れないですね
何かあるかもしれないという不安は常に持っているので

検討委座長 北斗氏 
「放射線の影響とは考えにくい」 
「原発の影響とは考えにくい」
(結論ありき、福島県医師会副会長のロボット発言 natureflow)
住民「じゃあ何が原因なんだとお医者さん調べてくださいよ」

検討委員会 中間報告とりまとめへ
1巡目で発見された甲状腺がんについて 地域別の発見率に大きな差がない
放射線の影響を完全には否定できないとしながらも
以下の結論
報道甲状腺がん1

事故当時の年齢についてチェルノブイリを何度も訪れたことのある
検討委委員、長崎大学原爆後障害医療研究所高村教授
福島で、これまで、事故当時0-5歳の人で甲状腺がんを発症した方はいません。
特にチェルノブイリ事故当時0-3歳、0-5歳という若い世代で甲状腺がんが多発した
(これは完全な嘘です。以下のベラルーシ・ウクライナの専門家の話
山下俊一の3月11日NCPR基調講演の完全書き起こし、および和訳
小さい子供ほど甲状腺がんリスクが高い 検討委員会の嘘 を見てください。
なぜこの方が、原爆後障害医療研究所教授なのでしょうか? natureflow)


検討委委員 国立がんセンター 津金氏
決して臨床症状をもたらさない、死に至らしめないような甲状腺がんを多数診断している
いわゆる過剰診断であると考えるのが妥当で
普通のがんのようにどんどん大きくなって、リンパ節転移を起こして
やがて遠隔転移を起こして、死に至らしめる
普通の癌の想定のシナリオでこの状況を考えるのは難しいと思います。
福島甲状腺がん、平均より「数十倍のオーダーで多い」「スクリーニング効果」だけではこの多さを説明できず、「過剰診断」による「多発」とみるのが合理的だと、福島県立医大で甲状腺がん手術した9割以上でリンパ節転移、甲状腺外浸潤、さらに肺への転移があったという診断・手術を否定されています。natureflow)

そうだとすると大きい疑問 116人手術 必要ない手術はしなくて良かったのか

手術の多数にかかわった福島県立大学鈴木教授
今回見つけてあるものは、すでにリンパ節に転移したり、甲状腺外に出ていたり
またそれが強く疑われるものに対して治療しています。
摘出した甲状腺がんの75%にリンパ節への転移があり、過剰診断ではありません。
報道古館2
しかし甲状腺がんは、放射線の影響とは考えにくい と考えている。
ではこれだけの数の甲状腺がんが潜在的に存在していたのか?
そうだと思います。これまで手術しなければならない例が放置されていた。
難しいと思います。転移までは早いと思うが、その後進行して他臓器に転移するとか
命に係わるというのは非常にゆっくりしている癌なんですね
リンパ節に転移しても症状なし⇒ 将来発症し重い症状になるのを今発見した。

検討委の論争が激しくなっている
検討委委員 弘前大学被曝医療総合研究所 床次教授
事故直後の被曝線量データはきわめて少ない
2011.4月 沿岸部から避難した住民60人の甲状腺被曝線量を測定
内部被ばく線量が最も高かった子どもは 23ミリシーベルト
不確かさが常に付きまとっているという理解のもとで
総じていえば、福島事故による甲状腺被曝線量は
チェルノブイリ事故と比べて小さいということは言えるだろう

検討委座長 福島県医師会副会長北斗氏 
福島での被曝線量はチェルノブイリと比べて極めて低い
チェルノブイリと比較の線量あるいは
被爆当時の年齢などから考えて、
甲状腺がんにつきましては放射線の影響とは考えにくい
というこれまでの見解を継続する形に・・・・

「被曝線量が低いから放射線の影響は考えにくい」
弘前大学床次氏に真意を訪ねた
星座長は「はるかに低いから考えにくい”なんですよ”」みたいな感じ
それだったら私の説明いらないんじゃないか
あくまでも集団としてとらえた場合に、
チェルノブイリ事故の線量と福島事故の線量を比較したわけで
個人の・癌になった人の線量ということではないので
「住民全体の被曝線量」と「甲状腺がん」との関係を結びつけるのは乱暴だ
放射線の影響とは考えにくいとの見解も批判した
放射線の影響の可能性は小さいとはいえ、現段階ではまだ完全には否定できない
今の見解をそのまま受け入れることは難しい
まだ端緒を開いたばかり

---------------------------------------
キーワードはチェルノブイリ 取材班はチェルノブイリに向かった
事故から30年
原発は石棺にしさらにまるごと覆う計画
35万人が強制避難
事故当時18歳以下の子どもから甲状腺がん7000人以上(2008UNSCEAR発表)

ウクライナ チェルニーヒウ 原発から80km
汚染は少なく避難区域にはならなかった 
事故当時子どもだった人から50人以上の甲状腺がんが見つかっている
生後11か月で原発事故にあった エカテリーナさん(30)
外で娘を遊ばせていた
事故後の風向きで、一時放射性ヨウ素が流れたと見られる
14歳の時甲状腺がんが見つかった
信じられませんでした。娘が死んでしまうのではないかと恐ろしかったし
甲状腺がんがどんな病気なのかも分かりませんでした。
年頃だったので傷跡を見て同級生がどう思うのかも気になりました。
今は目立ちませんが、当時は傷跡がはっきり見えていたからです。

福島ではまだ出ていない事故当時0-5」歳の甲状腺がん
ここでは発生している。地元医師はこの甲状腺がんにある特徴があるという
12~14歳になって初めて甲状腺がんが見つかった。
事故後早くて7-8年後、なぜそうなのか分かっていない

報道甲状腺がん3

ベラルーシでは2500人をこえる子どもの甲状腺がんが発生した
首都ミンスクにある国立甲状腺がんセンター ユーリ・デミチク所長
被曝線量と甲状腺がんの関係について
被曝線量が低くても甲状腺がんが発生する可能性はあります。
これ以下なら大丈夫という値はありません。


福島県甲状腺検査の1巡目、2巡目の資料を見てもらった。
2巡目の資料を見た時顔色が変わった。
1巡目の検査で見つからなかったのに、なぜ2巡目の検査で見つかったのか腑におちません。
報道甲状腺がん4
検査ミスがあったのかもしれません。
あるいは信じがたいことが2年間で起きたのかもしれません。
甲状腺がんを知り尽くしている私でも、興味深いものです。
なぜ2年間で現れたのか?
---------------------------------------
ベラルーシの専門家が抱いた2巡目に対する違和感

2巡目で51人ががんあるいはがん疑い 日本の専門家も異変を指摘
検討委員会唯一甲状腺がんの専門家 
福島県立医科大学清水一夫名誉教授
(なぜ甲状腺がん専門家は日本にいっぱいいるのに、検討委はただ1人なのか?鈴木氏は過剰診断・手術であるという筋書きに邪魔になるので退任? natureflow)
2巡目51人 比較的多い
1巡目検査の時に A1(異常なし)立った人が、癌あるいは癌疑いが一番多いのが気になる
30mmほどまで腫瘍が成長したことに注目
2年間で3cmまで成長することは考えにくい

自然発生と考えると2巡目の数はおかしい 神戸大学計算科学牧野教授
被曝の影響も考えるべき
---------------------------------------

検討委座長 福島県医師会副会長北斗氏 外国特派員協会会見
Q. 今後も甲状腺がんは増えるのか?
放射線の影響があって増えていくのか?という質問ならば、
現時点では私はそういう風には見ていません。
ただそれを頭から否定する気もありません。
(被曝影響を否定するという検討委の役割を果たしつつ、今後甲状腺がんが増える場合の責任回避、結局何も質問に答えていない natureflow)

自分の身に何が起きたのか知りたい。
甲状腺がん患者の切実な問いかけ
(直美さん)
どのくらい被曝したのか知りたい
本当に原発のせいなのか、せいじゃないのか?
皆がそう思っているので
本当にどうなのかというのは、早く白黒はっきりつけてもらいたい
とは思っています。


(古館キャスター)
検討委員会のいう考えにくいという言葉、これは都合のいい言葉と思います
因果関係ははっきりとは分からない、否定はできない
分からないのであれば
因果関係があるのではないかという前提で、じっくり探っていくというプロセスが必要だと思います。

甲状腺がんの摘出手術を受けられた女性 インタヴューに応じてくださいました。
それとはまた別の、甲状腺がんの子どもさんを抱えておられる親御さん方も
インタビューを受けてくださいました。
いろいろ意見のある中で、勇気を振り絞って
問題提起ということで取材に応じてくださったということに
心から感謝いたします。

そしてその前提で、ですけれど
未曾有の原発事故が福島で起きたわけですよね
もちろんチェルノブイリやスリーマイルとの比較とかいろいろありますが
未曾有といういうことは、これまでになかったことですから
詳しいデータの積み重ねがあるわけはないので
まだ端緒だという言葉が学者の先生から出てきましたけれど
まだデータが完ぺきではない段階では、謙虚に
気長に、ねばり強く検査をしていき、調査をしていく、研究していくという姿勢が
例えば、166人の甲状腺がん・疑いが」これからもしかしたら増えるかもしれないことを含め
ご家族にそういう誠意が伝わっていったときに
また違った境涯が生まれてくる可能性があると思うんですね。
境涯を変えることが免疫力を高めたり
いろんなことに繋がっていくといういう可能性すらある
のですから、ここは一つ
スタンスを一度変えていただかなければと、強く思います。

報道ステーション・2016.311甲状腺がん特集
甲状腺がんについての両論を取り上げ、正確な事実に基づき
直撃インタビューを通じて各論の背景を浮かびあがらせ
チェルノブイリの専門家の意見を取材され
今直面する甲状腺がん多発に向かうべき方向を示してくれた特集でした。
このような報道がこれから期待できくなることも踏まえて
フクシマの被曝の取り組む必要を強く感じました。 natureflow


これも面白いです。
国家よ隠すな!甲状腺ガン問題「報道 ステーション」にツイッターも絶賛!
https://www.youtube.com/watch?v=tvO2skzNUQY
2016.03.16 Wed l 福島甲状腺がん l コメント (3) トラックバック (2) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.03.16 Wed l . l 編集
Re: 紹介させていただきました
> 丁寧な文字おこし、大変勉強になりました。ありがとうございます。
>
> 私のブログ記事
> http://hiroshi-s.at.webry.info/201603/article_1.html
> でも、紹介させていただきました。
2016.03.26 Sat l natureflow. URL l 編集
Re: Re: 紹介させていただきました
紹介していただきました記事読ませていただきます。
福島県検討委員会を撃破しなければ。
ほとんど行き詰まっていると思うのですが
被曝影響の可能性を認めさせ、20ミリ帰還ストップ
住宅打ち切り、賠償金ストップに全面対決の根拠をはっきりさせたいです。
2016.03.26 Sat l natureflow. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/452-5ba1a313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
3月11日夜、テレビ朝日は「報道ステーション」で、福島第一原発事故後に、福島県内で多発している甲状腺がんについて、まとまった量の取材報道を行いました。 http://www.dailymotion.com/video/x3x9ebr https://www.youtube.com/watch?v=INYtg9nUkK4 原発事故による放射性物質飛散と、甲状腺がん発症との因果関係について...
3月11日夜、テレビ朝日は「報道ステーション」で、福島第一原発事故後に、福島県内で多発している甲状腺がんについて、まとまった量の取材報道を行いました。 http://www.dailymotion.com/video/x3x9ebr https://www.youtube.com/watch?v=INYtg9nUkK4 原発事故による放射性物質飛散と、甲状腺がん発症との因果関係について...