第20回「県民健康調査」検討委員会 先行・本格調査・外部被ばく線量全資料
福島原発事故における甲状腺被ばくの線量推定
県民健康調査「甲状腺検査(本格検査)」実施状況 2016.2.15
県民健康調査「甲状腺検査(先行検査)」結果概要 2015.8.31
県民健康調査における中間取りまとめ 最終案 2016.2月
UNSDEAR2013Absorbed dose in thyroid in Japan for the first year
UNSCEAR_2013A_C-18_Doses_evacuees_Japan_first_year_2014-08.pdf

チェルノブイリ28年 福島3年―低線量被ばくでの健康被害―(100万人署名神奈川実行委員会主催の講演会報告)(NEWS No.467 p03)
 2014年11月18日
【放射線量に応じて甲状腺がんが増える】(大阪赤十字病院 山本)
日本小児科学会が、福島の子どもたちの健康障害を検討する組織を作ることを決定(NEWS No.464 p01) 2014年8月1日
福島県への再質問~甲状腺がん多発~
福島県県民健康調査課
小林課長殿
 cc大津留教授殿(福島医大)
    清水修二特任教授殿(福島大)
    床次眞司教授殿(弘前大)
    高村昇教授殿(長崎大)
    鈴木眞一教授殿(福島医大) by田口氏
『原発事故による甲状腺がんの問題についての考察(2)』 北海道がんセンター名誉院長 西尾 正道
鈴木眞一氏 こうした治療方針や対応は通常の臨床行為として行われているものである。一言で言えばほぼ症例毎にその時点でベストと判断した治療が行われていると考えられる
放射線による甲状腺への影響~その2~広島赤十字・原爆病院 小児科 西 美和 先生
第208回 大 阪 小 児 科 学 会 プ ロ グ ラ ム 低線量放大阪赤十字病院救命救急センター5)
高松 勇1),伊集院真知子2),入江紀夫3),林 敬次4),山本英彦5)放射線障害の検討123 
福島県における甲状腺がん有病者数の推計 津金昌一郎(国立がん研究センター)
2014 年 11 月 11 日
低レベル放射線曝露と自覚症状・疾病罹患の関連に関する疫学調査
―調査対象地域3町での比較と双葉町住民内での比較
 
プロジェクト班メンバー 津田敏秀
Demystifying the Official Discourse on Childhood Thyroid Cancer in Fukushima
- See more at: http://apjjf.org/2014/12/49/Piers-Williamson/4232.html#sthash.cTOD3Wm3.dpuf

小児甲状腺ガンについての公式見解を読み解く Piers Williamson
The Human Consequences of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant Accidents Eiichiro Ochiai
- See more at: http://apjjf.org/-Eiichiro-Ochiai/4382#sthash.D9uyrbkg.dpuf
政府側科学者達の不審な言動(福島県内での小児甲状腺がん多発)
チェルノブイリ小児甲状腺がんは事故後初期は高年齢に多かった
福島甲状腺がん「自然発生」ではあり得ない
”医療ガバナンス学会MRIC”に投稿するも、即刻不受理となった『「早野氏論文」への公開質問状』
2016.03.26 Sat l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/460-103f8a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)