福島・見捨てられた甲状腺がん患者の怒り
女性自身 4月24日の記事で
福島医大とIAEAの協定がどのように影響しているのかが気になりますが、どなたか検証できませんか?
という質問をFBでみた。その疑問に答えるべく
IAEAの福島原発事故の放射線影響についての報告書を読むと
福島県甲状腺検査検討委員会発表と瓜二つであった。

まず放射線防護の国際的枠組み(国際原子力村)と日本政府の関係を見る。
安倍首相はオリンピックプレゼンで、
健康問題は今までも、現在も、将来も、全く問題ないと約束すると宣言し
福島原発事故後も原発再稼働・原発輸出を推進する日本政府は
国際原子力諸機関と密接な協力関係を保つ。
国際原子力村

福島第一原発事故 放射線の影響 by IAEA 2015.8月 の要旨は
★1 被曝によって起こる甲状腺がんの最低潜伏期間 4~5年 である。
★2 先行調査(事故後1-3年) で診断された甲状腺がんは被曝と無関係である。
  先行調査は被曝影響のない場合の甲状腺がん罹患率のベースラインを与える。
★3 本格検査(事故後4-5年) で診断された甲状腺がんも被ばくの影響ではない。
   事故後~6年までの甲状腺がんは★1から被曝影響ではない。
  (いかに多くの甲状腺がんが発生しても、被曝影響でないというのがIAEA見解)
  それ以後の甲状腺がん発生数から、先行・本格検査の甲状腺がん罹患率を
  減じたもの(ベースライン補正) が被ばくによる影響となる。
★4 先行検査・本格検査からは被曝影響のない時の甲状腺がん罹患率が得られる。

まとめは、福島県検討委員会のものと全く同じである。
☆1 高感度の超音波スクリーニング検査で無症候性甲状腺異常が検出されている。
☆2 被ばくによる甲状腺がんの潜伏期間は4年より長く、事故後4年では影響は出ない。
☆3 福島甲状腺がんは十代後半に多く、0-5歳の幼児からの発見はない。
☆4 福島県内での甲状腺がん罹患率の地域差は殆どない。
☆5 故に、福島県で見つかった甲状腺異常は放射線の影響とは考えにくい。

福島県は IAEA の下部機関? で取り上げたように、福島県とIAEAは正式に協力することを締結している。
福島県と国際原子力機関との間の協力に関する覚書の署名 が外務省のHPにある。
健康の分野における協力に関する福島県立医科大学と国際原子力機関との間の実施取決めの8. 情報の普及 において、
両当事者は他方の当事者によって秘密として指定された情報の秘密性を確保するとあり
IAEA、県(=国)にとって不都合なデータはいつでも秘密にできる事を謳っている。

以下、IAEA報告の原文と日本語訳を対応させて、重要点を解説する
-------------------------------------
THE FUKUSHIMA DAIICHI ACCIDENT
TECHNICAL VOLUME 4
RADIOLOGICAL CONSEQUENCES
Printed by the IAEA in Austria August 2015

4.4. HEALTH CONSEQUENCES
4.4.1. Previous international assessments
4.4.2. Post-accident health surveys in Japan
4.4.3. Evidence of observable health effects
4.4.4. Studies of effects on the thyroid
4.4.5. Inference of future risk
4.4.6. Non-radiation effects: Mental health
4.4.7. Summary
4.4.8. Observations and lessons
のうち、4.4.4. Studies of effects on the thyroid 甲状腺への影響を中心に見る

4.4.2.1. Public health: Fukushima Health Management Survey
Recognizing the public anxiety concerning the accident at the Fukushima Daiichi NPP, Fukushima Prefecture established a health monitoring and support programme — the FHMS — about three months after the accident. The primary purposes of the survey are: “to assess residents’ radiation dose, and to monitor residents’ health conditions, which result in disease prevention, early detection and early medical treatment, thereby to maintain and promote their future health”.
FHMS=福島県民健康調査の説明

4.4.4.1. Monitoring for thyroid health effects
The FHMS is introduced in Section 4.4.2. It was known that one of the major concerns for the exposed population was the possibility of long term effects of radiation on the thyroid. Consequently, the TUE Survey is an integral part of the FHMS and is directed at all inhabitants of Fukushima Prefecture who were aged between 0 and 18 years on 11 March 2011. Modern ultrasound equipment, such as that used in the TUE study, is able to detect thyroid carcinomas as small as a few millimetres in size, long before these may come to clinical attention (if ever, because some may remain asymptomatic during a whole lifetime). Thus, it is to be expected that more thyroid abnormalities will be identified through this screening procedure than would occur through normal clinical procedures — this screening effect is well known.
① このスクリーニング検査から、普通の臨床的所見からの診断より多くの甲状腺異常が見つかることが予想される。
  - スクリーニング効果-An ultrasound examination of children will continue to be carried out biennially until the participants reach the age of 20 years, and every five years thereafter. The protocol of the TUE (=甲状腺超音波検査) is carefully designed to establish a standardized examination procedure that is the most appropriate for the circumstances.
The first round of examinations started in October 2011 and was completed in March 2014.
② 先行調査(2011-2013)、本格調査(2014-15)の説明

Based on current knowledge about the minimum latency of 4 to 5 years for radiation related thyroid cancer,
③ 被曝によって起こる甲状腺がんの最低潜伏期間 4~5年 である。

cancers diagnosed at the initial TUE Survey, i.e. within three years of the Fukushima Daiichi accident, would not be expected to be radiation related; therefore, the initial survey will provide baseline data on the spectrum and frequency of thyroid abnormalities in children under the conditions of intense screening.
④ 先行調査で(-事故後3年以内に-) 診断された甲状腺がんは被曝と無関係である。
 従って、先行調査は被曝影響のない場合の甲状腺がん罹患率の基準値を与える。
 スクリーニング条件下の甲状腺がん罹患率のベースライン

As of 31 March 2015, 299 543 children, or 81.5% of the TUE targeted population, have received an
initial thyroid examination, and results are available for 299 233 children. ・・・・
A final diagnosis of papillary thyroid cancer (PTC) was confirmed in 95 children of 99 who underwent thyroid surgery.
⑤ 2015.3.31発表の先行検査結果と甲状腺乳頭癌の最終診断について

Because a number of patients are awaiting FNAB(fine needle aspiration biopsy=細胞診) or surgery (N = 13), an accurate estimate of the baseline thyroid cancer prevalence is not yet possible.
⑥ 2015.3.31発表の先行検査結果では、細胞診、手術が完了していないので、
  正確な”がん罹患率のベースライン推定”はまだできない。

The results of the second screening examination (the first screening of the full scale survey) are available. ・・・・
Because the full scale TUE survey has not been completed and a number of patients are awaiting FNAB or surgery (N = 10),
an accurate estimate of the baseline cancer prevalence is not yet possible.
⑦ 2015.3.31発表の本格検査結果について、検査が終了していないので
  正確な”がん罹患率のベースライン推定”はまだできない。

まとめ
The examinations use highly sensitive ultrasound sonography equipment for the screening of the thyroid gland, which has detected asymptomatic thyroid abnormalities (nodules, cysts and cancers) that would have gone undetected if asymptomatic children had been screened using standard equipment.
☆1 高感度の超音波超音波検査機器を使用したスクリーニング検査なので、
   普通の検査では見つからない無症候性甲状腺異常が検出されている。

The latency time for radiation induced thyroid cancer is also longer that the four years since the accident.
☆2 放射能起因性甲状腺がんの潜伏期間は4年より長く、事故後4年では影響は出ない。

In many cases, thyroid cancers were found in children in the late teenage years and no case was found in the most vulnerable group of children who were at the age of 0–5 years as of 11 March 2011.
☆3 多くの場合、甲状腺がんは事故時点で十代後半の子どもから発見されており、
  0-5歳の幼児からの発見はない。

The proportion of suspicious or malignant cases was almost the same among regions in Fukushima Prefecture in the first screening conducted in 2011–2013.
☆4 福島県内での甲状腺がん罹患率の地域差は殆どない。

These factors suggest that the thyroid abnormalities detected in the survey are unlikely to be associated with radiation exposure due to the accident.
☆5 これらの事実(☆1~☆4) から、
福島県で見つかった甲状腺異常は放射線の影響とは考えにくい。

2016.04.24 Sun l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/465-185130bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)