地震、原発止めず大丈夫? 川内停止要望、約5000件
2016年4月29日 朝日新聞より
私が署名した川内原発止めてくださいの署名は10万人を超えたはずです。
2016年4月30日 — 朝日新聞岐阜県版にネット配信されています
署名活動を始めて4日後には10万人が賛同し、26日までに12万2千人を超えた。21日に内閣府を訪れ、途中集計した9万8889人の署名と2万1350件のコメントを安倍晋三首相や林幹雄経済産業大臣、丸川珠代原子力防災担当大臣に宛てて提出した。東京新聞、週刊ダイアモンド、毎日新聞、TBSなどでも言及されています。

熊本県などでの地震が続くなか、九州電力川内原発(鹿児島県)は「安全性に問題ない」と運転を続けている。気象庁は今後も強い揺れに警戒するよう呼びかけているが、原子力規制委員会は運転に「お墨付き」を与える。活断層が動くことによる地震はわからないことが多い。想定外の事態が起きた時、原発は大丈夫なのか?
朝日の地図がよかった。
九州原発活断層

鹿児島県をカットして川内原発を隠した、国営NHKの震度地図と大違い!!
熊本自身地図NHK

原子力規制委員会の田中俊一委員長は「我々が納得できる科学的な根拠はない。現状はすべて想定内。今の川内原発で想定外の事故が起きるとは判断していない」と豪語する。

でも地図を見たら最大震度は益城町でM7.3.
一連の地震での最大加速度は1580ガル。
この地震が、活断層が集まる先の川内原発を襲う可能性は想定内ではありませんか? 
川内原発の想定される最大の揺れ(基準地震動)は620 ガル。

地震後、川内原発は IAEA が定める安全基準を満たせない状況。
IAEAは第5の防護層で、緊急時の避難計画を求めている。
地震で新幹線は不通になっていたし、高速道路網も寸断されている。事故が起きても、地震の最中に避難できないことが明らか。

それでも動かし続けるお墨付きを出す規制委員会。
安倍ヒットラーと田中アイヒマン。
2016.04.29 Fri l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/467-d10921fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)