福島原発事故で放出された放射性物質は、事故初期の発表で広島原爆の168倍
福島はチェルノブイリの~1.7倍のセシウムを放出 広島原爆~2034個分 で見るように、
米政府機関発表2014.5.月によると、放射性セシウム(Cs134+Cs137)の放出量は
  福島 30.1~181 Pbq : チェルノブイリ 105 PBq
  福島はチェルノブイリの 1/3~1.7倍
  広島型原爆(89兆Bq)の 338~2034倍の放射性物質が放出された。

原爆被爆者には被爆者手帳が交付される。
原爆被爆者手帳・原爆症認定基準と福島原発事故による被曝 を比較する。
原爆被爆者疫学調査とチェルノブイリ~福島 参照
☆厚労省の公式資料によると、爆心地より1km以内、被爆線量≧ 0.5ミリシーベルトで被曝者手帳がもらえ、医療費無料、
☆原爆被曝手帳保持者のうち、悪性腫瘍、白血病などが原爆症として積極的に認定されるのは、爆心地より約3.5km以内、累積被曝線量が≒1ミリシーベルト以上の者となっている。
★他方福島では、年20ミリシーベルト(5年で100mSv)になれば、避難者の賠償金が打ち切られ、住宅提供もなくなって、住民を帰還させる政策が進められている。人道上許されないことが日本で行われている。

 原爆被爆者と福島原発事故被ばく者比較 被ばく線量と医療費  
参考http://natureflow1.blog.fc2.com/blog-entry-289.html
原爆被爆者福島比較
原爆被爆者についてのデータは以下の厚労省HPのみより作成したもので、国が原爆被爆者と原発事故被曝者に二重基準を用いており、20ミリシーベルト帰還基準は人道に反することを示唆している。

1ミリシーベルト以上の被爆者に被爆者手帳が交付されていることと同様に、
福島原発事故被曝者に、被ばく者手帳を交付し、医療費無料と健康支援をすべきである。
チェルノブイリ法では年間1ミリシーベルト以上の地域で避難の権利が認められている。
20ミリシーベルト帰還基準撤回、住民に避難の権利を!!
2016.05.16 Mon l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/469-574a61eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)