「まず除染」大合唱の陰でホンネを言えなくなった“移住希望”村民 週刊プレニュースより

除染か避難か―。福島第一原発事故によって放射能汚染された市町村で住民同士の対立が起きているというニュースを見た。

除染が困難な強い汚染地域の人たちには、除染より、移住を経済的に支援することが緊急に必要!!
移住を望む人たち、特に若い世代と子どもたちに、移住の経済的保障を!!

何年かかっても故郷に帰りたい人たちももちろんいるだろうけれど、20年計画では待てない、子どもが大人になる、その時期を避難所で待つわけには行かない人が多いはず。


 除染費用は巨額だ。国が2012年度までに計上した除染費用は計1兆1400億円。除染対象地域を年間追加被曝線量1ミリシーベルト以上にすると、除染作業で出てくる汚染土も東京ドーム約45杯分です。この汚染土を長期保管する中間貯蔵施設の建設・維持費も含めると、除染費用はおそらく数十兆円に膨らむはずとの試算。

計画的避難区域に指定され、全住民が村外へと避難している福島県飯舘村の20代男性村民が悲鳴を上げる。

「村役場はもちろん、村の年配住民も『除染して村に戻ろう!』と言うのですが、僕ら若い世代の意見はちょっと違う。村外に移り住みたいという声も少なくないんです。だけど、『まずは除染』の大合唱の前に、それがなかなか言い出せない。避難という言葉も使うなと怒られる始末です」

9月28日に飯舘村が発表した除染計画によると、2年後までに宅地、5年後までに農地、そして、20年後までに森林を除染する。その概算費用総額は3224億円。飯舘村の人口は約6000人だから、ひとり当たり5000万円以上にもなる計算だ。前出の20代飯舘村民がポツリとこう漏らす。

「飯舘村の75%は森林です。ということは、村の4分の3のエリアは20年後まで除染ができないということ。年配の人はそれでもいいかもしれないけど、僕らはこれから結婚して子供もつくるんです。すべての除染が完了しないまま18年も住むなんて怖すぎる。それよりも、ひとりにつき5000万円もらって、ほかの土地でやり直したいというのが本音です。だけど、その本音が言えない。『おまえは村を愛していないのか! ふるさと再生に協力しないのか!』と叱られるから……」

福島市渡利地区などの除染を支援する神戸大大学院の山内知也教授が同情する。

「除染が終わっていないのに、20年近くも汚染された土地に住めというのはあまりに酷(こく)です。除染で故郷を再生したいという人々の気持ちはよく理解できますが、健康被害の危険性を考えれば、いっそ移住したいという若い人たちの言い分ももっともです。行政は除染だけでなく、避難や移住という選択肢も用意すべきでしょう」

その通り、若い世代、子どもたちを放射能の被害から守らなくては!!
2011.11.22 Tue l 放射能・除染 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/47-52e00647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)