福島原発事故発生当初から、米・仏は使用済み燃料プール、3・4号機の経過を憂慮していた。燃料が冷却不能で核爆発により放出される放射性物質が莫大で、米本土にも大きい影響を及ぼしかねないからである。実際

A. 福島原発3号機は核爆発して、チェルノブイリを越える地球規模の放射能汚染へ
以下、福島3号機爆発は、使用済燃料プールでの核爆発 より転載

【福島3号核爆発の証拠】
福島3号核爆発を、ただの水素爆発だったことにするよう、東電がテレビ会議で口裏を合わせている場面⇒ http://goo.gl/Jw9uue
 2011年3月14日午前11時01分の福島3号爆発は、設計ミスによる原子炉格納容器外の核爆発であり、使用済燃料プールでの核爆発です。
「福島3号核爆発の論拠集および証拠集」は、⇒ https://goo.gl/3pfXBF
(1)【映像証拠】仏独共同の国営放送局ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」 Part3/4⇒ http://www.dailymotion.com/video/x41nwqg
(2)【映像証拠】福島3号核爆発の新証拠、セシウムホットボール⇒ http://goo.gl/SHIrpw
 空中水蒸気が温度低下で凝縮し、表面張力で真球の水滴となり、虹ができると同様、核燃料が核爆発でガス化、プラズマ化して、爆発後は、断熱膨張で内部温度が下がり凝縮し、表面張力で真球のセシウムホットボールができたと考えるのが自然です。
(3)【映像証拠】福島3号核爆発の証拠集⇒ http://goo.gl/MlHXL1
-------転載終了

B. 福島原発事故の一週間後にまとめられたアメリカ政府の報告書が機密解除された  2015/12/11
: 4号機では使用済み核燃料の 100 %が大気中に放出された。2011/3/18 と報告
燃料プールが冷却できなくなったら、沸騰し、炎上し、爆発する=核爆発することは常識であった!!
心配すべきは、原子炉より多くの放射性物質を含む使用済み燃料プールだった。


Declassified U.S. Government Report Prepared a Week After Fukushima Accident: “100% of The Total Spent Fuel Was Released to the Atmosphere from Unit 4 Global Research 2015/12/11 より
Now, a declassified report written by the U.S. Nuclear Regulatory Commission on March 18, 2011 – one week after the tidal wave hit Fukushima – states:
 The source term provided to NARAC was: (1) 25% of the total fuel in unit 2 released to the atmosphere, (2) 50% of the total spent fuel from unit 3 was released to the atmosphere, and (3) 100% of the total spent fuel was released to the atmosphere from unit 4.
 機密解除された、NRC[米・原子力規制委員会]によって 2011/ 3/18 -津波が福島を襲った1週間後-に書かれた報告書の内容は … NARAC* に提供されたソース項目によれば
(1)2号機では全燃料の25%が大気中に放出された。
(2)3号機では使用済み燃料の50%が大気中に放出された。
(3)4号機では使用済み燃料の 100 %が大気中に放出された。


The fuel pools at Units 3 and 4 contained enormous amounts of radiation. For example, there was “more cesium in that [Unit 4] fuel pool than in all 800 nuclear bombs exploded above ground.”
使用済み燃料は莫大な放射性物質を含む。
4号機の場合、800発分以上の原爆のセシウムが含まれる。
福島第一原発4号機の使用済み燃料プールが崩壊するという危機から、福島原発地震発生前状態を見る。
福島原発地震発生前状態

比例計算で(1)2号機 原爆150発 (3)3号機 原爆147発 
合計原爆1100発分のセシウムが放出されたとみていた。

NARAC is the the U.S. National Atmospheric Release Advisory Center. NARAC “provides tools and services that map the probable spread of hazardous material accidentally or intentionally released into the atmosphere“.
*NARAC(国立大気放出諮問センター)は放射線や有害物質が大気放出された場合、有害物の広がりをマップする方法と支援を提供する機関。

We reported in 2011 that the International Atomic Energy Agency knew within weeks that Fukushima had melted down … but failed and refused to tell the public.
The same year, we reported in 2011 that the U.S. knew within days of the Fukushima accident that Fukushima had melted down … but failed to tell the public.
We noted in 2012:
 The fuel pools and rods at Fukushima appear to have “boiled”, caught fire and/or exploded soon after the earthquake knocked out power systems. See this, this, and this.
2016.06.06 Mon l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/472-04d95c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)