朝日新聞11月23日朝刊に”汚染大地から、チェルノブイリ原発事故25年”の記事を読んだ。
チェルノブイリのセシウム137の汚染地図(事故発生時、20年後、50年後の予測)と福島原発事故による汚染地図との比較できるので、とてもタイムリー!!

いま日本は除染大合唱で、まるで頑張れば放射能汚染を除けるような雰囲気
除いた汚染土壌の置き場所も決めないで ???
というクレージーな政治状況!!

チェルノブイリ事故から学ぶべきことがたくさんあるはず。

文科省によるセシウム汚染の帯、首都圏に 千葉・埼玉の汚染地図は以下の通り
セシウム137の蓄積量

チェルノブイリ原発事故によるベラルーシ共和国の放射能汚染地図ベラルーシ共和国の放射能汚染

黄色(5キュリー)→オレンジ→紫(40キュリー以上)と色が濃くなるごとに放射能が増える。
強制移住の対象となったのは55万ベクレル/平方㍍で、濃い紫の地域の点線内。

これは原発から30km~60km に及ぶ。ベラルーシ南部の立ち入り禁止区域には92の村、2万人余が暮らしていたが、強制移住させられ、高度汚染された13の村は、汚染を広げないため壊されて埋められたという。

この高度汚染地区は事故2年後保護区に指定され、今は野生生物がすむ。付近の村を除染した汚染土なども埋められている。「保護区のほとんどの場所で300年は人が住めない」と責任者クダンさんは漏らした。

この強制移住地域に対応する汚染地域は、福島原発の汚染地図の赤で示された地域(60万ベクレル/平方㍍以上)にほぼ一致する。原発から ~45km に及ぶ。これはチェルノブイリと大体同じ広がり。

強制移住地域外では部分的な除染が試みられた。学校や幼稚園の表土を除き、強制移住の保護区に運ばれた。居住区を取り囲む農地と広大な森林の除染は行われなかった。

300年は人が住めないというチェルノブイリ原発事故の保護区と同じ程度の高度汚染地域を、除染できると考え、そこに住めという日本の方針をこのまま認めてよいのか。多くの人々、若い世代、子どもたちが犠牲になる。

高度汚染地域の除染をストップさせよう!!、放射能の被害を受けない地域への移住の保障を!! 
2011.11.23 Wed l 放射能・除染 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/48-8a3f0a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)