原発とCO2地球温暖化説を考える 
FB私たちは原発で作った電気を買いませんより

C1: 地球温暖化はCO₂の影響以上に、原発が出す温排水の海への放出が海水温の上昇となり、海流の流れを変え、いろいろな自然災害を引き起こす大きな原因になっていると言われています。地球の2/3を占める海水温の上昇が、海の生態系も変えてしまい、食料事情まで影響を与えているのです。今地球には、30度以上の熱い海水が増えているようです。

C2: その通りですね。CO2温暖化説は全然信じないものですが、CO2削減合意は有限の化石燃料は節約すべきなので歓迎でもあります。しかし、CO2削減、だから原発という大嘘に騙されないように!!

C3: 地球温暖化二酸化炭素悪者説は、チェルノブイリ事故後の原発生き残りの為、頭の良い人が考えた冤罪だと思います。仮に
二酸化炭素が温室のガラスやビニールだとしても、
原発は温室の中の消せないヒーターです。


他の発電システムと違い、電力需要の増減に関わらず、一度臨界に達したら、停めるのは定期点検と燃料棒交換、そして事故の時だけです。しかも、そこに核燃料のある限り、冷やし続けなければ危険であるというのが、福一事故の教訓です。

日本列島は今や原発だらけで、地球温水器と化しています。
2016.09.06 Tue l CO2地球温暖化 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/487-24873f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)