ドイツ-再生エネ、原発上回る=総発電量の2割に
時事通信 12月17日

 ドイツのエネルギー・水道事業連盟は17日までに、今年の同国の総発電量に占める風力など再生可能エネルギーの割合が初めて原発を上回る見通しになったと発表した。
再生可能エネルギーが前年の16.4%から19.9%に拡大し、原発が22.4%から17.7%に低下する見込み。

TBS News 12月17日より 
2011年の発電量の内訳は原子力が18%にとどまるのに対し、再生可能エネルギーは20%を占めると予測している。
 このうち、風力は8%と去年より2ポイントも増え、他方17基の原発のうち、現在稼働しているのは9基で、原子力発電の割合は徐々に減っています。

 ドイツは2022年までの「脱原発」を決め、再生可能エネルギーへの転換を目指すとしていて、今後は、風力などで発電された電気を供給する送電線の整備などが課題となっている。

原発の安全性を高める動きのない地震国日本で、再生可能エネルギーの開発、発展に本格的に取り組まねば~~
研究開発にエネルギーを注がなければ、太陽電池も中国ドイツに遅れをとっている現状を打破できない。
2011.12.18 Sun l 脱原発・エネルギー政策 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/50-1a25cdf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)