疫学を理解するための資料集
1.岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集
2.岡山大学チーム原著論文に対する指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集その2
3.The following correspondence was sent on January 22, 2016, to authorities in Japan including
国際環境疫学会(ISEE)会長が甲状腺がんの多発の報告(津田論文)を踏まえ日本政府に要請。早期発見・早期治療のためのス
クリーニングをさらに進め、住民のために放射能健康影響のデータをしっかり示せと。世界的な放射線対策のためにも重要と。
4.国際環境疫学学会会長から津田敏秀氏への返信
(2015 年 5 月 6 日付)
5.国際環境疫学会の日本政府への書簡 甲状腺がん異常多発を国際的に再確認 科学的調査要求を、健診署名を
6.政府側科学者達の不審な言動(福島県内での小児甲状腺がん多発)


疫学は健康障害が生じた時、その原因を探るための方法論ではないでしょうか。原因が推定されたら、100%でなくても、その原因を取り除いて、あるいは原因から遠ざかって、人々の健康と命を守ることができます。福島の甲状腺がんは被ばくの影響とは考えにくいという検討委の発表は、降水確率のように、20%は被ばく影響、80%は関係ないというほどの意味で、被ばく影響を否定できないということだと思います。とにかく被ばく影響は認めたくないという、政府、IAEA,福島県の主観的願望を言っているにすぎない。被ばくを受けた住民の方達は、周囲を見ていれば、被ばく影響であるらしいかどうか直感的に分かると思います。それは正しいことが多いと思います。子どもの命を守らなければと思う人はそのために疫学的方法をつかって、検査結果を解析するでしょう。そこに登場するのが放射能安全村の人たち。その村の科学者たちは、疫学を因果関係を有意差がないとか言って、否定するツールとして使う。今疫学を勉強しましょうと言っているのは放射能安全を実証しようとするグループの方が圧倒的に多いです。上にリンクを書いておられるグループは、学生をそういう方向に誘い、研究させようとしています。私は福島の隠された汚染で被ばく影響があるのはチェルノブイリの経験からも自明のこと、犠牲者を増やさないために、甲状腺検査の結果から警告を読み取ることを成功させたいと思っています。
Rothmanの教科書から 、疫学の開拓者の一人である、John Snow についての記述をいかに示しました。津田論文を理解する上で、一読の価値があります。

John Snow (1813–1858) Esteemed for his meticulous research on cholera as well as his pioneering work in the use of anesthetic gases, John Snow is considered the founding father of both epidemiology and anesthesiology. His renown as an anesthetist stems from his study of anesthetic gases, the design of inhalers to control the flow of these gases, and the sensational administration of chloroform to Queen Victoria during delivery. His renown as an epidemiologist stems from his investigation of the London cholera epidemics in the mid–19th century and his famous persuasion of the Board of Guardians of Saint James’ Parish to remove the pump handle from the Broad Street pump in Golden Square, so as to contain the epidemic of cholera that raged there in the summer of 1854. The popularization of the dramatic vignette of the pump handle has Snow’s intervention stopping the epidemic cold. As I describe in Chapter 4, however, the epidemic was already waning when the pump handle was removed, and it is not clear that any cholera cases were prevented by its removal. On the other hand, it is possible that removal of the handle may have prevented a second outbreak. The likely index case of the outbreak was an infant who lived near the pump and whose mother soaked the soiled diapers of the infant in pails and dumped them into a cesspool near the pump. Later investigation showed that the brickwork around the pump was defective and water from the cesspool could enter the pump. The infant’s father developed cholera the day that the pump handle was removed and therefore might have ignited a second epidemic had the pump still been in operation. 11, 12 The real story was not so much the removal of the pump handle but Snow’s meticulous investigations that demonstrated the connection between consuming fouled water and risk of cholera. By 1854, Snow had already been pursuing for several years the theory that cholera was transmitted by ingestion of an agent that was spread through fecal contamination of drinking water. He brought many lines of inquiry to bear on his research. At the time, the germ theory was not accepted—most experts still believed that miasmas were the means for spreading communicable diseases. Farr, for example, believed in miasmas, despite his own analyses that showed that altitude in the London area was a strong determinant of cholera risk. Altitude could affect the flow of bad air, so Farr and others thought that the altitude data supported the miasma theory. But altitude is also related to the flow of water, with individuals living at lower altitudes much more likely to be drinking water containing the sewage of those at higher elevations. Snow noted that inhalation of bad air would make more sense if the cholera patient developed a respiratory disease, but he saw that clinically the disease begins as a gastrointestinal affliction. Snow marshaled a wide array of facts to make his case. For example, he noted that miners experienced a greater risk of cholera than those in any other occupation. Miners also spent long hours underground, with no access to privies, and carried food along that they ate with bare hands that they were unable to wash adequately. Although the incident with the Broad Street pump is iconic, Snow’s most important contribution to epidemiology was his groundbreaking work on the relation between water supply and cholera conducted in certain neighborhoods of London. The key study was one in which water pipes from two competing companies, one carrying clean water and the other water that was contaminated with London sewage, supplied the same neighborhood. Most residents did not even know which company supplied their apartment, because landlords typically contracted to provide water. This situation, elegantly described by Snow as being better than any experiment that could have been devised, became known as a natural experiment. It is described in greater detail in Chapters 4 and 5. Snow is celebrated today by epidemiologists even more for being a pioneer of epidemiologic study design than for his seminal work on the mode of cholera transmission.
自動翻訳
ジョンスノウ(1813-1858)のは、コレラに綿密な調査とのための評価と同様に麻酔ガスの使用についてのパイオニア的な業績で評価され、疫学と麻酔科学創建の父と考えられている。. 彼の麻酔科医としての名声はガスの勉強から茎, 吸入器のデザインはこれらのガスの流れを制御することとされ, クロロホルムの女王にセンセーショナルな管理配送中のヴィクトリア. 彼のレナウンとして疫学ロンドンコレラ疫病中期の19世紀とセントジェームズ教区の保護者会の有名な説得に彼の調査からポンプゴールデンスクエアのブロードストリートポンプからハンドルを削除するには茎 コレラ, 危険だからコレラのポンプのハンドルの劇的なヴィネットの普及の1854. の夏には, 流行を含めるように. 私の第4章で説明する雪の介入の風邪が流行を止め, しかし, ポンプハンドルが削除された流行は既に衰え, コレラの場合は, その除去を阻まれたのかは明らかではない. その一方で, そのハンドルの除去第二の発生を防ぐことができるかもしれません. 誰がポンプ, 母ルズでの幼児の汚れたオムツ浸しポンプの近くの巣窟に投げ込んだ. 近くに住んで, 流行のインデックスケース幼子であった. 後の調査を見せたが, ポンプの周りのbrickworkが不良品だった, 水の巣窟からポンプを入力します. 幼児の父がポンプのハンドルが削除されましたので, ちょっと流行のポンプはまだ操作に点火されたかもしれない日. 11, 12の本当の話だからポンプの除去処理はあまりなかったが 冷え冷え水やコレラのリスクがかかるとの接続が示した雪の綿密な調査コレラが発展した. 1854で, 雪はすでに数年コレラは飲料水の汚染糞便広まったエージェントの摂取によって伝えられたという説. 彼は研究に熊に照会の多くの行を追求してた. その時, 生殖理論を受け入れられなかった多くの専門家はまだ感染症伝染病を広めるための手段miasmas信仰. ファール, 例えばmiasmasを信じて, ロンドンの地域で高度を見せた彼自身の分析であったにも関わらず強い行列. 高度悪い空気の流れ, ファーなど高度のデータは瘴気を支えた. しかし, 高度も水の流れに関連する個人は, 低い高度はもっと水が高いもので高台の汚水を含む飲みやすいことで生活に影響を与えたと思った. 雪もしコレラ患者は呼吸器疾患が発展した悪い空気の吸入に意味があるのを使うには彼の先駆的な作品が, 彼の病気は臨床胃腸苦悩として始まります. 雪は彼の場合には, 事実の広い配列の幻想で. 例えば, 彼はそれを見た者は他の職業よりコレラの大きなリスクを経験した. 長い時間鉱夫も地下で過ごし, priviesにアクセスできないと, 彼らが素手で彼らが十分に洗うことができなかった食べ物を食べた沿いに運ばれました. なおブロードストリートポンプで象徴的な事件は, 水の供給やコレラとの関係はロンドンの特定の地域で行われに疫学に雪の最も重要な貢献をした彼の画期的な仕事だ. 鍵の研究で二つの競合会社から水パイプ, 清潔な水を運ぶと, ロンドン下水処理で汚染された水の他に, 同じ近所が与えられました. ほとんどの住民はその会社もアパート供給を知らなかった. なぜなら, 地主は通常の水を提供するためにかかった. この状況は, 雪で優雅に工夫がされているのに実験よりれるように, 自然の実験として知られるようになった. 今日はコレラ送信のモードに精の仕事をより疫学研究デザインも疫学のパイオニアのためにもっとで祝われるそれは第4章でより詳しくと5. 雪に記述されています.
2016.12.08 Thu l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/501-792fd0ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)