福島原発処理費、21.5兆円に倍増 経産省試算
福島原発処理費倍増 国・東電見通し甘く国民負担増懸念
経済産業省は9日、東京電力福島第1原発事故の処理費用が、従来の見込み(11兆円)の約2倍となる21・5兆円に膨らむとの試算を公表。追加費用を電気料金への上乗せや税金などで賄う方針を提言案に明記した。当初の見通しの甘さを露呈した形だが、東電の自力負担が前提の廃炉費などは今後も膨らむ可能性があり、国民負担はさらに増す恐れもある。
 21.5兆円は東電福島第1原発事故の廃炉、賠償、除染、中間貯蔵に必要な費用の試算。廃炉では「溶けて…
毎日新聞2016年12月9日

この国で原発のコストが高いことが歴史的に実証され,その事故のコストが国民・市民に遠慮なく付けまわしされる
2016.12.27 Tue l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/504-77616a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)