福島県立医大副学長・山下俊一氏は、原発事故以前の2009年に日本臨床内科医会で
チェルノブイリ原発事故の小児甲状腺がんについて

大人と異なり、小児甲状腺がんの約4割は、
小さい段階でみつけてもすでに局所にリンパ節転移がある

と指摘している。 
超音波検診で小さい甲状腺結節が発見された時、既に転移していることが多い 
速く進行する甲状腺がんであることを発表されていた。


福島県立医大の大平氏のMediccine誌掲載論文の誤りについては
Medicine誌に掲載 被爆影響否定の大平論文は誤り に書いた。

大平論文の中で、甲状腺がんの成長が遅い性質を、福島甲状腺がんの多発が被ばく影響でない理由の1つに挙げている。
Along with the slow-growing nature of thyroid cancer, these findings suggest that the prevalence of thyroid cancer in Fukushima has been influenced by factors, such as detection rate using ultrasonography, other than the effects of low dose radiation exposure, ・・・
また福島の甲状腺がんが多発がスクリーニング効果によっては説明できず、被ばく影響を考える必要ありとのEpidemiology{津田論文」への批判として、甲状腺がんの成長が遅い事をを無視している点を挙げている。
Recently, regional differences in the prevalence of thyroid cancer in Fukushima were reported using interim results of the FHMS (through December 2014). However, this study suffered from fundamental limitations: disregard of the slow-growing nature of thyroid cancer

しかし先行検査で高性能超音波スクリーニングですべて検出されたので、潜伏期間が長ければ続く本格検査で発見されないはずの甲状腺がんが、先行検査と同程度発見されている。
68例中62例が異常なしのA1.A2判定から先行検査と本格検査の間の2年間に、2年でがんに成長したと考えられる。


通常の甲状腺がんとは異なって進行が極めて早い。

しかも適応症例について 福島県立医大附属病院 甲状腺部長 鈴木眞一氏 によると、転移・甲状腺外浸潤が90%以上の深刻ながんであると報告されている。

果たして、チェルノブイルで甲状腺がんの超音波スクリーニングを行われた山下俊一氏、
現福島県立医大副学長のチェルノブイリ甲状腺がんについての上記の発表があった。↑㊤
2009年3月、日本臨床内科医会の特別講演は、日本臨床内科医会会誌に掲載されている。

またチェルノブイリ原発事故後の健康問題 において、山下氏はチェルノブイリの甲状腺がんについて解説されている。
福島甲状腺がんはチェルノブイリと酷似 山下俊一氏発表資料からを見てください。
福島甲状腺がんと瓜二つのそっくりさん!!

山下俊一氏 被ばくによる甲状腺がん関連リンク
甲状腺がんに関する 2009年の山下俊一氏の発言
山下俊一の311前の講演内容
日本臨床内科医会会誌 第23巻第5号2009年3月目次 放射線の光と影
福島の甲状腺がん、リンパ節転移が多数!チェルノブイリでも癌の転移が指摘!山下俊一氏
チェルノブイリ原発事故後の健康問題
甲状腺がんとその他の甲状腺疾患
抜粋し、重要な点に番号を付けると
 (チェルノブイリの20万人子供の大規模調査)で
 ①事故当時0~10歳の子供に、生涯続く甲状腺の発がん
 リスクがあることを疫学的に、国際的な協調のなかで
 証明することができました。


 一方、日本では思春期を超えた子供の甲状腺がんを
 まれにみるぐらいです。
 その頻度は、年間100万人に1人といわれています。
 これは欧米、日本、ほぼ変わりません。

 ②大人と異なり、小児甲状腺がんの約4割は、
 この小さい段階(超音波で甲状腺結節を見つけて、
 1センチ以下、数ミリの結節の事)でみつけても
 すでに局所のリンパ節に転移があります。

 ですから、手術の方法は
 きわめて慎重でなければなりません。

 ③事故後に生まれた子どもたちはまず
 甲状腺がんになっていません。

 <<放射性ヨウ素の半減期が8日と短いから、甲状腺への影響を受けていない>>

 放射線と健康影響を考えるときに、
 ④広島、長崎の外部被ばくの様式と異なり、この地域
 (チェルノブイリ)の一般住民には内部被ばくの放射線
 影響があること
を示唆しています。

 ⑤いったん被ばくをした子供たちは生涯続く甲状腺の
 発がんリスクをもつということも明らかになりました。

 (チェルノブイリの調査結果)

 現在チェルノブイリ周辺では
 約5000例の子供の甲状腺がんが手術をされましたが、
 私たちはそのうちの740例しかフォローできていません。

 ⑥これからもがんがおこりうるハイリスクグループの検診
 活動、早期発見と早期診断を続けて行く必要があると
 考えています。


 ⑦主として20歳未満の人たちで、過剰な放射線を被ばく
 すると、10~100mSvの間で発がんがおこりうるという
 リスクを否定できません。




2017.01.29 Sun l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/506-6efcc40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)