福島県甲状腺がん検査で、2次検査で経過観察になった、事故当時4歳の男児
甲状腺の2次検査で見逃し、後で手術してがんであったものは、
がんの記録には載せない!!

福島県は意図的に甲状腺がんの発見を減らしている!!
見逃して別途発見されたものは、がんの記録にのせない!!

検討委では「被曝(ひばく)の影響は考えにくい」として、理由の一つに、チェルノブイリ原発事故後にがんが多発した5歳以下で、ほとんど患者が見つかっていないことを挙げる。
だから事故当時4歳以下の子どもは、細胞診を受けさせないようにして
被曝影響を否定しようとしているのではないか!!

2次検査で陽性であったもののうち、細胞診を受ける割合が
2011年 64.3%
2015年  9.9%  と 6分の1以下に減少して、理由は報告されていない。

福島県立大学・放射線医学健康管理センター
Q: 二次検査で経過観察となり、保険診療を受けていた方が、経過観察中に甲状腺がんと診断されて手術を受けた場合、さかのぼって県民健康調査の「悪性ないし悪性疑い」の数に反映されたり、手術症例数に加えられたりするのですか。
A: ご質問のケースの場合、県民健康調査の「悪性ないし悪性疑い」数や手術症例数には反映されないことになっております。

細胞診割合が5年間で6分の1に=発見される癌が6分の1 に減らされている。
それ以後は保険診療に、県立医大は関知しない。
健康検査のがんの数には反映されない!!
甲状腺がんは発表されたものの6倍の可能性がある。


子ども基金に申込み認められたもののうち、福島県50人中5人(10%)が県の調査で見逃され、別の病院などの調査で見つかっている。

検討委には2次検査でがんの疑いが見つかったケースのみ報告される仕組みで、
男児は報告対象ではなかった。
福島原発事故当時4歳の男児、甲状腺がんと診断が記録に載らない
2017年3月31日 朝日新聞 より転載

 東京電力福島第一原発事故当時18歳以下だった約38万人を対象にした福島県の甲状腺検査で、経過観察となった事故当時4歳の男児(10)が昨年、甲状腺がんと診断されていたことが31日わかった。昨年6月の県の検討委員会の発表で事故当時5歳だった1人ががんと診断されており、5歳以下では2人目。

 甲状腺がん患者を支援する民間基金「3・11甲状腺がん子ども基金」が記者会見で明らかにした。男児は2014年に受けた甲状腺検査の2次検査で経過観察とされた後、福島県立医大で15年にがんの疑いがわかり、16年前半に甲状腺の摘出手術を受けてがんが確定したという。現在は通常の日常生活に戻っている。

 甲状腺検査では昨年末時点で全体で145人ががんと確定。検討委では「被曝(ひばく)の影響は考えにくい」として、理由の一つに、チェルノブイリ原発事故後にがんが多発した5歳以下で、ほとんど患者が見つかっていないことを挙げる。

 検討委には2次検査でがんの疑いが見つかったケースが報告される仕組みで、男児は報告対象ではなかった。県立医大は「一般の診療情報なので報告しなかった」と説明するが、同基金は「経過観察の結果がわからなくなり、報告に入らないのは問題だ。(被曝の影響は考えにくいとする)根拠が揺らいでいる」と指摘する。

 検討委の成井香苗委員(臨床心理士)は「事故影響を正しく判断できない」と指摘。複数の委員が「報告対象に加えるべきだ」と話す。県の県民健康調査の担当者は「こうした事例があることは把握している」とした上で「検討委でどのように扱うか議論があると思う」と話している。

関連リンク
福島県立大学・放射線医学健康管理センター
Q: 二次検査で経過観察となり、保険診療を受けていた方が、経過観察中に甲状腺がんと診断されて手術を受けた場合、さかのぼって県民健康調査の「悪性ないし悪性疑い」の数に反映されたり、手術症例数に加えられたりするのですか。
A: ご質問のケースの場合、県民健康調査の「悪性ないし悪性疑い」数や手術症例数には反映されないことになっております。以下に理由をご説明します。

被ばく影響を否定する「権威」による、事故当時0~5歳の発症なし「根拠」が瓦解

朝日新聞英語版より
Fukushima child’s case not found in Japan thyroid cancer records
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201703310047.html
Hisako Sakiyama, a medical doctor and representative of the 3.11 Fund for Children With Thyroid Cancer, speaks to reporters in Tokyo on March 31. (AP Photo)
Hisako Sakiyama, a medical doctor and representative of the 3.11 Fund for Children With Thyroid Cancer, speaks to reporters in Tokyo on March 31. (AP Photo)
A child diagnosed with thyroid cancer after the Fukushima nuclear accident is missing from government checkup records, an aid group said Friday, raising questions about the thoroughness and transparency of the screenings.

Japanese authorities have said that among the 184 confirmed and suspected cases of thyroid cancer in Fukushima, no one was under age 5 at the time of the 2011 meltdowns. They've said that suggests the cases are not related to nuclear-plant radiation, as many were after the 1986 Chernobyl disaster.

The 3.11 Fund for Children With Thyroid Cancer, however, said Friday that one child who was 4 when the meltdowns occurred has been diagnosed with thyroid cancer. That case is not listed in data from Fukushima Medical University, which is overseeing thyroid-cancer screening and surgeries and had treated the child.

Hisako Sakiyama, a medical doctor and representative of the 3.11 Fund, which gives aid to families of children diagnosed with thyroid cancer, said that any missing case is "a major problem," and raises the possibility that others may also be missing from the data.


The university has been carrying out ultrasound screenings of some 300,000 youngsters in Fukushima 18 and younger at the time of the nuclear accident. It has repeatedly said it stands behind its data but declined to comment on individual cases, citing privacy concerns.

Seisho Tanaka, a spokesman for the screenings, said those who may have had tested negative could have developed cancer afterward and sought medical treatment outside the screening process. He declined to comment further.

The officials have argued the Fukushima cases are popping up because of "a screening effect," meaning the meticulous testing uncovered cases that would not be known otherwise.

Sakiyama, who has sat on a legislative panel investigating the Fukushima nuclear disaster, said the screening system was flawed. The child, a boy now 10, and one of the fund's aid recipients, had surgery at Fukushima Medical University last year and is receiving treatment there, making it difficult to think the university could be unaware of the case, she added.

"It is very puzzling how they would not want to come forward with the case," she said, adding of the Fukushima cases and radiation: "There is no reason to outright deny the link."

The boy, who continues to receive treatment from the hospital, and his family have not spoken publicly.

Thyroid cancer is usually not fatal with proper treatment. It's extremely rare among children and young adults under normal conditions, but since young people are not typically screened for it, it can go undetected for years.

Of the thousands of thyroid cancer cases that surfaced after Chernobyl, in the Ukraine and Belarus, about half or about 15 percent, depending on the study, were those under age 5 at the time of the accident.

Keith Baverstock, professor at the University of Eastern Finland and an expert on health and radiation, thinks it's important Fukushima medical records be transparent.

Although it's still difficult to reach a conclusion on a link with radiation, studying the cancers and how they developed can shed light on the question, he said recently in a Skype call.
2017.04.02 Sun l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/516-ab13c7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)