核ごみ処分場 候補白紙、玄海は不適 政府調査
毎日新聞2017年7月15日

高レベル放射性廃棄物
 原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムなどを取り出した後に残る廃棄物。日本ではガラスと混ぜて固めた「ガラス固化体」にして地中施設に埋める。放射能が安全なレベルに下がるまでに約10万年かかる。世界で最終処分場が決まっているのはフィンランドとスウェーデンのみ。
世界で最も費用がかかり、使用期間も最長のこのオンカロ処分場は、フィンランド西岸のオルキルオト(Olkiluoto)島に建設される。複数のトンネルで構成するこの施設の名前は「オンカロ(Onkalo)」。フィンランド語で、洞窟という意味だ。放射性物質を環境絶対出さないという方針で、地下420mに保管する。

ところが日本政府は・・・・・・・・転載はじめ
 原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定で、地質学的な適否を推定するために政府が策定中の「科学的特性マップ」の概要が明らかになった。国土の7割以上が適地とされた一方、町長が処分場受け入れに前向きな姿勢を示した佐賀県玄海町は、地下に石炭が豊富で将来採掘の可能性が否定できないため「好ましくない」とされた。東京湾沿岸から千葉県中央部一帯も天然ガス田があるため適地から外れた。

経済価値のあるものが埋蔵されているから不適
何も埋葬されていない場所は、放射性廃棄物処分場に適する という判断!!

環境に放射性物質が漏れ出さない安定した地盤という観点はない!!
日本は早晩、世界の放射性廃棄物最終処分場になる。
何しろ史上最大の福島原発事故で、世界標準100ベクレル/kgの80倍、
8000ベクレル/kgの放射能汚染物質を再利用したり、一般ごみ出してたりできる
世界一の放射能汚染大国なのだから。
 by natureflow

 玄海町の岸本英雄町長は昨年4月の毎日新聞の取材に、同町が適地とされた場合は「町民説明会を開き、国と協議したい」と受け入れに前向きな姿勢を示した。しかし、町のほぼ全域が石炭埋蔵地とされ、適地から外れた。
高レベル放射性廃棄物処分場

核ゴミ処分
マップは日本地図を適性の度合いに応じて4種類に塗り分ける。火山から15キロ以内▽活断層付近▽鉱物資源が豊富--などに一つでも該当すれば、「好ましくない特性があると推定される」に区分され、適地から外れる。鉱物資源が「好ましくない」のは将来、地下資源が採掘された際、放射性廃棄物と知らずに掘り出されてしまうことが懸念されるため。玄海町には九州電力玄海原発があるが、政府関係者は「不適なのは処分場についてで、原発の安全性に問題はない」と説明する。

 このほか、核のごみの処分技術を研究する日本原子力研究開発機構の施設がある北海道幌延(ほろのべ)町の一部も、油田の存在を理由に適地から外れた。

 政府は近くマップを公表し、9月ごろから自治体向けの説明会を実施する方針。その後、数年かけて複数の候補地を選び、(1)文献調査(2年程度)(2)概要調査(4年程度)(3)精密調査(14年程度)--の3段階で建設場所を最終決定する。
自治体は、最初の文献調査を受け入れるだけで最大20億円の交付金を得られる。
2017.07.19 Wed l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/523-4cf0d5c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)