約2万年前の日本
入口紀男氏からFBで教えていただいた事
を記事で残しておく。

 現在日本には広島原爆約「100万発」分の放射性核燃料廃棄物があります。海洋投棄は「ロンドン条約」に違反。氷床投棄は「南極条約」に違反。宇宙投棄も技術的に困難です。
 政府は、ガラス状に固化して領土領海の地下に10万年以上埋める方針です。
 プルトニウム239は半減期2万4千年なので100万年間消滅しません。100万年前に伊豆半島はフィリピン海プレートに乗って日本に向かっていました。
 わずか「2万年前」に九州は本州・四国と地続き。瀬戸内海はありませんでした。北海道は樺太・大陸と陸続きでした。
 日本学術会議は「放射性廃棄物を地層に埋設する政策はいったん白紙に戻せ」と答申しています(2012年9月11日)。
 2万年前の日本列島
図はWikipedia「日本列島の旧石器時代」より転載。

(参考)↓ 広島原爆約100万発分。核廃棄物を増やしてならないことなど。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1874739639233484&set=a.466830063357789.109887.100000923990791&type=3&theater

安定した「地層」は確認できない 日本学術会議
 日本のこれまでの放射性核燃料廃棄物処分に関する政策は、2000年に制定された「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」に基づき「原子力発電環境整備機構」(NUMO)によって最終処分は地下300メートル以上の深さの地層に埋設するとして進められてきました。
 しかし、日本は火山活動が活発な地域であり、活断層の存在など地層の安定性には不安要素があります。何万年にもわたって安定した地層を確認するには、現在の科学的知識と技術的能力では限界があります(日本学術会議)。
 前記の地層に埋めるという政策をいったん白紙に戻して見直さなければなりません(日本学術会議)。
 また、原子力発電をめぐる大局的政策についての合意形成に十分取り組まないまま高レベル放射性廃棄物の最終処分地の選定という個別的課題について合意を求めるのは、手続き的に逆転しており適切でありません。さらに、交付金などの金銭的便益提供を中心的な政策手段とすることも適切でありません。
     (日本学術会議2012年9月11日答申より)
2017.08.29 Tue l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/529-4e3ea01e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)