「北朝鮮がもし核兵器を現在使用した場合」としてアメリカの北朝鮮分析サイト38ノースが予想を発表しています。
東京 死者150万 負傷者 650万 計800万人と推計している。
東京に原爆投下の死傷者数

A Hypothetical Nuclear Attack on Seoul and Tokyo: The Human Cost of War on the Korean Peninsula
「北朝鮮がもし核兵器を現在使用した場合」としてアメリカの北朝鮮分析

ソウルと東京が核攻撃を受けた場合 :朝鮮半島における戦争の人的被害
トランプ米大統領や米政府高官は、北朝鮮が核実験や弾道ミサイルを追加するのを防ぐために軍事力を使うと脅している。核兵器を使用するなど、北朝鮮による核兵器使用などの軍事的暴発のリスクが高まっている。

計算によれば、ソウルと東京に核爆撃があれば、現在推定されている北朝鮮の攻撃能力を考えると、210万人の死者と770万人の負傷者が出る可能性がある。

At various times over the past few weeks, US President Donald Trump and other members of his administration have threatened to use military force to prevent North Korea from conducting additional nuclear or ballistic missile tests. The US carrying out any military option raises a significant risk of military escalation by the North, including the use of nuclear weapons against South Korea and Japan. According to the calculations presented below, if the “unthinkable” happened, nuclear detonations over Seoul and Tokyo with North Korea’s current estimated weapon yields could result in as many as 2.1 million fatalities and 7.7 million injuries.


2011年以来、北朝鮮は弾道ミサイル試験を98回実施し、ミサイル能力の向上、積載量の増加、長距離化、信頼性の向上が図られた。同期間中、彼らは4回の地下核実験を行った[2] [3]。最も最近は9月3日。.2017年7月4日と7月28日に、北朝鮮は初めて大陸間弾道ミサイルICBM)発射を行い、米国のほとんどに到達することができる[4]。専門家の分析によれば、北朝鮮は弾道ミサイルに核弾頭に装備させる能力を有しており、約20〜25核弾頭(15〜25キロトン)を完成していると推定される[5]。 9月3日の核実験は、推定108〜250キロトンの収量を持つ熱核兵器である可能性が高い。[3]、北朝鮮の核兵器は最終的により大きな性能の熱核兵器で構成される可能性がある。

Since 2011, North Korea has conducted 98 ballistic missile tests, which have resulted in more capable missiles, larger payloads, longer ranges and presumably increased reliability. During the same period, they conducted four underground nuclear weapons tests [2] [3], the most recent on September 3. On July 4 and July 28, 2017, North Korea tested for the first time, an intercontinental-range ballistic missile (ICBM), capable of reaching most of the USA [4]. Expert analysis suggests that the North has the capability to arm ballistic missiles with nuclear warheads and has a baseline nuclear arsenal estimated at around 20 to 25 nuclear warheads with yields in the 15-25 kiloton range [5]. The September 3 nuclear test was likely a thermonuclear device with estimated yields between 108 and 250 kilotons [3], suggesting that North Korea’s nuclear arsenal could eventually be upgraded to consist of larger yield thermonuclear weapons.

北朝鮮政権の目標は、米国に対して実行可能な核抑止力を持つことによって、キム家支配の継続を確実にすることである[6]。しかし、北朝鮮の継続的なミサイル開発と核能力は、「挑発的で安全を脅かすもの」と認識され、アジアと米国の同盟国ー韓国と日本ーに重大な安全保障上の脅威を与えている[6]。国連、米国、韓国、日本、EUなどが北朝鮮に課した複数の制裁は、国際社会からの非難が増えたにもかかわらず、さらなるWMDの開発を阻止できていない[7]。伝統的に北朝鮮の最強の味方国・主要貿易相手国である中国も、北朝鮮の核兵器やミサイル開発の継続プログラムを批判し、北朝鮮との貿易を縮小た。[8]

The goal of the North Korean regime seems to be ensuring the continuation of the Kim family rule by having a viable nuclear deterrent capability against the United States [6]. However, North Korea’s continued missile development and nuclear capabilities are perceived as “provocative and destabilizing” and posing a significant security threat to US allies—South Korea and Japan—US assets in the Asian theatre and the US homeland [6]. Multiple sanctions imposed on North Korea by the United Nations, the United States, South Korea, Japan, and the European Union have not deterred the North from further WMD development [7], despite growing condemnation from the international community. Even China, traditionally North Korea’s staunchest ally and primary trading partner, has criticized North Korea’s continuing nuclear weapon and missile development programs, reduced some trade with North Korea, and has made it clear that if a conflict should break out on the Korean Peninsula that North Korea is “on its own.” [8]
2017.10.10 Tue l 戦争と平和 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/536-4edfb69a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)