FC2ブログ
東日本大震災でトモダチ作戦として支援活動した米空母ロナルドレーガン。
乗員ら4百人超が放射能による健康被害を受けたと訴訟中だ。死者計9人に…空母で何があった?
詳細
福島第一原発の事故。汚染されたのは東日本の陸上だけではなかった。実は、放射性物質の約8割は太平洋上に流れ込んでいたともいう。そして東北沖で"トモダチ作戦"として支援活動していたのが米空母ロナルドレーガン。当時、艦内では放射能アラームが鳴り響いていた。乗組員の兵士らは次々と放射能による健康被害を訴え死者は計9人に。そして米兵ら400人以上が訴訟を起こしている。空母で一体何があったのか?
NNNドキュメント 2017年10月8日 「放射能とトモダチ作戦」
9人も死んでしまった...
トモダチ作戦で頑張ってくれた若き米兵らが..
原発事故の放射能で被曝し健康を害したとして..
400人超が裁判を起こしている事を
あなたは知っていますか?

福島第一原発の事故。汚染されたのは東日本の陸上だけではなかった。実は、放射性物質の約8割は太平洋上に流れ込んでいたという。そして東北沖で"トモダチ作戦"として支援活動していたのが米空母ロナルドレーガン。当時、艦内では放射能アラームが鳴り響いていた。乗組員の兵士らは今、続々と放射能による健康被害を訴え死者は9人に。そして米兵ら400人以上が東電などを訴えている。空母で一体何があったのか?

https://youtu.be/4Lb9Cwf8DhE
「放射能とトモダチ作戦」 米空母ロナルドレーガンで何が?
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/ntv/4003/1102950/
#NNNドキュメント「放射能とトモダチ作戦」米空母ロナルドレーガンで何が?
「東日本大震災」の後、アメリカ軍は「トモダチ作戦」として支援していた空母「ロナルド・レーガン」では被爆者が続出した。そして、現在「東京電力」などを相手に米兵らが訴えている。セシリアさんは子供が産めない体になったなど被害が続出していた。「ロナルド・レーガン」では除染作業を行ったとダニエルさんらは話した。

番組では健康被害を抱える兵士達に話を聞くためにアメリカへと向かった。海軍兵士のリンゼイさんは21歳であるがもうすぐ死んでしまうのではと思い、訴訟に踏み切ったと話す。他にも水兵達がとても困難な状態になっているなど話す。そして、訴えているのは5世代先までカバーする医療基金の設立を求めている。原告団の中には既に死亡している兵士もいる。

空母「ロナルド・レーガン」の航海日誌では11日に福島沖にはついており、これに福島第一原発からの放射の漏れを動きを照らし合わせるとプルームに到達している。海軍兵士達が放射能について知ったのは艦長からの放送だったと話す。福島第一原発からは「ヨウ素」などおよそ31種類の放射能が放出された。レーガンはプルームを避けるため離れようとした。しかし、3月15日の夜に艦長から水の汚染が告知されたという。電力東日本大震災福島第一原子力発電所
内部被爆検査はパイロットには行われたが、船内の兵士には必要がないとされた。さらに被害を抑える安定ヨウ素剤に関しても船の兵士は受け取れなかったという。

被爆で起きたとする米兵たちの症状とは?
原告団長であるリンゼイさんは終始飛行看板にいた状態である。肘から先を出していた状態で触ると痛みを感じるようになったという。ダニエルさんは痛みはないが腕が体液でパンパンになったなど症状を訴えた。兵士たちが集まり症状を報告すると2~3は似たような症状であると話した。

今回集まってくれた兵士達の痛みなどの症状を一覧にまとめ、専門家の名取さんに話を聞くとこんなに明らかになる機会はこれまでなかったなど話す。ウィリアムさんは兵士の中には子供が欲しくても被爆した関係で遺伝子レベルで影響が出るのではと思い子供を持つのが怖いと思っている人など話す。

重すぎる運命を背負って
アメリカ海兵隊の「エセックス」の乗組員だったネイザンさんは1年半後に体重が急激に減るなど多くの症状が出た。給油艦「PECOS」で作業したセシリアさんは子供を産むことが出来ない体になったという。スティーブ・シモンズさんは症状はプルームに入って8ヶ月後だったという。そして、次々に症状が起き2014年余命宣告を受けた。兵士の中には症状が進む人達もいる中ようやく裁判が始まろうしている。

原告団400人超その裁判の行方は…
海軍兵士達が訴えている先は東京電力である。作戦を決行したアメリカ政府を訴えないのは軍の規則で任務中に発生した事に関しては訴えられないと定められているためである。そして、8月にようやく裁判が開始される。原告団側のボナー弁護士は全ての裁判で勝訴できると話した。


2017.10.12 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/539-4a88e003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)