FC2ブログ
北朝鮮危機は作られたものという感じもある中で、安部政権のトランプ大統領全面支持の圧力路線、軍事解決路線と、国民の軍事解決できるという能天気が共鳴している怖さ。

国際世論調査では
International Gallup poll: Diplomacy rather than war with North Korea
Diplomacy not bombs, negotiations not sanctions:
爆弾ではなく外交で、制裁ではなく交渉で、これが北朝鮮の危機に関する国際世論調査の結果だった。

ところが、日本では
回答者の約49%が北朝鮮に対する軍事行動を支持すると、14か国中最高であった。

北と国境を接する一番近くの国、韓国では、軍事行動を支持するのは34%であった。
有事になれば、核戦争の主戦場は韓国・日本となる。両国の世論の違いは、
① 安倍首相は「対話ではなく圧力を」と世界で突出してトランプの武力行使を含む全ての選択肢を支持している
② 韓国は圧力とともに外交による平和のサインを送っている
ことと関連しているのではないか?

北朝鮮国際世論調査


"The message to politicians, including those in America, is: Take more time to pursue diplomacy and find a peaceful solution to the crisis in North Korea," said Kancho Stoychev, chairman of the Zurich-based Gallup International Association (GIA), a global network of opinion polling institutions.
ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション(GIA)のストイチェフ会長は、
米国をはじめとする政治家へのメッセージは、
”外交により多くの時間をかけて、北朝鮮の危機に対する平和的解決策を見つけること”
であった。

In all, some 17,107 people from 14 countries — the USA and Russia among them — participated in the Gallup poll, which was carried out between September 20 and October 1. Chinese citizens, however, did not take part. Why? Stoychev says that pollsters are prohibited from conducting snap polls in China for political reasons.
米国、ロシアを含む14カ国がギャラップ調査に参加し、2017.9.20~10.1に行われた。政治的理由で中国の参加はなかった。

Fear of a nuclear catastrophe
The poll consisted of two questions: How likely do you think it is that North Korea will use nuclear weapons? And: Do you favor continued diplomatic efforts to find a solution, or do you think a military solution is necessary?
核破局への恐れ
今回の世論調査では、1.北朝鮮が核兵器を使う可能性はどれくらいあるだろうか?そして、2.あなたは解決策を見つけるために外交努力を継続することを賛成しますか、あるいは軍事的解決策が必要だと思いますか?

The result of the poll was clear: Despite sustained provocations from Pyongyang, the vast majority of those questioned were in favor of continued diplomatic negotiations (see chart). Johnny Heald, GIA's scientific director, is convinced that the unpredictable personality of North Korean leader Kim Jong-Un greatly influenced the result. "A military approach to dealing with a leader possessing nuclear warheads and who has tested long-range missiles seems far too risky to most people," said Heald.
世論調査の結果は明らかだった。平壌からの挑発的な挑発にもかかわらず、回答者の大多数は、継続的な外交交渉に賛成していた(図表参照)。GIAのヒールド氏は、北朝鮮の金正雲(キム・ジョンウン)の予測不能な人格が結果に大きな影響を与えたと確信している。 「核弾頭とICBMを持つ予測不能な性格の指導者への軍事的アプローチは、ほとんどの人にとってあまりにも危険なようだ」とヘルド氏は述べた。

Black box North Korea
Fear of Pyongyang is indeed deep-seated. In the USA, 46 percent of respondents said that they thought the use of nuclear weapons was likely. In Germany that number was 48 percent, and it was 51 percent in Pakistan. The greatest fear of nuclear war was registered in Vietnam, at 54 percent.
Tellingly, those who feared such a scenario least were North Korea's closest neighbors. Only 35 percent of South Korean respondents said they feared an attack, and only 23 percent of Russians voiced such concerns.
北朝鮮はブラックボックス
北朝鮮への恐怖は確かに深く根付いている。米国では、46%の回答者が、核兵器使用の可能性が高いと考えている。ドイツでは48%、パキスタンでは51%だった。最大はベトナムで54%であった。
核戦争への恐れの少なかったのは、実は、北朝鮮の最も近い隣人;韓国の回答者の35%だけが攻撃を恐れていると答え、わずか23%のロシア人が核戦争の懸念を表明したのみ。

Gallup director Stoychev said: "Russia could definitely be hit by a North Korean missile, but so far Pyongyang has shown no aggression toward Russia." He also offered an answer to the mystery of South Korean calm, explaining that the country has been living under threat of attack for decades and has simply gotten used to the situation.
ギャラップの責任者ストイチェフ氏は、「ロシアは北朝鮮のミサイルに攻撃を受ける可能性があるが、北朝鮮はロシアに対していかなる侵略的態度を見せていない」と述べた。また、韓国は何十年もの間攻撃の脅威のもとにあり、単に状況に慣れてきたという見解を示している。

Japan wants a tougher approach
In Japan, however, 45 percent of those polled thought that a North Korean nuclear attack was possible. "The Japanese people have been in a state of alarm since a medium-range missile flew over the country in September," says Stoychev.
That is also the reason that a large number of Japanese citizens support a military solution to the conflict (see chart). Some 49 percent of Japanese and Pakistani respondents say they support military action against North Korea.
日本はより厳しいアプローチを望んでいる
日本では、北朝鮮の核攻撃の可能性ありと思った人は45%だった。ギャラップ責任者は、「9月に中距離ミサイルが全国を飛行したため、日本国民は警戒状態にあった」と述べた。それはまた、多くの日本人が紛争に対する軍事的解決策を支持している理由でもあろう(図参照)。日本とパキスタンの回答者の約49%が北朝鮮に対する軍事行動を支持すると答えている。

北朝鮮近く米軍基地

Stoychev says he understands the sentiment, but adds that he does not think such a move would have much chance of success. Instead, he points to the tedious yet eventually successful nuclear deal that was completed with Iran in 2015.
"For me, the Iran nuclear deal is a good example. Negotiations with the international community took a long time, but in the end there was a deal. And ultimately, Iran ended it nuclear weapons program."
ストイチェフ氏は、この感情は理解できるが、このような考え方の動きには成功のチャンスがあるとは思わないと付け加えている。代わりに、彼は2015年にイランとの間に結ばれた、退屈ではあるが最終的に成功した核取引を指摘する。
「イランの核取引は良い例であり、国際社会との交渉には長い時間がかかったが、最終的には契約が結ばれ、イランは核兵器プログラムを終了した」
2017.10.20 Fri l 戦争と平和 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/541-4e81d66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)