FC2ブログ
戦争 科学者たちの罪と勇気 NHK 映像の世紀 第2集 1:26
原爆の父 ロバート・オッペンハイマー
自らを死神と言い切ったオッペンハイマーは
第二次大戦後、核開発の中心にいながら、水爆の開発に反対した。
そして公職から追放された。
危険人物としてFBIの監視下におかれ続けた。

原爆投下

日本への原爆投下の5年後、オッペンハイマーは次の言葉を残した。

科学は人間のあり方を
物質的にも、精神的にも変えてしまった。
人間はもう疑問を持つ余地も
決断する余地もない
進化し続ける知識によって
未来の科学が何を発見するのかは
誰にも予測することができない。

しかし 私たちが考え 議論し
問題と向かい続けられるなら
科学は決して 後退することもなく
そして私たちが科学に支配されることもないだろう。

オッペンハイマー


2017.11.28 Tue l 原爆・原発と科学者の社会的責任 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/548-f675393a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)