FC2ブログ
福島「放射性物質」土壌汚染調査 8割の学校で驚愕の数値が!

母親たちは、国や県の無責任体質や、「なかったこと」にしようとする社会的圧力の前に疲れ果てている。
片岡輝美さんは言う。
「会津は汚染が少ないと思われていますが、場所によって違います。会津若松市は、市長が早々に安全宣言を出したので除染すらされていない。以前、除染してほしいと市長にお願いをしたら、『観光客が戻りつつあるのに、今、除染したら元も子もなくなる』と却下されました」
Mothers are exhausted by the irresponsible constitution of the government and the prefecture and the social pressures that force to behave as if Fukushima accident never happened. "Don't worry, , everything is all right."
Terumi Kataoka says.
"Aizu area is believed to have little pollution, but it depends on the location iIn Aizu. In Wakamatsu City, the mayor has declared the safety declaration early, so the city is not decontaminate. When we asked the mayor to decontaminate, the proposal was rejected. answer was "Tourists are now returning to our city. if we decontaminate now, tourist will be lost!!"

さらに最近では、福島県内に設置されているモニタリングポストの撤去が進んでいる。
片岡さんらが、撤去のワケを市に問い合わせたら、「避難区域が解除になる地域に移設する」とのこと。市民が抗議したら、今年1月、住民説明会が開かれた。参加者が、「今後、廃炉作業中に何か起こったら、線量の異変をどうやって知るんだ?」と市の職員に詰め寄ると、職員は平然と、「不測の事態になるとは思いません」と答えたという。
結局、市に抗議した片岡さんらの地区のモニタリングポストだけは撤去されずにすんだが、市内の他のモニタリングポストは撤去されてしまった。
「モニタリングポストの値だって信用はできません。けど、私たちが放射線量を知る最低限の権利を奪われることになるんです。それに、いつの間にかなくしていって、私たちの意識から原発事故や汚染を消し去ろうとする、そのやり方が気に入らないんです」と、片岡さんは憤る。
More recently, monitoring posts installed in Fukushima Prefecture are gradually removal one by one.
Mr. Kataoka and others asked the city about the removal, "We will relocate thepost where the evacuation order will be released." When the citizen protested, a briefing session for residents was held. Participants asked the staff of the city as "Do you know how to detect dosage anomalies in the future if anything happens during the decommissioning work of reactors?" The officials said "I do not think there will be unforeseen circumstances."
After all, only monitoring posts of the districts of people who protested to the city were not removed, but other monitoring posts in the city have been removed.
"We can not trust the value of the monitoring post, but we will be deprived of the minimum right to know the radiation dose. I can not allow their way to erase nuclear accidents and pollution from our consciousness. "Mrs. Kataoka said with anger.
前出の澤田さん(福島市)は、長女が鼻血を出し始めたころ、心配になって園長に「園庭を測定させてほしい」と頼んだが、「公立の幼稚園だから教育委員会の許可なしではできない」と却下された。仕方なく、幼稚園周辺の空間線量を測定したところ、ホットスポットが見つかった。澤田さんは市に再除染を依頼したが、「除染した土を持って行く場所がない」と、無責任な対応をされた。「子供を守る気があるんでしょうか……。福島で子育てをするのは、ほんとうに疲れます」と、澤田さんは途方に暮れる。
When Ms. Sawada (Fukushima city), became worried when her eldest daughter began to have nosebleeds. She asked the grandmaster of daughter's Kindergarden "Please let me measure radiation dose of the garden." The answer was "Since it is a public kindergarten, I can not do itbecause there is no permission of the Board of Education. " Unfortunately, when we measured the air dose around kindergarten, a hot spot was detected. Ms. Sawada then asked the city to decontaminate, but the officer said "We cannot do it
because there is no place to take decontaminated soil. "The city dose not seem to protect children ... ... It is truly tiring forgrow up
children in Fukushima," Mr. Sawada said at a loss.

2017.12.14 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/562-d4d63226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)