福島原発事故のメルトダウン原子炉、1-3号機の中で2号機の調査が比較的進んでいる。今までの発表から現状を整理する。
① 2017.2月報道
①1.福島第一原発二号機が引き起こしかねない地球規模の大惨事の可能性
①2.530シーベルトの衝撃 福島2号機、見通せない廃炉 朝日新聞 2017年2月3日
①3.福島2号機 原子炉に穴 格納容器で最大線量  2017/2/2 日経
①4.福島原発2号機「1分弱で死亡」の毎時530シーベルト 毎日 2018/2/2
①5.2号機格納容器推定650シーベルト・過去最高 読売 2017/02/10
①6.福島2号機、格納容器内650シーベルト? 作業中断  日経 2017/2/10
①7.福島2号機650シーベルト観測 除去作業を中断 毎日新聞2017年2月9日

② 2017.7月報道
②1.東電 2号機 格納容器の放射線量を大幅訂正 7月28日 NHK
②2.<福島第1.2号機>内部の最大線量毎時80シーベルトと訂正  河北新報

③ 2018.2月報道
③1.福島2号機格納容器内で最大8シーベルトの強い放射線測定 2018.2.1 NHK
③2.炉心直下は毎時8シーベルト 福島第1原発2号機 2018.2.1 東京新聞

① 2017.2月報道
①1.福島第一原発二号機が引き起こしかねない地球規模の大惨事の可能性
太平洋と米国への影響や如何?
February 12, 2017Japanese, Translations (翻訳:神学博士 川上直哉)
京大・大学院教授 竹本修三
2016年7月28日、東京電力(TEPCO)は、ミュオン宇宙線の透過を利用して、福島第一原子力発電所第二号機原子炉の画像を公開した。圧力容器の下部に180トンから210トン相当の物質の影が映っていた。TEPCOの出した結論は以下のとおりである。「二号機の核燃料は、そのほとんどが、圧力容器の中に残されていると推定される。・・・・
・・・・・しかしこの推定は最近覆された。燃料は図のようにた、圧力容器から格納容器へメルトスルーしていることがロボットカメラによって撮影された。
F12号炉メルトスルー図

①2.530シーベルトの衝撃 福島2号機、見通せない廃炉
朝日新聞 2017年2月3日
 炉心溶融事故を起こした東京電力福島第一原発2号機は、原子炉圧力容器の外側でも毎時530シーベルトという高い放射線量だった。人が近づくと死に至る強さで、調査用ロボットを入れる予定だった場所は高熱で穴が開いていた。想像を超える高い放射線量とひどい損傷で、廃炉作業の困難さが改めて浮かび上がった。
 2号機の内部では1月30日、溶け落ちた核燃料の可能性がある黒い塊が撮影された。東電がこの画像を調べた結果、内部の様子が明らかになってきた。
 原子炉圧力容器の底部には制御棒の駆動装置などの機器やケーブルが見える。機器や足場には、燃料や部品などが溶けて混じり合ったとみられる黒っぽい物質がこびりつき、水がしたたり落ちていた。
 東電によると、毎時530シーベルトという放射線量は運転中の原子炉圧力容器内と同程度の放射線量にあたるという。これまでは事故後の2012年、2号機の格納容器内で毎時73シーベルトが観測されたのが最高だった。
 専門家が注目するのは、530シーベルトという値が、原子炉圧力容器を支える円筒状のコンクリートの外側で推定された点だ。溶け落ちた燃料が原子炉圧力容器の直下だけでなく、広範囲に広がっているのではないかと危惧する。
 米スリーマイル島原発事故の解析をした、社会技術システム安全研究所の田辺文也所長は「溶けた燃料が原子炉圧力容器から落ち、大量に外に出ている可能性がある」と話す。
 東電は廃炉にかかる期間を30~40年とし、溶け落ちた燃料の取り出しを21年に始めるとしてきた。燃料の取り出し方法もまだ決まっていない。田辺さんは「溶けた燃料がどこにどれだけ、どんな形であるかも分からない。ロボット調査も見直す必要がある。廃炉の作業はさらに時間がかかる」と話す。(香取啓介、佐々木英輔)
福一2号機530Sv

①3.福島2号機 原子炉に穴 格納容器で最大線量
2017/2/2 日経
 東京電力は2日、福島第1原子力発電所2号機内のカメラ調査で、原子炉の下に推定毎時530シーベルトの極めて高い放射線量の場所があることがわかったと発表した。また原子炉の下にある作業用足場の金属格子に1メートル四方の大きな穴が開いていることも明らかにした。原子炉内の核燃料が溶け、格納容器の中に落下したのはほぼ確実だ。原子炉直下の足場となる格子に1メートル四方の穴が開いていた(東京電力提供)
 東電は1月下旬、2号機の原子炉(圧力容器)の下にカメラを入れ、内部の様子を撮影した。画像には放射線の影響で乱れが生じており、そこから撮影場所の放射線量を見積もった。
 毎時530シーベルトの放射線は、人間が1分足らず浴びれば確実に死亡する高線量。これまで2号機で測定された最大の放射線量である毎時73シーベルトを大きく上回った。

①4.毎日
格納容器内の映像解析で推定 1メートル四方の大きい穴も
 東京電力は2日、福島第1原発2号機の格納容器内部で撮影した映像を解析した結果、グレーチング(金属製の格子状足場)に穴が2カ所見つかり、内部の放射線量は最大毎時530シーベルト(推定)だったと発表した。第1原発事故で観測された線量としては最大。

①5.読売
 東京電力は9日、福島第一原子力発電所2号機の原子炉格納容器内で、毎時650シーベルト(速報値)の高い放射線量が推定される場所が見つかったと発表した。
 カメラの映像のノイズから分析した。1月末の映像から推定した530シーベルトを上回り、過去最高の線量を更新した。東電は今後の調査方法を慎重に検討する。
 毎時650シーベルトは、人間が30秒ほどの被曝ひばくで死亡する恐れがある線量で、炉心溶融(メルトダウン)で原子炉圧力容器から落下した核燃料が関係していると考えられる。推定値には上下30%程度の誤差があるという。
 この日は溶融燃料の調査に向けた準備として、掃除用のロボットを格納容器内に投入した。しかし、累積で1000シーベルトの放射線被曝に耐えられる設計のカメラの映像が暗くなってきたことなどから、約2時間で作業を中止した。
2号機読売650

①6.日経
 東京電力は9日、福島第1原発2号機の格納容器内部に堆積物除去ロボットを投入したところ、強い放射線の影響で作業を中断したと発表した。作業途中でカメラが故障した。画像の解析から一部で空間線量が毎時650シーベルトと推定される場所があり、カメラが耐えきれなかったとみている。
 堆積物は厚さが最大で2センチメートルほど積もっている。溶け落ちた核燃料の広がりを調査するサソリ型ロボットの邪魔になるため、高圧の水で除去する計画だったが、一部を除去したところで作業を中断した。しかしサソリ型ロボットの調査を邪魔する大きな障害物はないという。東電は2月中としている投入時期について「今のところ、大きく変えない」と説明している。
 作業は午前5時ごろに始めたが、ロボットに取りつけたカメラの画像が暗くなり、予定よりも約3時間早い午前9時ごろに打ち切った。東電は「放射線の影響が大きい」と説明した。
 放射線による画像の乱れから線量を推定したところ、毎時650シーベルトの場所があった。2日のカメラ調査で推定した毎時530シーベルトを上回った。炉心から溶け落ちた核燃料によって高い線量になっている公算が大きい。カメラは累積で1000シーベルトまで耐えられる設計になっている。

①7.毎日新聞
 東京電力は9日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部調査に向け、自走式の「掃除ロボット」による堆積(たいせき)物の除去作業を再開した。搭載したカメラ画像を分析した結果、格納容器内の空間線量は毎時650シーベルト(推定)だったと発表した。先月に観測した毎時530シーベルト(同)を上回り、過去最高を更新した。

② 2017.7月報道
②1.東電 2号機 格納容器の放射線量を大幅訂正
7月28日 NHK
福島第一原子力発電所2号機でことし1月から2月にかけて行われた調査で東京電力は、格納容器の内部で1時間あたり最大でおよそ650シーベルトと極めて高い放射線量が推定されると公表していましたが27日夜、計測する設定が誤っていたとして最大でおよそ80シーベルトだったと訂正しました。
東京電力は福島第一原発2号機でことし1月から2月にかけて、ロボットなどで格納容器の内部の調査を行い、映像の撮影や放射線量を測定しました。
このうち、金属製のレールの上などで撮影した映像の4か所で放射線による画像の乱れを分析し1時間あたり最大でおよそ650シーベルトと極めて高い放射線量が推定されると公表していました。しかし、4年前に測定した放射線量の推定値と比べて高かったことから、評価方法などを調べたところ、映像の乱れを計測する設定が誤っていたとして昨夜、1時間あたり最大でおよそ80シーベルトだったと訂正しました。また、同じレールの上でロボットが線量計で計測した値も1時間あたりおよそ210シーベルトと公表していましたが4つの線量計のうち1つが高い値を示す傾向があったことがわかり評価し直したところおよそ70シーベルトだったと訂正しました。ただ、1時間当たり70シーベルトから80シーベルトも極めて高い放射線量で10分足らずとどまると死に至るレベルとされています。東京電力廃炉推進カンパニーの増田尚宏代表は「格納容器の内部なので外部の環境に影響を与えるものではないが、放射線量のような関心の高いデータはしっかり伝える必要があり訂正することになって大変申し訳ない」と陳謝しました。

②2.<福島第1.2号機>内部の最大線量毎時80シーベルトと訂正 機器の設定誤る 河北新報
 東京電力は27日、今年1~2月に実施した福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部調査で、最大毎時約650シーベルトと推定した格納容器内の空間線量が実際は推定約80シーベルトだったと発表した。カメラの画像のノイズを基に線量を推定する際の設定を誤ったという。
 東電によると、放射線によるノイズかどうかを判定する設定値を準備作業でいったん下げたまま、元に戻さず調査を開始。そのため、放射線ノイズの計測数が過大になったという。
 2号機の内部調査は、先端にカメラが付いたパイプや自走式ロボットで実施。圧力容器を支える台座から4メートル離れた地点で毎時650シーベルトの極めて高い線量が推定されたと発表していた。
 東電福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者は「データが取れた時点ですぐに発表するという点を重視し、チェックが甘かった」と話した。

②3.2号機 炉内の線量測定値を下方修正 原因は校正ミス 東京新聞 2017年08月02日
東京電力は、2月に実施した福島第一原発2号機の原子炉格納容器内の調査で、最大値と公表した放射線量は、毎時650シーベルトではなく80シーベルトだったと下方修正した。
 線量は、調査に使ったカメラ画像のノイズを数えることで推定。明るいノイズだけを数えるべきだったのに、誤って暗いノイズも数える設定にしていたため、過大評価になってしまったという。

②4.東電 2号機 格納容器の放射線量を大幅訂正  ★阿修羅♪
東電は2017/2月に、格納容器内で最大毎時650シーベルトと推定されると発表しました。
これに関して、おしどりマコさんが数年前の線量より大幅に上昇していると矛盾を指摘。
私も数百シーベルトは高すぎると即座に疑問を呈しました。

やはりこれらの推定値はデタラメだったことを東電は認めました。間違いではなく、東電は故意に高い推定値をでっち上げて発表した可能性があります。格納容器内の線量が非常に高ければ、溶融燃料は格納容器内にあるとの印象を与えることができるからです。最初に大嘘をついて、あとからこっそり訂正する。しかし毎時数百シーベルトというウソはそのままめぐり回る。悪質な印象操作、誤認誘導と見てよいでしょう。
  実際は格納容器内に残っているのはカスだけで線量は高々数十シーベルト、数百、数千シーベルトの猛烈な放射線を発する溶融燃料は格納容器の底を貫通して地下深く沈降しているのは間違いありません。

③ 2018.2月報道
③1.福島2号機格納容器内で最大8シーベルトの強い放射線測定
2月1日NHK
③2.炉心直下は毎時8シーベルト 福島第1原発2号機
2018年2月1日 東京新聞


③3.炉心直下は毎時8シーベルト 福島第1原発2号機
2018年2月1日 東京新聞
 経済産業省資源エネルギー庁は1日、東京電力福島第1原発2号機の原子炉格納容器で先月19日に実施した内部調査の測定結果を公表し、原子炉圧力容器直下の空間放射線量が毎時7~8シーベルトで、温度は21度だったと明らかにした。
 人が1時間程度とどまれば確実に死に至る極めて高い線量。昨年1、2月の前回調査に続き、溶融核燃料(デブリ)の取り出し作業はこの過酷な環境に耐える遠隔操作装置で進める必要があることが確認された。
 また、前回調査で毎時70シーベルトが観測された、圧力容器を支える土台の外側は今回の測定では毎時15~42シーベルトだった。

③4.福島2号機格納容器内で最大8シーベルトの強い放射線測定
2月1日NHK
福島第一原子力発電所2号機で先月行われた格納容器の内部の調査で、東京電力は原子炉の真下で最大で1時間当たり8シーベルトの放射線が測定されたことを明らかにしました。
格納容器の内部は事故から7年ほどたっても極めて強い放射線が出続けていて、廃炉の難しさを示しています。

福島第一原発2号機では先月、格納容器の内部の撮影とともに放射線などの測定も行われ、東京電力は1日、その結果を公表しました。

それによりますと、原子炉の真下にある事故で溶け落ちた核燃料が構造物と混じり合った「燃料デブリ」と見られる堆積物の近くで、最大で1時間あたり8シーベルトの放射線が測定されました。
この値は人が近くにとどまると1時間ほどで死に至るレベルの被ばくをするとされ、事故から7年ほどたっても格納容器の内部は極めて強い放射線が出続けていて廃炉の難しさを示しています。

一方、格納容器の内部の原子炉を支える土台の外側では、計測器にカバーがかかった状態で測ったため、参考値ながら42シーベルトの放射線が測定されています。
燃料デブリの近くの放射線の値の方が小さいことについて東京電力は、はっきりとしたことはわからないとしたうえで、すでに放射性物質が放出されていることや、デブリを冷やし続けている水が放射性物質を洗い流していることなどが考えられると説明しています。
東京電力廃炉推進カンパニーの増田尚宏代表は「格納容器の内部の線量は高く、人が入れるような場所ではないが、今回の調査を踏まえて技術開発を進め、うまく取り出せるよう検討しいきたい」と話しています。

福島第1の2号機、原子炉外側で最大毎時42シーベルト
2018/2/1 日経
 東京電力は1日、福島第1原子力発電所③5.号機の格納容器内部で1月に実施した調査の測定結果を発表した。放射線量は原子炉を支える土台の外側で毎時最大42シーベルト、原子炉直下では同8シーベルトだった。いずれも人がとどまれば短時間で死に至るレベル。溶け落ちた核燃料の取り出しでは、高い線量に耐える遠隔操作装置などを用いる必要があると改めて確認された。
 1月19日の調査では釣りざお状の装置を使い原子炉の真下などを撮影した。パイプの先端からケーブルを垂らしカメラや放射線計などで調べた。格納容器の底付近で核燃料を束ねる部品の一部や溶けた核燃料とみられる堆積物が見つかった。
 東電は1日の記者会見で、燃料が溶け落ちる際にセシウムなどの放射性物質が格納容器内に広く飛び散ったと説明した。原子炉の真下では冷却のために注いでいる水で放射性物質が洗い流され、線量が低くなった可能性があるという。毎時42シーベルトを観測した原子炉の外側ではパイプの内部から測ったため、実際はさらに線量が高いとみられる。
 東電が2017年1~2月に実施した前回の内部調査では、最大線量の推定値は毎時約80シーベルトだった。11年3月の福島第1原発事故では、1~3号機で炉心溶融(メルトダウン)が起きた。核燃料が構造物などを巻き込みながら溶け落ちたと推定されている。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=589308044745579&id=100009991655041&pnref=story
2018.02.11 Sun l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/574-2bea6000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)