原発事故から1周年の3.11が近づいてきた。原発54基中2月現在で運転しているのは2基のみ、52基は停止している。再稼動が話題になる中、原発事故の反省に立ってより安全になったのだろうか?

2012.2.22朝日新聞 によると、原発事故を受けて、国が全国の原発に求めた中長期の地震津波対策のうち、防波堤と水素爆発対策の整備がほとんど進んでいないことがわかった。

全国の原発の中長期安全対策

この表をじっくり見ると、ほとんど安全になっていないということが見えてくる。
1.防潮堤は実施中9ヶ所、3ヶ所は未着手、実施せず、未定が5ヶ所、完了はゼロ
2.水素爆発対策で建屋から水素を逃がすベント装置など、計画している15ヶ所のうち着手したのは4ヶ所のみ。未定、実施せずが2ヶ所。
3.福島事故で直接原因となった原子炉冷却用の非常用発電機の整備についてすら
  完了したのは7ヶ所、5ヶ所は新年度中に完了予定、5原発では未定

再稼動要請に対して、自治体の長は、
1.事故後の新たな安全基準による安全性の確保ができていない
2.これからのエネルギー政策と原発の必要性への基本方針が定まっていない
ことなどで認められないという意思表示がされているが、住民の安全を守る責任者の立場からいって当然と思う。

3.11から1年を経て、想定内の地震・津波災害に対して
安全性を備えた原発は、1基もない!!
2012.02.26 Sun l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/60-dde171b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)