FC2ブログ
南相馬市立総合病院の事務課が作成した「南相馬市立総合病院患者数推移」が公表された。
http://m-soma-hsp.com/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/20181212/ 2018.12.12
「医事会計情報は、当院において診療を終了していない方と診療を新たに開始した方を年度毎に集計した概ね累積の数値です」により、「南相馬市立総合病院患者数」が毎年積算された患者数であることを考慮して解析をおこなった結果
脳卒中、肺炎、大腸癌、肺癌、急性心筋梗塞、成人白血病
2011年~16年にかけて3~11倍に増加している


表1.南相馬市立総合病院患者数 クリックすると拡大されます
南相馬患者数

1.南相馬市立総合病院新規患者数推移
★各年度の新規患者数≒各年度の患者数ー前年度の患者数(表1) で求めた新規患者数
  (死亡、転院、完治等による転記分はさらに新規患者数に加算される)
南相馬新規患者数

患者数の多い順から、脳卒中、肺炎、大腸がん、肺がん、急性心筋梗塞、成人白血病(全)といずれも原発事故の2011年~16年にかけて増加している。
南相馬新規患者数推移

2.南相馬市立総合病院新規患者数比の推移
平成23年度に対する新規患者数比=各年度新規患者数/H23年度の新規患者数 は
急性心筋梗塞11.3倍、肺がん9.5倍、肺炎4.7倍、脳卒中4.1倍、大腸がん3.1倍、成人白血病2.8倍と患者数が事故後飛躍的に増大している。
南相馬新規患者数比

3.増加の少ない疾病の新規患者数比と外来患者数比の推移
すべての病気の患者数が3.11以後大きく増えているわけではない。胃がん2.4倍、肝臓がん2.3倍、成人甲状腺がん0.7倍で、南相馬市立総合病院外来患者数の増加率1.8倍と同程度である。成人甲状腺がんの比率は減少しているが、新規患者数平均が3.3人と低いため、他の専門病院に振り分けらている可能性がある。
新規患者数比と外来患者数比
参考リンク
南相馬市立総合病院事務課が公表した患者統計と
それについての病院事務課のコメントについて 渡辺悦司氏ー
https://www.gowest-comewest.net/site/wp-content/uploads/2018/12/minamisouma20181212.pdf
再解析の経緯について→続きを読むへ
再解析の経緯について

南相馬の患者データ〜裁判で証拠提出へ[1] によると”被曝影響との関係が強いとされる甲状腺がんは、2010年には1人だったが2017年には29人に増加。また骨髄性白血病は、2010年の3人から、2017年には28人へと増加している。”とされている。
福島県在住の小・中学生らが、年間1ミリシーベルトを下回る地域での教育を求めて、福島県や福島市などの市町村を訴えている裁判(通称、子ども脱被曝裁判)で、原告側弁護団が被曝影響を示す証拠として、南相馬市立総合病院の患者数データを提出することがわかった。16日に開かれる第16回目の口頭弁論で福島地裁に提出する。

「2,3」 によると、各疾患数として抽出された数字の意味について、ある年度に診療を開始したら、次年度以降診療を受けなくてもカウントされる。したがって患者数はその年度の患者数ではなく、毎年積算された患者数に近い、との異議が福島県広野町会議員阿部憲一氏より出された。年度ごとの新規の患者数を正確に知るには、転記(= 死亡、転院、完治等)を確認する必要があり、現状の医事会計システムでは求めがたいとのことである。

子ども脱被曝裁判で、原告側弁護団が被曝影響を示す証拠として、南相馬市立総合病院の患者数データを第16回目の口頭弁論で福島地裁に提出されたとのこと、解釈の誤りがあれば訂正すべきと考える。

参考リンク
[1] 南相馬の患者データ〜裁判で証拠提出へ
[2] https://www.facebook.com/abe.ken.0608/posts/1906435872809596
[3] https://www.facebook.com/abe.ken.0608/posts/1908747329245117
[4] https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=845357595672998&id=100005962957611
2018.11.10 Sat l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/601-7ade37f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)