低線量放射能はどの程度まで大丈夫なのだろう。注意深く見ていく必要がある。

福島で放射能の影響調査がアメリカの大学の研究グループによって行われる。
2月4日NHKワールドニュースより

福島原発事故による放射能被爆の野生生物や植物への影響を、福島県および他地域で長期にわたって調べていく。
①サウスカロライナ大学Mousseau教授のチームは、13年にわたってチェルノブイリ事故の影響を調べてきた。

②調査から分かったことは、
毎時1~3マイクロシーベルト(年間8~24ミリシーベルト)の地域でも
鳥や虫の数が減少、奇形の発生 が見られた。


③福島原発事故影響の長期に渡る研究は、低線量放射線被爆の野生生物への影響を明らかにするだろう。

④鳥のような野生動物の世代交代は人間より速いので、
人の遺伝子への影響についての手がかりが得られるだろうと教授は期待する。

A US research team will conduct a long-term study on the impact of radiation exposure on wild animals and plants around the Fukushima Daiichi nuclear power plant.The team from University of South Carolina, led by Professor Timothy Mousseau, will begin the study in Fukushima Prefecture and other areas of Japan in May.

①The team has been studying the impact of radioactive fallout from the Chernobyl nuclear accident on wildlife around the plant for more than 13 years.

②Its study shows a decrease in the number of birds and insects, as well as abnormalities in animals even in areas with low radiation levels of one to 3 microsieverts per hour.

③The team says long-term research is likely to shed light on the impact of low-level radiation from the Fukushima accident on wildlife and that it hopes to cooperate with Japanese researchers.Professor Mousseau will visit Fukushima later this month in preparation for the study.

④He says generational change of animals, such as birds, is quicker than that of humans and will provide clues to the impact of radiation on human genes.
2012.03.07 Wed l 放射能・除染 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/62-1733136b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)