5月5に、国内で稼働中だった原発がすべて停止し、原発ゼロの日本がスタートした。

政府がまとめた今夏の電力需給動向では、原発がこのまま再稼働せずに一昨年のような猛暑を迎えた場合、もともと原発比率が高かった我が関電管内では最大20%程度、他の電力会社から融通してもらって15%の電力不足に陥ると試算されている。

他方そんな事情を背景に、大飯原発再稼動に向けて、政府、経産相の動きも進んでいる。
太陽光発電は役に立たない、やっぱり原発による電力の安定供給をと望む人たちも多い。

我が家では、3・11原発事故で思い切って太陽光発電を導入することにした。昨年4月末に完成して今年5月で運用1年になる。家庭の太陽光発電は果たして日本のエネルギーの有力な選択肢になるのか?1家庭の1年間を振り返る。

1.太陽光発電は夏に強い 電気使用量(昼)と太陽光発電量 
  電気温水器にお湯をためるナイトタイム(23時~7時)は電力需要が少ないので除いた。
  4月~10月は 太陽光発電量>昼電気使用量 7時~23時の電力をまかなえて
  余剰電力も生む!!


電気使用量(昼)と太陽光発電量

  太陽光発電が昼の電気をどの程度まかなうか 自給率=太陽光発電量/電気使用量 を%で表示
  ☆4月~10月は100%を超え、余剰電力を生む
  ☆夏季は家庭発電所として電力会社に電力を供給している!! 
  ☆冬期は電力消費が多く、太陽光発電は少ないのであまり役に立たない

昼自給率%

2.家庭太陽光発電所は収入を生むか?
  売電気料金(余剰電気を電力会社に売る)と買電気料金(不足電気を買う)の年間変化
  4月から10月までは発電量が多く、売電気料金>買電気料金 で収入となる
  この時点の買取単価は48円/1kwhで、現在では42円/1kwhに下がったので少し不利に。

売電気料金と買電気料金の年間変化

3.太陽光発電前後で電気料金支出はどう変わったか?
  太陽光発電設置年(H23)・前年(H22)の電気料金比較
  H23年の電気料金支出を前年の電気・ガス料金支出と比較した。1年を通して大幅に減少している。
  設置前は 218,501円 設置後は電気料金は年間で3566円の収入となり、
  設置前との差額は22万円ほど、月平均で1万8千円を超える支出減となった。 

電気料金比較 太陽光発電前後


4.太陽光発電システム設置にかかった費用
  太陽光発電と同時にオール電化とした。
  ガスに変えて電気給湯器(空気熱を利用するエコキュート)とIHクッキングヒータを設置
  太陽光発電設置費用         200万円
  エコキュートとIHクッキングヒータ   80万円
  ゼロ金利時代なので一括払いにした。

  普通は初期費用なしで、15年のローンを組み、”従来の電気+ガス料金を返済に充てる”
  我が家の支出の月あたり差額1万8千円を返済に充てれば、15年で完済となるので、
  業者の説明通りといえる。

5.太陽光発電の経済性については、余剰電力買い取り価格に大きく依存する。
  電力会社が高く買い取れば収入が増え、低価格であれば設置コストが負担になる。

太陽光発電の余剰電力買取制度について(東京電力HPより)
 本制度において、お客さまが設置された太陽光発電設備から発生する余剰電力(自家消費した分を差し引いた余りの電気)は、法令で定める条件により電力会社が買い取らせていただきます。
 平成24年度につきましては、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が実施される7月1日までの3か月間(4月から6月)の買取単価について、平成23年度の買取単価を延長適用する措置が講じられております。

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は菅前首相が辞任の条件の1とした制度。この制度がなければ、再生可能エネルギーへの転換は絵に描いた餅、原発依存からの脱却は不可能!!

再生エネルギー法案成立 2011.9.2版参照
 
2012.05.13 Sun l 太陽光発電 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
これこれ。これです!
日本全国の家庭が太陽光発電装置を持ったら
かなりの電力がまかなえるのではないかと
漠然と想像していました。
素晴らしい結果を見せていただけました。
ありがとうございます。
280万円がネックと思っていましたが
ローンも組めるのですね。
前向きに検討させていただきます(笑)
2012.05.17 Thu l school-3. URL l 編集
No title
school-t3さま、コメントありがとうございます。
我が太陽光発電は、業者説明に違わず順調。
原発事故後、太陽光なんて役に立たないとの
論評に、オール電化は電気消費が多く
原発〇〇基分とかあったのですが
IHと夜間電力エコ給湯に変えても
電力消費は減りました。
家庭の消費は14%としても、夏の電力は太陽光発電で余剰電力を生むので電力供給できるはずです。
2012.05.20 Sun l natureflow. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/74-f14ffc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)