民主・自民・公明の3党協議はどうなるか、でもどの政党も支持できなくなった人は多いはず。
大飯再稼動反対54%、原発安全対策不信78% の世論調査なのだから 
朝日新聞5月21日
解散してもらっても投票する政党がない!!

日本の環境を守り、脱原発を推し進める現実的な政党
経済格差を是正し、国民の暮らしを守る経済政策を実行できる政党 
がほしい

政治家では菅直人さん、河野太郎さん、自民・民主から少数~多数
社民・共産両党とは協力関係
人権を軽視し、命令に従うだけの教師を求め、子どもを飴と鞭で教育しようとする維新は論外、でもブレーンにはいい人がいるのでスカウト
エネルギー政策では ◯◯さん、
エコノミストでは ◯◯さん、 人材はたくさんいる
勝手に名前を挙げてごめんなさい (^-^)

民主党は原発対応や長期エネルギー政策について、自民党、公明党よりは信頼できると考えてきた。でも野田首相の「大飯原発再稼動宣言」で民主党は全く信頼できなくなった。
再稼動の理由がよくない。電力不足を乗り切るためではなく、国民生活を守るといいながら、電力会社の利益を守り、近視眼の財界におもねる内容。

安全性は何も改善されていない。非常用発電装置を配備しただけで、★防波堤のかさ上げ ★恒設非常用発電機配備 ★フィルター付きベント装置 ★免震事務棟建設 は13~15年に予定されているだけ

福島の16万人の避難者を置いてけぼりで、再度事故を起こしたら、日本壊滅なのに・・・

以下2つの記事を引用
1.“原発再開せずも夏の電力賄える”菅前首相
6月2日 23時32分 NHKニュースWebより リンクはなくなるのでそのままコピー

民主党の菅前総理大臣は、静岡県湖西市で講演し、原発の運転再開をしなくても節電の努力により、この夏の電力需要は賄うことができるとして、関西電力大飯原子力発電所の運転再開は慎重に判断する必要があるという認識を示しました。

この中で、菅前総理大臣は「電力会社にしてみれば、お金をかけてつくった原発が動かせないとなると、下手をすると会社がつぶれてしまう。そこで『何とか動かさせてくれ』ということが問題の裏にある」と述べました。
そのうえで、菅前総理大臣は「かなり努力しなければならないし、国民も場合によっては、我慢しなければならないかもしれないが、そういう気持ちを持って対応すれば、原発が停止した状態でも、この夏はなんとかなると思っている」と述べ、関西電力大飯原子力発電所の運転再開は慎重に判断する必要があるという認識を示しました。また。

菅前総理大臣は「原発を本当にやめるのかやめないのかという議論をしなければならない。脱原発を進めるかどうかの判断は、国政選挙で決める」と述べ、次の国政選挙では脱原発を争点にすべきだという考えを示しました。

2.国会内で「脱原発」の集会
6月12日 19時30分NHKニュースWebより

「脱原発」を訴える文化人や国会議員らおよそ200人が、12日夕方、国会内で集会を開きました。

この中で、会の呼びかけ人を務める経済評論家の内橋克人氏は、「野田総理大臣は、関西電力大飯原発の運転再開を『国民の生活を守るため』と言ったが、生活というのは、命と安全があってこそのものだ」と述べ、野田総理大臣の対応を批判しました。
また、国会議員を代表してあいさつに立った菅前総理大臣は、「東日本大震災までは、『日本の科学技術なら、しっかり安全性を確認しておけば、原子力発電を活用していくのはよいのではないか』と思っていたが、震災で考えを変えた。最も安全なのは、原発に依存しないことだ」と述べました。
そのうえで、菅前総理大臣は「何としても、この1年が勝負だ。脱原発という方向を国の方向として確定することに向けて、頑張らないといけない」と述べました。

2012.06.14 Thu l 政治 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
本当にどこの政党を選べばいいのか・・・。
かなり昔は父の影響もあって左の政党を選んでいましたが、理想だけでは生活してゆけないと悟って(笑)、少しずつ右にすりよって・・・。

それこそ未曾有の3.11の後、きっと全政党が一丸となって働いてくれるものと信じきっていました。
足を引っ張ることしか興味のない他の政党に、本当にがっかりしました。

娘や孫たちの時代が心配でなりません。
2012.06.15 Fri l domani. URL l 編集
No title
本当に政治は福島再びに驀進中ですね。
自民党は、今回の事故に対し、どのような反省をしているのか。自民党政権に戻れば、反省もないまま、原発推進に舞い戻りそうだ。
菅直人ブログhttp://ameblo.jp/n-kan-blog/
よりですが
でも民主党政権はどうなの?ですね!!
2012.06.16 Sat l natureflow. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/83-6681f39f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)