福島除染政策の核廃棄物危機
Nuclear Waste Crisis In Fukushima Decontamination Program
Shaun Burnie

ドイツグリーピースの福島レポート Greenpeace Germany
外国からは、福島の事態が正確に評価されています。
“I’m sure they’re considering this site as a final storage destination for radioactive trash. I can’t trust them, no one can, about what will happen in 30 years time,”  Okuma landowner.
「彼らは(国は)-大熊町の私の土地を放射性廃棄物・ごみの最終処分場にするだろうと確信します。私は”30年後に何が起こるか”について、彼らを信頼できない、誰も信頼できないだろう」 大熊町土地所有者
福島県双葉町核ゴミ貯蔵場、後方は福島第一原発
独GP1

先ず 結論から
★日本政府が開始した巨大な除染プログラムは、福島の多くの地域で放射線レベルを大幅に低下させてはいない。

★除染は、何万人もの被災者の避難命令を解除することを正当化する理由として使われたが、もっとも重く汚染された地区の小規模な土地を除染するだけで、長期的な解決策がない膨大な核廃棄物・除染土を作り出した。

★中間貯蔵施設(ISF)や焼却プラントへの 核廃棄物の輸送には、数百万の輸送を必要とする。 将来的にすべての廃棄物が大熊と双葉の中間貯蔵施設へ移転すれば、合意された30年の期間内は廃棄されないため、永久的な核廃棄場になる可能性があるという見通し。

★福島で進んでいる核廃棄物危機は、2011年3月の1・2・3号機原子炉メルトダウンの結果、福島の人々に課された複数の悲劇の一つである。

★日本政府の政策はこの道を歩み続けることである。即ちこれからの数年間、失敗に終わった除染の廃棄物を、浪江、飯舘、双葉、大熊の最汚染地域に移動し、避難者に帰還するよう圧力をかけ続ける。
[最汚染地域(帰宅困難地域)も除染して、除染土(8000ベクレル/kg以下)を、一般ごみとして廃棄、公共事業への再利用などで、日本全国に核汚染を拡散する政策がより重要。一億層被ばく政策] by natureflow

★日本政府が複数のレベルで福島の何千人[何万人]もの避難民の人権を侵害していることは明らかである。
グリーンピースは、国連人権理事会がこれらの人権侵害に挑戦し、避難者に帰還を強制する政策を改めさせる努力を引き続き支援することを決意する。

Conclusion
☆The enormous decontamination program initiated by the Japanese government has failed to significantly reduce radiation levels in many areas across Fukushima.
☆Justified on the grounds of permitting the lifting of evacuation orders for tens of thousands of evacuees, it has instead only decontaminated small areas of the landmass of the most heavily contaminated districts while creating a vast nuclear waste stockpile for which there is no long term solution.
☆Transporting the nuclear waste to the Interim Storage Facility (ISF) and incineration plants over the coming years will require several million transports. The prospects are that if all the waste is eventually relocated to Okuma and Futaba it will not be removed within the agreed 30 year time frame, they will thus likely become permanent nuclear dumps.
☆The nuclear waste crisis underway in Fukushima is but one of the multiple tragedies inflicted on the people of Fukushima as a result of the March 2011 triple reactor meltdown.
☆Japanese government policy is to continue along this path, expanding its failed decontamination into the highest contaminated areas in Namie, Iitate, Futaba and Okuma in the next few years, while continuing to pressurize evacuees to return to their former homes.
☆It is clear that on multiple levels the Japanese government is violating the human rights of thousands of Fukushima
evacuees. Greenpeace is committed to continuing to support efforts of the United Nations Human Rights Council to challenge these violations and to reverse its current policy of coercive policy of evacuee return.

飯館村 除染土仮置き場
独GP2

原子力廃棄物を仮置き場に積み下ろす労働者
独GP4


2018.01.04 Thu l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top
出生数、2年連続の100万人割れ 自然減は過去最多 12/22 朝日新聞
出生数最低、死亡者数最高、自然減過去最多の人口動態、急速な人口減少社会 FB記事

図. 出生数死亡数の推移
出生数死亡数の変化

出生数最低、死亡者数最高、自然減過去最多、急速な人口減少社会になっていく。
原因はいろいろ考えられる
⭐︎生活保護費削減、子どもを育てられない、生きていけない
⭐︎生活保護受けていない人の方が貧しい、非正規労働
⭐︎子どもの貧困化、国連人権理事会から勧告
⭐︎年金の削減と健康保険料・介護保険料の増額
⭐︎福島原発放射能高汚染地域への帰還強制
⭐︎保育所に入れない、子どもを産めない

⭐︎除染土、放射性廃棄物を全国にばらまく「日本列島総汚染政策」は今後の人口減を招く恐れ

2017年に国内で生まれた日本人の子どもは、前年より約3万6千人少ない94万1千人の見込みとなった。100万人割れは2年連続で、統計を始めた1899年以降で最少となりそうだ。一方で死亡者は増え、出生数を引いた自然減は過去最多の40万3千人になる見通しだ。

 自然減は11年連続で、16年から約7万人(22%)増えており、減少ペースが年々加速している。

 出生数は、1970年代前半の年200万人台から減少傾向が続き、16年に約97万7千人と初めて100万人を割った。これまでの少子化の影響で20~30歳代の女性の数が減り続けているのが主な要因で、今後も出生数は減る見通しだ。女性が一生で産むと見込まれる子どもの数を示す合計特殊出生率も、回復傾向にあるものの16年は1・44で人口を維持できる2・07を大きく下回る。
2017.12.24 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Fukushima "radioactive contaminationl"
Children take nosebleed in asleep and in daytime, especially after playing sand!!

Soil contamination survey 80% of schools have amazing figures!!
The government and Fukushima prefecture do not measure the soil contamination, and lifted the evacuation order one after another, as "external radiation dose has come down to less than 20 mSv/year." Besides that, Fukushima prefecture closed off in March 2017 the free housing support for voluntary evacuees. "Voluntary evacuees" are evacuees who are evacuating from areas outside the evacuation order zone. The exact number is not grasped and it is estimated to be about 17 thousand people.
For voluntary evacuees, there is no mental reparation from TEPCO, which is paid to forced refugees, 100,000 yen (~1000 $) per month, so only the free provision of housing is a lifeline. Many people will not be able to continue the evacuation life if this is cut off.
Sakamoto says, "The prefecture officials repeatedly said at the briefing session for borrowed housing termination," We do not know about contamination of the soil, because there are people living in Fukushima. " But this contamination situation of soil extraordinary. We, the residents in Fukushima, cannot protect ourselves if our prefecture does not clarify the details of soil contamination."
CF比較1

CF比較2

福島「放射性物質」土壌汚染調査 8割の学校で驚愕の数値が!
「寝ていても鼻血、起きていても鼻血。次女も、いっしょになって砂遊びをすると鼻血が・・・」
女性自身 2016年03月08日
2017.12.16 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
福島「放射性物質」土壌汚染調査 8割の学校で驚愕の数値が!

母親たちは、国や県の無責任体質や、「なかったこと」にしようとする社会的圧力の前に疲れ果てている。
片岡輝美さんは言う。
「会津は汚染が少ないと思われていますが、場所によって違います。会津若松市は、市長が早々に安全宣言を出したので除染すらされていない。以前、除染してほしいと市長にお願いをしたら、『観光客が戻りつつあるのに、今、除染したら元も子もなくなる』と却下されました」
Mothers are exhausted by the irresponsible constitution of the government and the prefecture and the social pressures that force to behave as if Fukushima accident never happened. "Don't worry, , everything is all right."
Terumi Kataoka says.
"Aizu area is believed to have little pollution, but it depends on the location iIn Aizu. In Wakamatsu City, the mayor has declared the safety declaration early, so the city is not decontaminate. When we asked the mayor to decontaminate, the proposal was rejected. answer was "Tourists are now returning to our city. if we decontaminate now, tourist will be lost!!"

さらに最近では、福島県内に設置されているモニタリングポストの撤去が進んでいる。
片岡さんらが、撤去のワケを市に問い合わせたら、「避難区域が解除になる地域に移設する」とのこと。市民が抗議したら、今年1月、住民説明会が開かれた。参加者が、「今後、廃炉作業中に何か起こったら、線量の異変をどうやって知るんだ?」と市の職員に詰め寄ると、職員は平然と、「不測の事態になるとは思いません」と答えたという。
結局、市に抗議した片岡さんらの地区のモニタリングポストだけは撤去されずにすんだが、市内の他のモニタリングポストは撤去されてしまった。
「モニタリングポストの値だって信用はできません。けど、私たちが放射線量を知る最低限の権利を奪われることになるんです。それに、いつの間にかなくしていって、私たちの意識から原発事故や汚染を消し去ろうとする、そのやり方が気に入らないんです」と、片岡さんは憤る。
More recently, monitoring posts installed in Fukushima Prefecture are gradually removal one by one.
Mr. Kataoka and others asked the city about the removal, "We will relocate thepost where the evacuation order will be released." When the citizen protested, a briefing session for residents was held. Participants asked the staff of the city as "Do you know how to detect dosage anomalies in the future if anything happens during the decommissioning work of reactors?" The officials said "I do not think there will be unforeseen circumstances."
After all, only monitoring posts of the districts of people who protested to the city were not removed, but other monitoring posts in the city have been removed.
"We can not trust the value of the monitoring post, but we will be deprived of the minimum right to know the radiation dose. I can not allow their way to erase nuclear accidents and pollution from our consciousness. "Mrs. Kataoka said with anger.
2017.12.14 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
福島「放射性物質」土壌汚染調査 8割の学校で驚愕の数値が!
「寝ていても鼻血、起きていても鼻血。次女も、いっしょになって砂遊びをすると、出すんです、鼻血を、、、」
女性自身 2016年03月08日
Children take nosebleed in asleep and in daytime, especially after playing sand!!

国や福島県は、こうした土壌汚染の実態には関知せず、「空間の放射線量は下がってきた」として、次々と避難指示を解除。そればかりか、災害救助法に基づき無償提供されてきた自主避難者への借り上げ住宅や、仮設住宅の入居を2017年3月で打ち切ると発表した。
ちなみに“自主避難者”とは、政府から避難指示が出ていない地域から避難している区域外の避難者のこと。正確な数は把握されておらず約1万7千人との推計もある。自主避難者には、強制避難者に支払われている東電からの精神的賠償金、ひとりあたり月10万円などもないため、住宅の無償提供だけが命綱。これを打ち切られたら、避難生活を続けられなくなる人も少なくない。
「県の職員は、借り上げ住宅打ち切りの説明会で、『土壌の汚染については承知していません。福島には住んでいる人がいるんですから』と、くり返し言っていましたが、この汚染状況は異常ですよ。土壌汚染の詳細を明らかにしてもらわないと、住んでいる人だって身を守れません」と坂本さんは訴える。
Fukushima "radioactive contaminationl"
Soil contamination survey 80% of schools have amazing figures!!
The government and Fukushima prefecture do not measure the soil contamination, and lifted the evacuation order one after another, as "external radiation dose has come down to less than 20 mSv/year." Besides that, Fukushima prefecture closed off in March 2017 the free housing support for voluntary evacuees. "Voluntary evacuees" are evacuees who are evacuating from areas outside the evacuation order zone. The exact number is not grasped and it is estimated to be about 17 thousand people.
For voluntary evacuees, there is no mental reparation from TEPCO, which is paid to forced refugees, 100,000 yen (~1000 $) per month, so only the free provision of housing is a lifeline. Many people will not be able to continue the evacuation life if this is cut off.
Sakamoto says, "The prefecture officials repeatedly said at the briefing session for borrowed housing termination," We do not know about contamination of the soil, because there are people living in Fukushima. " But this contamination situation of soil extraordinary. We, the residents in Fukushima, cannot protect ourselves if our prefecture does not clarify the details of soil contamination."
CheF比較
2017.12.12 Tue l 被ばく地フクシマからの声 l コメント (0) トラックバック (0) l top
FBのやり取りで重要な記事がたくさんあり、重要なコメントもたくさんある。
後で探せなくなることがしばしば。
よく読んで解説したい記事などの備忘録。

<< 東京の相当部分が チェルノブイリ 法の完全立入禁止ゾーン❗️ >>
「寝ていても鼻血、起きていても鼻血。次女も、いっしょになって砂遊びをすると、出すんです、鼻血を、、、」 English
”市をあげての人体実験”南相馬
チェルノブイリの小児甲状腺癌は、福島の甲状腺癌と驚くほど似ています。
<< “裏の委員会” >>阿部憲一さんからのシェアです。
福島県民健康検査はほんとうにイカサマです。
甲状腺がんの子ら 再発や転移「不安」77% 検査縮小を懸念
「美智子皇后、誕生日談話で安倍政権にカウンター!-- 平和主義と反ヘイトの姿勢を鮮明に」
2017.12.11 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2017年のノーベル文学賞を受賞する英国人作家、カズオ・イシグロさんのストックホルムでの記者会見、受賞記念講演から受けた強いメッセージを記録しておく。

★冷戦は終わったが現在、世界は再び危険になりつつある。前進し続けると信じていたリベラルで人道主義的な価値観は、幻想だったのかもしれないと思い知らされた。沈黙するのではなく、私たち誰もが個人を超えて世界に関わることがとても重要だ。民主主義という特権を持っている西洋はなおさらだ。・・・・そして日本も!!

実はノーベル賞を受けられるまでイシグロ氏を知らなかった。話題になってから長崎が舞台の第1作「遠い山なみの光」次いで「日の名残り」を読んでいる途中。
退職し、子どもたちが独立して、日の名残りの中で暮らしている私には、氏の小説は面白く深い共感を覚える。これは年のせいかしら?
1)カズオ・イシグロさん会見 「世界の分断埋めたい」
日経 2017年12月10日
2)「国境や分断超えるものに訴える」 イシグロさん講演要旨
日経 2017年12月10日

カズオイシグロ
2017.12.10 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
奈良県初の自治体新電力
「いこま市民パワー」が電力供給を開始 ~学校・庁舎など 53 の公共施設からスタート~ 2017.11.30
2017年 7 月に設立した地域エネルギー会社『いこま市民パワー株式会社』が、12 月 1 日から市内 53の公共施設に電力の供給を開始した。これらの施設の電気代の合計負担額はこれまで通り。
その他の公共施設や、市内の民間施設に対しては、早期の供給開始を目指す。また、一般家庭への電力供給については平成 31 年度をめどに開始する予定。

同社に参画し、市民の出資で太陽光発電に取り組む一般社団法人の4か所目となる市民共同発電所が完成し、5日に通電子化があった。ここで発電した電気は「いこま市民ぱわー」が買い取る。

いこま市民パワー
2017.12.1 朝日新聞
2017.12.07 Thu l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top
戦後70年をターニングポイントに、日本は現行憲法の範囲を逸脱し国民主権、基本的人権、平和主義を敵視する政党が多数を占めるようになってきている。戦争できる国の復活である。
 天皇陛下が2019年4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に新天皇に即位されることが今月1日の皇室会議で固まった。政府は陛下の退位日を正式に定める政令を8日に閣議決定する。退位の意向をにじませた「おことば」から1年4カ月。「象徴」としての務めを通じて陛下が私たちに問いかけたものとは?
論点 天皇退位の日程固まる 毎日新聞2017年12月6日 より

守り続けたい「象徴」制 山折哲雄・宗教学者
現行憲法の1条は天皇を日本国の「象徴」と定めているが、2012年の自民党憲法改正草案は「元首」としている。象徴天皇制と元首天皇制は根本的に矛盾する。ここを議論の対象にすべきだが、現実にはそうはなっていない。問題提起してこなかったメディアにも大きな責任がある。

 天皇陛下が半生を費やして取り組んできた象徴制だが、その真意が現代の国民にはまだ浸透していない。今後、日本人の天皇観がどのように変化するかは分からないが、無関心層が増えるように感じる。そうなると、象徴制の帯びる緊張感が薄れ、政治による恣意(しい)的な解釈が先走る。天皇の政治利用とアイドル化が進むのではないか。それは日本の歴史に対する関心が薄れていくということでもある。関心を持ってもらうためには「過去と現在」、あるいは「日本と海外」という比較の観点を保ちながら、次代に粘り強く歴史を教えていくしかないだろう。

 退位の時期が決まっても、ここは何よりも「象徴」制を守り、「元首」化を阻止する取り組みを政府や国民には期待したい。今のところ、簡単に元首化して改憲の道を進んでいくとは思えない。だが、国民投票の実施に至るかもしれない可能性を考えると、今ここで象徴制と元首制の問題を提起し、しっかり議論の対象にしていかなければならない。

参考リンク
岐路に立つ象徴天皇制 天皇陛下の「生前退位」のお言葉から
2017.12.07 Thu l 天皇制・平和・憲法 l コメント (0) トラックバック (0) l top
https://www.facebook.com/norio.iriguchi/posts/2048675695173210?pnref=story 入口紀男氏 2017.12.4
        
 福島第一原子力発電所は、政府と東電によると、廃炉までに40年の期間と21兆円の費用がかかることになっています。メディアは、そのことは報道してよいことになっています。
 それ以外の、本当に痛みを伴うほとんどの真実は「特定秘密保護法」(平成25年12月13日法律第108号)によって隠ぺいされています。日本に報道の自由はありません。
 メディアは大相撲の喧嘩のことなどしか報道できないでしょう。
 特定秘密を漏えいすると公務員は10年以下の懲役、公務員でなくても、ジャーナリストなど漏えいを扇動したりすると、5年以下の懲役です。
 日本はもうまぎれもない全体主義の国です。

Japan is a country of totalitarianism
According to the government and TEPCO, the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant is to bear the cost of 40 years and 21 trillion yen to the decommissioning nuclear reactors. The media is supposed to be able to report it.
Other than that, most truths that are truly painful are hidden by the "Specific Secret Protection Act" (Act No. 108 of December 13, 2013). There is no press freedom in Japan.
Media is able to report such as fights of sumo wrestling.
If a specific secret is leaked, civil servants are sentenced to imprisonment for not more than 10 years. Even if they are not civil servants, if some journalists inciting a leak they are sentenced up to five years in prison.
Japan is an absolutely totalitarian country.

日本は国民を意図して死に追いやるジェノサイド国家。
それを見逃す市民、いつかは自分の、家族の身に降りかかることなのに。
2011民主党政権時代、報道の自由度世界11位、安倍政権で72位にさがった。
しかし現実は報道の自由は死んでしまっている。

Japan is a genocide nation that intentionally drives people to die.
A citizen who misses it will fall on your own family, some day.
Democratic administration in 2011, Japan ranked 11th in the world of freedom of press and 72nd in the Abe administration.
However, freedom of the press seems to be dead in reality.
Human rights to live healthy are not allowed in Fukushima.
Ukraine, Belarus, Russia The Chernobyl law of the three countries seems to shine.

共謀罪廃止法案を共同提出 野党5党派、希望参加せずの動きがある。
共同通信2017年12月6日
https://this.kiji.is/310940879995208801
特定秘密保護法案廃止を野党共同で提出してほしい。

2017.12.05 Tue l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top